上半身裸の季節

週末はほぼ快晴で暖かかったせいか、ウジャウジャと現れたのが上半身裸のスウェーデンの兄さんたち。
公園の芝生の上あちこちでショートパンツ姿の兄さんたちがダラ~っと寝転がっていました。
どうやらスウェーデンではマッチョ体型は流行っていないのか、ムキムキな人はいませんでしたね。
薄め細め体型の人ばかりでした。LAのベニスビーチなんかはスゴイけど。ってどうでもいいのですが・・・
それにしても、あんな透けるような色白肌をわざわざ真昼のこんな強烈な紫外線のもとに晒して痛めるなんて
お肌に悪いわ・・・すぐにシワシワよれよれシミシミ肌になっちゃう!と恐ろしげに眺めてしまいました。

そういえば、もうしばらくすると、ガングロオバサンの季節がやってくるんですよね~。
去年はものすごいガングロオバサン見ちゃいました・・・・・こわかった
スポンサーサイト

祝日!昭和の日

4月29日は昭和の日ですね。
昭和天皇の誕生日という事で祝日です
海外にいると平日だから、こういう日本の祝日が実感できずに忘れがち~

体感温度の違い

昨日の夜、急に必要になったものがありスーパーへ買い物へ行きました。
時間は夜7時半ころ、まだまだ夕方の始まりくらいの明るさで、気温も17度くらい。
スーパーの入り口付近で見た光景にはちょっぴり衝撃を受けました。
スーッと開いた自動ドアから出てきたのは、カラフルな半袖やタンクトップ等の真夏の服装のスウェーデン人たち、
一方入り口付近で立ち話をしていた4人ほどのアフリカ人たちは、冬物の黒っぽいダウンジャケットや
分厚いジャケットをシッカリと着用。
この白系な外見+カラフルな夏服の人々と、黒系な外見+ダークカラーの冬服の人々が
スーパーの入り口付近で出会う瞬間・・・・・
そこで傍観している私は、コットンのスプリングコート着用と、しっかり中間位置をキープしているという・・・・・
これこそ多文化共生の醸し出す何ともいえない絶妙な味わいですわね
こんなんで衝撃を受けるなんて、まだまだ私も青いわ

タトゥーの季節

北のはじっこの国スウェーデンで、暖かい季節になるとウジャウジャと湧いてくるもの、
それは体のあちこちにタトゥーを施したスウェーデンの兄さんたち。

本日午後4時ころに買い物へと出かけたのですが、本日の最高気温は15℃で、しかも快晴だったものだから、
さっそく半袖姿になるニィサンが続出していまして、そのうち半数以上の方々の腕や首などには
タトゥーが刻み込まれておりました。
これは長袖の柄?!と思ってしまうくらいに手首までぎーっしりとタトゥーを施している方も
実は少なくなかったりします。流行っているのでしょうか。
その他、汚いブロンドドレッドヘアによれよれTシャツ、両腕にはお決まりのタトゥーだとか、
ペンキの跳ね返りがいっぱいついた作業用ズボンのオジサンとぼさぼさ絡まったロングヘアのオバサン
というカップルの腕にも、二人そろってやっぱりお決まりのタトゥー。

去年は、上半身前面に大きく図柄が入っているご近所のニィサンや、顔面から首にかけて、
ピエロですか?っていうくらい素顔がわからなくなるような図柄入りのニィサンなんかも見かけましたっけ。
推定50代後半のオバサンのふくらはぎ側面にもドラゴンのタトゥー。
たるんだ肌にタトゥーが入っているのって、見た目がかなり不気味でしたわ・・・

今日は今年に入って初で、タトゥー入りのニィサン(オジサン、オバサンも)を一気にたくさん見てしまい、
何だか変な気分・・・・・
私一体なんでこんな所にいるんだろ・・・???ここってスラム街なの???これって現実なの???みたいな。
しばらくたって見慣れてくれば、まぁここはそういうお国柄だからしょうがないね~・・・とウンザリしつつも
冷静に見れるようになるんですけれども

アジ専ヨーロッパ男性

「アジ専」という言葉、外国人との恋愛経験がある人であれば知っているかと思いますが、
アジア人のみを恋愛対象とする非アジア系の外国人の事をこう呼びます。
スウェーデンでは他のヨーロッパ各国と比較してアジ専率がかなり高いです。
アジ専というより「タイ専」と言った方が適切かも?

もう何年も前ですが、アジ専はアジ専でも、「東南アジ専」と会ったことがあります。
彼の奥さんは某東南アジア国出身で背の低い色黒肌で目と鼻が丸い女性。
あの国も行ったし、あの国も・・・と東南アジアのみ数か国に旅行した事を何故か自慢げに語る彼。
いずれも男性のdestinationとして大変有名な国ばかりでした。
その彼は、私の身長の高さに大変驚いた様子で、私をまじまじと眺め(この時点で相当気持ち悪いですね)
私に身長がいくつなのか尋ねたのです。
ちなみに私の身長は日本人の平均程度で決して長身ではありません。
変な質問するな~・・・と思いつつも何センチなのか教えてあげると、
ほぉーーー・・・・と驚き、●●(奥さんの国)では150センチくらいが平均なんだよ?
と私の身長がものすごく高くて珍しい!といった感じで話すそのアジ専。
さらには、「日本人は牛乳は飲めない体質なんでしょ?」とまたまた変な質問を続け、
日本人はほとんどの人が子供のころから牛乳を毎日のように飲み、牛乳アレルギーのある人は稀である事や、
ヨーグルトやチーズなどの乳製品は人気が高くよく食べられている、という事を教えてあげると、
●●では人々は牛乳を飲まない、なぜならばアジア人は牛乳を体内で分解する酵素を持っておらず、
消化不良を起こしてしまうため牛乳を飲むことが出来ないのだ、と力説し、日本人は牛乳や乳製品を日常的に
摂取しているという事実を信じられない・・・!といった面持ちで受け止めるその男。
どうしても納得がいかないようで、アジア人は牛乳を消化する酵素が無いのに、
なぜ日本人は牛乳を飲むのか?と聞くので、牛乳を飲むのは日本では普通の事ですし、
日本人は牛乳を体内で消化できます、と言うと、
「そんなはずはない」と反論までしたのです。あっけにとられました。
まぁ、東南アジ専だからしょうがないか・・・とあきらめましたけど。
日本と某東南アジア国では、人々の見た目はもちろん違いますが、気候も違うし生活習慣も違うし、
言葉だって文化だって全然違うんですけどね。物理的な距離だってそうとう離れているというのに。
「アジア地域の人は全員同じ」と短絡的に思い込んでいる無知な人、けっこう多いですね。
でも、日本でも「ヨーロッパ地域の人は全員同じ」と思っている人、多そうですが。
例えば、スイスもウクライナも生活水準や教育水準や経済はほとんど同じだろう、みたいなね・・・

さて今度は「タイ専(東南アジ専)スウェーデン人男性」について書いてみようかしら?
本当スウェーデンは多いわよね、そういう趣味の人。
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR