Swedish dreamなるもの

ちょっとこれ・・・・・
The Local.se の記事のコメント欄で見かけたのだけれど、
面白かったので
なかなか言い得て妙ですね

American dream: work hard and be a success.
Swedish dream: don't work and let the government feed you.
スポンサーサイト

英国で一番人気の赤ちゃんの名前は「モハメッド」?

Baby Centerというウェブサイトのメンバーからのアンケート結果を基にしているそうです。
モハメッドと一口に言っても、親によりつづり方が微妙に違ってくるのですが、
全てのつづりの違うモハメッドを同一の名前としてまとめると、
人気1位のOliverを2倍以上も上回る結果となり、
モハメッドが人気1位になるのだそうです。
The Independentのサイトより)

英国の妊婦さん全員がメンバーという訳ではないでしょうし、
PCを持っていなかったり使えない人はメンバーにならないと思うし、
統計の仕方によっても結果は色んな風に出すことが出来そうですが、
とにかく、モハメッドが人気が高いという事はわかりました。
スウェーデンも10~20年後は、英国みたいになりそうです。

唾のついた用紙はお好きですか?

スウェーデン語学校に通い始めて何人もの先生に教わったけれど、
どの先生も皆、教材用のプリントを生徒たちに配る際に、
ペロッ!と人差し指を舐めて唾で湿らせ、その指で紙をピッとつまみ
1枚1枚生徒たちへ配るのです。
ペロッと舐めては1枚目の紙を配り、再びペロッと舐めては2枚目の紙を配り・・・・・
毎度毎度ご丁寧に指をお舐めになるのです。

・・・・・き、汚いわよ???
背筋が凍りつきました。
私のプリントは、どうか唾のついた指で触りませんように・・・・・
の願いも虚しく、
先生は指をペロッと舐め、用紙をつまみ、私へ渡してくれました。
その用紙の上部には、人差し指第一関節の指先のサイズと同じくらいの大きさの、
楕円形の唾の跡がくっきりとつけられ湿っていました。
ぞぞーーーーっとしつつも、その楕円形のシミに触れぬよう
非常に用心深く紙をつまみ、用紙に目を通しました。

ちなみに先生たち、本のページをめくる時にも、
1ページ1ページ、いちいちペロッと指を舐め、唾で湿らせてからページをめくります。

もうその、指を舐めるという仕草だけも下品で汚らしくて見るのもおぞましいのに、
それで自分の本のページをめくるだけでなく
他人に渡す紙にも自分の唾をつけて渡すだなんて・・・・・!
ありえないわ?ショック受けました。
鼻をかんだティッシュを「ハイ、あげる!」と他人へ渡すのと同じくらいありえないわ。

全ての先生がこれをしている、という事は、コレはスウェーデンの常識という事なのかしら?
絶対ムリ・・・・・
スウェーデン人が割と不潔なのは知っているけれど・・・・・やっぱり毎回ギョッとします。
つくづく日本って本当に清潔なんだな~と、スウェーデンを見ていると思います。
スウェーデンは実はあまり清潔じゃないのです。
ただし、他にもっと不潔な国や地域があるから、そういう環境から来た人は、
スウェーデンはキレイで清潔だ、と思うかもしれません

冬季うつ病の季節

慢性的な著しい日光不足、暗くて寒いこの時期のスウェーデンはまさに
冬季うつ病で苦しむ人が続出する季節です。
冬季うつ病についてはこちらの記事を参考にしてみてください

■冬季うつ病の症状
冬季うつ病の症状は、一般的なうつ病の症状とほぼ同じです。

・気分が落ち込む
・今まで楽しんできたことを楽しめない
・ぐったりとして疲れやすい
・活動量が低下する
・眠気が強く、睡眠時間が長くなる
・食欲の亢進、特に甘いものが欲しくなる


当てはまる人かなり多いはずよ?

■冬季うつ病の原因
冬季うつ病の原因は、日射量不足とはっきりわかっています。
特に冬季の日照時間が顕著に短いフィンランド、スウェーデン、
アラスカなどの地域では、冬季うつ病の発症率が人口の10%近くか、
それ以上になっています。
また、初めからそれらの地域に住んでいる人よりも、
それまで太陽光に恵まれた地域で暮らしてきた人が移ってきたケースのほうが、
より発症率が高くなります。


みんな自覚していないだけで、かなりの数のスウェーデン在住外国人たちは
冬季うつ病だと思うわ。
発症率は人口の10%かそれ以上・・・・・???
その10%のほとんどは、きっと海外から来た人々なんじゃないかしら?

この病によくきく治療は・・・・・
少しでも長く、その地域から離れる事
・・・って、当たり前だわ。
でも本当、可能ならばほんの数日でもいいから海外旅行に行くのが一番です
きっと気分も晴れて、体調も良くなると思うわ
病は気から、とも言われていますものね。

ノーベル賞授賞式がありましたね!

ストックホルムでのノーベル賞の授賞式に参加する為、
物理学賞を受賞した日本人3名がスウェーデンへ来ていましたね

その内の1名、中村修二氏について、
米国籍を取得した事や、日亜化学工業との裁判の事などが、
日本のメディアでちょっとした話題になっていました。
大半の人は、日亜化学工業へ同情しているみたいですけれど・・・・・

10月の記事ですけれどNYtimesでは、
American and 2 Japanese Physicists Share Nobel for Work on LED Lights という見出しで紹介。
アメリカ人と二人の日本人の物理学者って書いてたわね・・・・・
ちなみに、中村氏の裁判の件については、
Two years later, in a shocking challenge to Japanese traditions of subservience, he sued the company for 20 billion yen, $193 million at the time, saying he deserved a share of royalties for his inventions. Nichia had given him an award of 20,000 yen — about $200 — for his contributions to the company.
ですって。
服従的な日本の伝統・・・・・???思わず吹き出しちゃうわ
日亜は中村氏の会社への貢献に対して、2万円の報奨金しか与えなかった、って事実確認もしないで
軽率にそんな事書いちゃっているし・・・・・
ツッコミどころが満載な、NYtimes。
随分と胡散臭い新聞だわ?

日亜化学工業社長の小川氏の主張を読むと、
随分と中村氏の言っている事と食い違う面がある事がわかりますね。

小川氏の主張はこちら
http://techon.nikkeibp.co.jp/NEWS/nakamura/mono200404_2.html
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR