治安は相変わらず・・・

最近は犯罪ニュースをあまり書いていなかったけれど、
相変わらず銃で撃たれたナイフで刺されたといった事件は
毎週のようにあちこちで起こっています。
これが昨今のこの国の日常、という事なんでしょうね~・・・
イメージと違ってけっこう治安悪いのよっ
では、今夜ニュースサイトで見かけたものを数件だけ、
一部抜粋という形でサクッと紹介します

男が銃で撃たれる(アフトンブラデット)
金曜夜8時、警察はトーシュヘッラにあるレストランの外で
銃で腕を撃たれた男性から通報を受けた。
男は救急車で病院へ運ばれたが命に別状はない。

ビンゴホールで銃を持った強盗
(アフトンブラデット)
スンドビーベリィ(リンケビーのすぐ右横っ)にある
ビンゴホール(ギャンブル場?)にて、銃で武装した2名の覆面の
人物が従業員を脅かして現金を奪う。
負傷者はいない。容疑者は逃亡中。

バスに向けて発砲(スィードスベンスカン)
木曜夜7時頃、スコーネ県アルーヴにて、6~7人の乗客が乗るバスに
向けて、銃が撃たれた。7発ほどの発砲音が聞こえた。
バス後部の窓が壊れた。負傷者はいない。
警察は、これは空気銃ではなく本物の武器によるものだと考えている。
目撃者が現場から車が逃走したのを見たという事以外の情報は無い。


なんか銃撃ばかりだけれど・・・
本当しょっちゅう銃撃事件があって、時にはカラシニコフとか
種類が特定されている事もあるわ
色んなブツが何者かにより大量に密輸されているのでしょうか・・・
スポンサーサイト

市は3人の妻がいる移民男性のための住居購入を決定

これまたすごいニュースだわ~!
この件について、異なる二つのニュースサイトより一部紹介します

市は3人の妻がいる最近やって来た移民男性の為に
1400万クローナで3件の住居を購入した

(Samhällsnytt)

一部を抜粋します。

ストックホルム県ナッカ市は、3人の妻と16人の子供がいる、
最近やって来た移民男性(57才)のために、1400万クローナで
3件のアパートを住宅協会(brf)から購入する事を決定。
男性はシリアのラッカ生まれで2016年12月にスウェーデンで
登録されたとされる。
それぞれの住宅価格は、5,450,000kr、3,300,000kr、5,200,000kr
である。

一人の男、三人の妻、そして十六人の子供たちのための代価
(SVD)

一部を抜粋します。

ナッカ市はこの2年で、2億クローナ以上の金額をアパート居住権の
購入に費やしている。
市は、これは費用対効果が高い問題解決法である、としている。
なぜなら、この先アパートの価値の上昇が見込まれるため、
2年間の貸出期の終了後に売却して利益を得る事が期待できるから
とのこと。

57才のシリア男性は第一妻と5人の子供と共に、市が5,450,000krで購入
したアパートに住み、第二妻と4人の子供は、3,300,000krの、
第三妻と5人の子供は、5,200,000krの、全員が同じ建物のアパートに住んでいる。

この件でソーシャルメディアでは不満の声がいくつもあがっている。
それに対して市は、自治体は規則を遵守しているだけで何も悪い事は
していない、という事を人々は思い出すことだ、そして不満があるならば、
その怒りは立法者へ向けられるべきである、との意見。
最も重要な事だが、それは怒りがシリア人家族へ向けられている事だ。
彼らはただ単に安全な生活のためにここへ来ただけなのだ。
この件で責任があるのは政府である。
ナッカでの反応から判断すると、責任が要求される。

(※語学力がいまいちのため誤訳を含む可能性があります!
厳密には原文をご確認くださいませ!)


ち、血の気が引きました・・・・・
3人の妻がいるそうで、16人も子供がいて・・・
市から3件の広いアパートを実質無償提供してもらい、
その大家族を養う生活費もしっかりと支給していただいて・・・

ストックホルムは深刻な住居不足が10年以上も続き、
進学等で引っ越してくる必要のある人々がなかなか住居が見つからず、
ネットの売ります買います掲示板みたいな所の情報を見て、
競争率が非常に高い又貸し物件をようやく借りて住む事が多い、とか、
不動産価格があまりにも高沸しすぎて購入できない人が多い、
という猛烈な住居獲得激戦地区。
ナッカのその地域は、海と群島の景色が見られる良い地域のようです。
そんな場所でこんなことが起こっているだなんて、
いくらなんでも酷いと思ってしまうけれども・・・
でも、それが合法で、規則でもあるのならしょうがないですね。
国民がそういう道を選んでしまった、という事ですから。

それにしてもアパートの価格がものすごいわ
一件の価格が、だいたい5千万~7千万円くらいです。
我が街だったら庭にプールのある広~い一軒家が買える価格だわね・・・

そのお金があれば、一体何人のシリア在住シリア人を助けられるのかしら?
と考えると、やはり難民救済は出来るだけ文化の近い現地付近で行う事が、
最も人道的であり、効果が高い、と思えてしまいます。
それならば同じ金額でより多くの食べ物、物資が手に入り、人々は異文化環境に苦しむ事もほぼ無くて済むのではないかしら。
命がけで欧州国への不法入国を試み、命を落とす犠牲者を減らすためにも、
もっと現地支援に力を入れたらどうなのかな~?という気がするけれど。

それと気になるのが、一夫多妻制について。
この国は今後これを合法化するつもりなのかしら?
こういうケースが増えたらどうするの?
学校で子供たちが、ウチのパパは奥さんが3人いるんだよ~、
え?お前のとこ一人だけ?少な~い、モテない親父~、とか触れ回ったら、
この国の子供たちも心理的影響を受けるはず。
ボクも将来たくさん奥さん欲しいな~、毎日日替わりがいい!
もう一夫一妻制なんて古臭いよ?もっと自由な形の結婚を~!とか
言いだすかもね?
人々の(特にナッカ市の)反応がどの程度となるのか気になります。

日本が決して同様の道へと進まないようにと注意を怠らずに政府、行政の動きを観察していないと、日本だっていつこんな驚くべき状態になるかわからないわ?!と気が引き締まるニュースだったわ。おそろしか~

スウェーデンにて初のイスラム党

スウェーデンにて初のイスラム党が・・・2018年の議会選挙に出馬したい

イスラム党Jasinは、2018年の議会選挙に出馬するための登録を当局に
申請。党は「当局におけるゼノフォビア(外国人恐怖症)や人種差別と闘う」ため、警察と裁判所に代表者を持ちたいと主張。

党名は、「コーランの心」と呼ばれるコーランの36巻サーラン(?)
を参照している。議会選挙へ出馬するために、少なくとも1500名の署名がJasinにより集められ、当局へ提出されたようだ。
当局ウェブサイトでは、この件の通知は準備中であり、通知は議会選挙、群議会、市議会への全ての選挙、さらに欧州議会への選挙にも関係するとの事。

党のウェブサイトはJasinグループムスリム連盟と呼ばれる宗教団体の
ウェブサイトでもある。このページにはメアリー・ディアン協会という理想的思想な団体へのいくつものリンクが含まれている。協会はマルメにある宗教団体と同じ住所に登録されている。イラン系の一組?が、両団体の背後にいるようだ。党のウェブサイトでは、党がこれらの団体とどのような関係を持っているか知る事ができる。

「Jasinグループは、Jasinムスリム宗教団体とメアリー・ディアン協会を持つ多文化の民主主義的、平和的な党である。
政党や運動として、Jasinグループは非宗教的な運動で、目標は東側諸国の
全て人々を一体化させる事だ。すなわち、彼らがどの民族、言語、人種、肌の色、宗教なのかに関わらず、極東、中東、アフリカ、東ヨーロッパからの人々である。我々の目標は、協力により、我々やその子供たちや新しくこの地にやって来た人々にとって、より良い未来を作り上げる事だ。」

(後略)

※語学力はいまいちなので誤訳を含む可能性があります!
詳しくは原文をご確認ください!


ついに来たわね。
彼ら悲願の、イスラム党の出現。
選挙結果がどうなるかは不明だけれど。
特定の移民人数が増えるとこうなる訳か~・・・
人数が少ない頃はまだおとなしかったのでしょうに。
「差別と闘う」という武器でこの国人をぶった切りにして、
政治的権力で国へ影響を与えちゃいま~す♪とか、
この国をジワジワ支配させていただいちゃいま~す♪が始まるのかしら?
宗教色が強いようだけれど、いいのかしら?
シャリア法を世界に広めるための第一歩?
この国はこの国人だけのものではないっ!友愛~土下座っ
が繰り広げられるのかしら?
ま、まさかね・・・???
どうなるのかしらーーー
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR