FC2ブログ

この国の女性にとっての平等と差別

もう約8年前のコラムですが、
スウェーデン、大学入試における差別是正措置を撤廃へ
(※ダーゲンスニィヒェテル紙は、他紙よりも赤が強めの新聞です)

男女平等=男女同数、という意味不明な解釈が堂々とまかり通る
なんだか不思議な国スエーデンですが、
大学の男女の学生数を同等にするための優遇措置を行った所
一部の学部にて男子の方が優遇される結果となりました。
つまり入学希望者数が、女子>男子だったため、学力の劣る男子が合格できて、学力の高い女子がその分不合格という結果に。
すると、希望学部に入学できなかった女性たちが、
「一生懸命頑張ったのに性別のせいで入学できなかった。」という理由で、
大学へ損害賠償を求めて起訴し、賠償金が支払われる事になったらしい。

男女平等の名の元、企業の管理職の男女同人数を目指した事により、
能力の劣る女性が優遇されて能力の高い男性が管理職の地位に就けなかったという実力軽視の場合は、「平等」が進んでいる、などと絶賛するのがこの国やこの国ファンの赤い思想の人たちの間でありがちな現象ですよね。
でも男女平等の名の元、大学入試で学力の劣る男性が優遇され女性が入学できなかったケースは「差別」です。
なんだか男性が可哀想だという気もしますが、企業で働く事と大学で勉強する事は別なのだから、これで良いのだ、という事なのかな・・・?
う~ん、私はちょっと疑問に感じるけれども・・・
スポンサーサイト

【広域情報】犠牲祭(イスラム教の祝日)期間に伴う注意喚起

そういえば、8月9日に外務省からメール配信がありました。
来週はテロのリスクが高まりそうなので、注意したいと思います!
何事もありませんように・・・

以下、受信したメールの転載です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【広域情報】犠牲祭(イスラム教の祝日)期間に伴う注意喚起

●8月21日(火)から8月24日(金)頃までは,イスラム教の犠牲祭に当たります。
●大規模行事はテロ等の標的となり易いことに留意し,最新情報の入手に努めてください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2018C126.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に、配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください

〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
〒100 - 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902

この国は上得意様らしい

ネット上で記事が見つけられなかったニュースなんだけど・・・
ラジオでこんなニュースやっていたよ!という話を人から聞きまして。
内容は・・・
ボスニア在住の武器密売人のインタビュー。
武器密売人は主にムスリム系だそうですが、武器の販売先として
現在最も上得意客となっているのがこの国だと言う話です。
しっかりと組織立った販売ルートがあり、非常にスムースにビジネスが運び、大変良いお得意さんとなっているらしいのです。

バルカン半島で静かに眠っていた大量の武器たちが、北の果てにガンガン流れてきているのかしらねぇ・・・?
購入資金の元をずーっと辿ってみたら、なんとこの国の税金だった!としたらすごい事かと思うけど、あり得なくもないかな?

まぁニュースの内容には・・・納得しますわね。うん、あまり驚かないわ?
この国は、そういう国になっちゃったのよね・・・

どうしてそんな国になってしまったのか?
それは、この国の現実から目をそらさずに冷静に捉えている人ならば、すぐにピンとくるわよね?

あの水辺

男の集団がたむろするタバコ臭い場所になった!と以前ショックを受けた
あの水辺に二週間ほど前に久しぶりに行ってみました
す・る・と・・・
またもや変化が!!!
男の集団は姿を消し、小さい子連れの中東系家族やヴァイキング系家族が
点在する、子供の数が多い和やかな環境に
中東系は水着姿で水辺で遊んでいるのは子供だけ。親は洋服着用で待機。
ヴァイキング系は親子とも水着姿で水の中で遊んだり泳いだり、岸部で日向ぼっこする親もいたり。
両者の陣地が微妙に見えない境界線で区切られて、棲み分けしている様だったのが印象的でした。
水辺沿いを歩いていたら、ヒマワリの種の殻がたくさん捨てられている所が
二か所あり。(ヒマワリの種は中東系と見られる方に人気がある食べ物)
そのすぐ近くにはゴミ箱が設置されているのに、そこには捨てず、地面にばらまくのが彼らの文化なのでしょうね。
以前はこんな光景見なかったし
多文化共生の現実を、なるほど~…と実感。
数年前は私もここで水着を着て寛いでいたのだけれどな~・・・
様変わりしちゃった今、もうそんな気全然起きないわ。無理無理~っ

以前我が街新聞で、この水辺で二つの集団が暴動を起こし、警察が駆けつけた事が伝えられていました。
タバコ臭い光景を見た後の話だったので、あ~、多分あの男達がやらかしたのかも…?などと思っていたんですよね。
もちろん新聞は、「男が」という表現だけで例のごとく民族背景は隠ぺいしていたのだけれども・・・
タバコ臭い男たちがいなくなったのは、暴動事件で話題になったため居づらくなったからなのかな~??
不明だけどついそんな風に思ってしまいました。

猛暑は終了らしい

きゃーーーーっ!日曜から突然、朝の気温が15℃程度に!
最高気温は調べ忘れちゃったけど多分22℃位かしら???
ようやくこの国らしい夏になりました♪
久しぶりに長袖の上着を羽織ったわ~。
夜は冬用のふかふか羽根布団をかけて寝ています。
この突然の気温の低下にはびっくりだけど、過ごしやすくなりました。
気温が変わったとたん、食べたい物も、テンションも、集中力も大変化。
いきなりこんなに差が出るとは?!と不思議な気持ちになりました。

欧州大陸国ではまだまだ暑くて35℃とか普通らしい・・・
先週はスペイン、ポルトガルでは45℃を超える日もあったとか。
この異常な猛暑、今年だけならいいのだけれど、今後も続くのかしら。
だとしたら大混乱になりそう。農業は大打撃だろうし。

気温が25℃を超える事がほとんどなかったこの国での30℃晴天日は
さぞかし北国ヴァイキングたちにとって大変だったかと思いきや・・・
中には炎天下の中ジョギングする強者がいたり、普通に散歩している親子やお年寄りもいて、意外と大丈夫そうな人がいたのが少し驚き!

夏といえば、テラスを自作中のお宅をたまに見かけるのだけれど、
近所でも作っているお宅が二軒ありました。
もちろん二軒とも作業をしているのはその家のお父さん。
お母さんは何も手伝いません。
近所の年金生活夫婦のお宅では生垣の刈込をやっていました。
もちろんやっているのは旦那さん。奥さんは何も手伝いません。
別の年金生活夫婦のお宅では、木の塀を作っていました。
もちろん作っているのは旦那さん。ペンキ塗りをしたのも旦那さん。
奥さんは見ているだけでしたよ~。
夏は芝生が伸びるのが早いからあちこちの庭から芝刈り機のうるさいモーターの音が聞こえてくるのだけれど、刈っているのはたいてい男。
お父さんか息子かおじいさん。
たま~にだけどお母さんがやっている事もありますが。滅多に見ないわ。

この国では男性が家事育児をするけれども、まだまだ女性の負担の方が
大きいので不平等である、みたいな表現どこかで見たけれど・・・
大工仕事、芝刈りといった家の仕事は、女性はやらなくても不平等として問題視されないのかしら?!なんだか不思議な現象???
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR