スウェーデンでの買い物時に注意すること

それにしても、この間の買い物は散々だったわ。
とある道具を買ったら容器にヒビが入って壊れていたし、
衣料品は穴が開いていたし、
パック入りプチトマトは、全てがブヨブヨで半分はしなびて表面がシワシワのものだったし、
パック入りキウイも6個中2個がブヨブヨ状態だったわ。

最近買い物時は、結構注意深くチェックしていて、
問題が発生していなかったものだから、
つい油断してしまったのがいけなかったみたい。

これからもちゃんと気を抜かずに、
不良品じゃないか、腐っていないかって、
しっかり品質チェックしてから買わないといけないわ。
お店の人はチェックしないで売っているとしか思えないからね。
油断大敵、気を引き締めなきゃ。

そういえば最近はスーパーのレシートの請求価格間違いにとんと遭遇していません。
というのも、セルフスキャン方式で価格を確認しつつ買い物しているから。
その場で値段の確認が出来るから、レジでの会計よりも安心、安心
日本だったらこんな余計な心配しないでいいのだけれどもね。
海外生活ってそんなものなのかしら。
スポンサーサイト

スウェーデンは住みやすい国!と信じている方へ

何らかのデータによると、スウェーデンって住みやすい国らしいけど?
データだの数値だのから出された結論って
必ずしもあてになる訳ではないのだという事に、実際に住んでみて気づきました。
世界の住みやすい国とか街とかいうランキング物では、
スウェーデンは大抵トップ5内には選ばれていたかと思うのですが、
そこには、気候の事とか、地理的な事とか、食べ物の事とか、人間関係の事とか、
就職事情はどうなのかとか、収入と物価のバランスはどうかとか、
医療制度や、医療現場での患者の扱いはどうなのかとか、
売られている商品の質と種類はどうなのかとか、電車やバスはちゃんと来るのかとか、
娯楽はどうなのかとか、街の雰囲気はどうなのかとか、どんな慣習があるのかとか、
日常生活の便利な面、不便な面は何かなどなど・・・・・
普通に生活を送る上での日常の問題については審議されていないハズ。
だって、そういう項目を入れたら、スウェーデンはもっと順位が下がりますから。(他にもそういう国あったりして)

ああいう世界のランキング系の情報を信じるのって、
収入が高くて、聞こえの良い職業で、見た目がすごくイケメンで優しい男が、
カッコイイ!とか、レベル高いとか、理想的な結婚相手!とかって
単細胞的に思ってしまうのと同じくらいに浅はかな事。
高収入だけど、ものすごいケチかもしれないし、
イケメンでも、頭悪くてDV男かもしれないし、
優しくても、単に怠け者でだらしない性格かもしれないしね?

このデータとあのデータによって、こういう結果が出ました!みたいな情報は、
これって単に、情報発信者にとって都合の良いデータのみから導き出された結果なんじゃないの?
と一度立ち止まって考えてみるのもいいかもしれません。

世界のどこの国に住むのが一番幸せか

正直、どこの国も将来大変そうね?
日本は、少子化高齢化社会、陰湿で残虐な事件を起こす子供たち、
自虐大好き、超ネガティブ思考の無菌室育ちな大人たち、
反日思想グループからの低レベルな干渉。
アメリカは、超格差社会、銃社会、人種差別、貧困問題、不法移民問題、犯罪大国。
ヨーロッパ地域は、急増する難民の問題、イスラム系移民との軋轢と分断社会、
ネオナチ思想と国粋主義政党の人気急上昇、
行き過ぎた社会主義思想の影響による、無責任ヒモ的たかり体質の増長、
EU加盟国の泥沼キツネとタヌキの化かし合い劇場に経済破綻危機の国々。
崩壊家庭だらけ。若者と子供のモラル崩壊中。学力低下も止まらない。

・・・・・と、先進国もここの所(いや、昔から?)色々と問題が浮上中。
発展途上国はいわずもがな。
(まず国家も法もモラルも医療や社会制度なんかもろくに機能してなかったり、犯罪率すごいし)

そうなると、もうどこに住むのが幸せかなんて言うのは、
その人自身の好みの問題って事になりそう。
どんな事が自分にとって重要か、それを見極めて、
他の問題点には少々目を瞑り、妥協して、
自分の好みになるべく近い、自分の満足度が高そうだと思える場所。
そうやって超独断と超偏見により選んだ、
自分で「”私には”ココがイイかな?」と思える所に住めるのが
一番良いのかもしれないわ。
たとえ他の人から賛同を得られずに、「え?あんなヘンな所がいいの?」なんて思われたとしてもね。

私が出会ったスウェーデン語の先生たち

スウェーデン語の先生にも色んな人がいて、
教え方が上手く、熱心に教えてくれる人もいれば(かなり少数)、
雰囲気重視のゆるい感じで、生徒が間違っていても指摘しないような人もいたり、
しょっちゅう30分近くも早めに授業を切り上げる人もいたり、
さらには、「語学は人から教わるものじゃなくて自分で学ぶもの。」などと言い、
毎回教室に来ても何にも教えず、一方的に世間話をだらだらするだけだったり、
「何か質問があったら聞きに来て。」と言ったきり何もせず、授業中なのにずっと新聞読んだり
PCでフェイスブックをチェックしているような人もいました。
さすがに生徒たちもこんなクラスじゃ意味が無い、と学校の責任者へ抗議し改善を求めましたが、
責任者は、「うんうん、あなたたちの不満はよくわかるわ~。」と優しく話を聞くだけで、
結局何にも改善されませんでした。
学校の運営は各地域にまかされているとの事なので、内容に地域差があると思いますが、
我が街の場合はこんな感じです。
スウェーデンは教師の質があまり良くない、とよく言われていますが、
私はその意見にわりと納得ですね

ところで、例のスウェーデン式洗脳教育について近々書こうと思っていますが、生々しすぎて、ちょっと考え中・・・・・

No Alchohol! No Life! なスウェーデンならではのちょっと変わったコト

最近のスウェーデンは日も随分と長くなり、
スーパーの野菜売り場では、しなびきったトウモロコシが定価のままいつまでも放置され、
アル中達がワラワラと外に出てきて、公園のベンチで酔っ払う季節ももうすぐそこです。
(でも8月頃になるとハンガリー産の新鮮なトウモロコシが短期間だけ販売されるのよね?楽しみ
人口も少なく、人間関係も活発では無く、娯楽の少ない、活気の無いシケた国では、
余暇の楽しみといえばアルコールをしこたま飲んで酔う事くらい、
みたいな人も多いわけです。

そのせいなのか?スウェーデンの企業では、
「仕事中にお酒を飲むのは良くないんですよ~!」といった内容で、
それ専門の大変高額な外部講師をオフィスに招き、社員全員参加のセミナーが
朝から夕方まで、まる一日かけて行われたりします。
そんなこと、社員全員参加で、まる一日もかけてする事か?!と
驚いたのは非スウェーデン人くらいなもの。
なのですが、とりあえず某社では今の所は、
半日で良いのでは?とか、社内の人事の誰かがやれば良いのでは?とか、
資料や映像をイントラにアップして、オンデマンドでやれば良いのでは?なんていう
効率的なアイディアはスウェーデン人からはいっこうに出てこないようです。

社員全員参加、まる一日・・・・・
って事は、その日一日中、社内の業務が滞るってことですからね。
仕事の締め切り日、とか関係なし。
急ぎの件、とか放置。
ミーティングや問い合わせ、とか無視。
こんなんだから、スウェーデン人っておばかさんなの?って
スウェーデン人の働きぶりを知る外国の方々から思われてしまうのよ?残念だわ。
せっかくイメージだけは良いのにね?
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR