外国人に納豆を食べてもらったら・・・

納豆の存在を知らず、納豆についてなんの知識も無い
そんな欧州系外国人数人に納豆を試食してもらった事が
何度かありました。
彼らの反応はどうだったかというと・・・・・
二口ほど食べてもらった後に、
「においはどう?」
「味はどう?」
と聞くと、
「においも味もあまりない。淡白だ。」
と初めての食べ物に不思議な顔をしつつ
感想を述べていました。

そして納豆を混ぜて糸を引いている所を見せ、
「どう?発酵しているからこんなに糸を引くのよ?」
と面白おかしく冗談めかして聞くも、
「へぇ~、そうなんだ。」
と特に驚きもせず、普通に説明を聞き、
多くの日本人が予想するリアクション
「わぁー!!!すっごいくっさーーい!!!」
「げー!糸引いてる!!気持ち悪ーい!!!」
「こんな腐ったもの食べるって本気???」
みたいな反応は誰からも見られませんでした。

でも、よくよく考えてみると、
欧州といえば、発酵した食べ物の宝庫。
白や黒や緑のおどろおどろしいカビまみれの、
ドブや腐った生ごみにも勝る、おそろしくクサイ臭いを放つ、
発酵して中がトロリとした美味なチーズ
小麦粉をまぶしたかのように白いカビの粉にまみれたサラミ
ワインやビールなども発酵させた飲み物
パンも発酵させるしね

そういった発酵した美味な食品を愛する人々にとっては、
味も香りもほぼしない、淡白な納豆ごときで驚くわけもなく、
むしろ、こんな退屈な食べ物のどこがいいのだろう?
くらいに受け止められてしまいました。

最近の納豆は、匂わない種類の納豆菌を使っているので、
昔の納豆と違って匂わないのだそうです。
未だに納豆はクサイ食べ物だとかたくなに思い込んでいるのは、
昭和生まれの日本人位なものなのかもしれません
スポンサーサイト

一瞬だけスウェーデン社会に同化

ある日買い物に出かけた時のコト。
ブラブラと道を歩いていた時に、突如捨てたいゴミが出たのです。
しかし周囲を見渡してもあいにくゴミ箱が見当たりません。
で、そこでちょっとしたフザケ心が出てしまい、
そのゴミを、多くのスウェーデン人たちが普通にやっているように、
路上の建造物の一部に置き去りにしてしまいました。
そして、
「私たち、まるでスウェーデン人みたい!」
「スウェーデン社会にちゃんと同化している~。すごい!」
「スウェーデンの同化政策が上手く機能している証拠!」
「どんどん自分のスウェーデン人化が進んでいってる~。」
などと冗談を飛ばしあっておりました。

確かにこういった行動はスウェーデン人化の現れとも言えるのですが、
なんだか後味がよろしくない・・・・・
やっぱりゴミはゴミ箱に捨てるか、見当たらないなら自分で持っている方が
自然な行動だと思うし、しっくりとくるなと感じました。
ここスウェーデンでは、皆普通にゴミを路上に捨てている・・・と
一瞬でも朱に交わって赤くなり、ゴミを置き去りにした事を激しく後悔。
日本にいたら絶対にこんな事しないハズなのにね・・・・・

そんな私には、やっぱりスウェーデンに同化するのは
まだまだ遠い日のコトとなりそう。
というか、上記のゴミの件もそうだけれど、それ以外にも色々と・・・・・
特に同化しなくても良いとさえ思えてしまう。いや、どちらかというとしない方が良いというか・・・
だってわざわざ自分を引き下げてまで合わせる必要ないし?

日本人はヨーロッパを美しく誤解している

「日本人はヨーロッパを美しく誤解している。
しかし実際のヨーロッパは全然違う。」
これは、名古屋グランパスエイトというサッカーチームの
元監督であるアーセン・ベンゲル氏の言葉との事。

この言葉、ヨーロッパの部分をちょっと入れ替えて、
「日本人はスウェーデン(北欧)を美しく誤解している。
しかし実際のスウェーデン(北欧)は全然違う。」
と言うことも可能かと思います。

ベンゲル監督の言葉、全文を下記に載せますが、
これまたいたく同感、納得のいく事だらけです。
欧州移住を考えている人全員が(もちろんそうではない人も)、
心構えとして読んでおくと、役に立つこと間違いなしだと思います。
美しく誤解をしたまま欧州に引っ越してきて
理想と現実のギャップの大きさにショックを受けるよりも、
前もって心の準備をしてきた方が、被害が少なく新生活が楽なハズ。
監督のこの鋭い分析力そして温かいアドバイス、心に響きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人はヨーロッパを美しく誤解している。
しかし実際のヨーロッパは全然違う。
日本が東京のような大都会とすれば、
ヨーロッパはアフリカのサバンナのようなところだ。

治安が悪いのはもちろんのこと、
日本人と比較すればヨーロッパ人の民度は恐ろしく低く、
日本では当たり前に通用する善意や思いやりは全く通じない。
隙あらばだまそうとする奴ばかりだ。
日本と違い階級社会である為、会話の全く通じない無知な愚か者も多い。

私は、時々、欧州事情に疎い日本人が欧州に行ったら、
精神に異常を来たしてしまうのではないか?
と心配することがよくある。
欧州について何も知らない日本人が欧州に移り住むというのは、
都会の快適な場所に住んでいる人間を、ライオンがうようよいるアフリカのサバンナに丸裸で放り込むのと変わらないだろう。
悲惨な結果になるのは目に見えている。

日本ほど素晴らしい国は、世界中のどこにもないだろう。
これは私の確信であり事実だ。
問題は、日本の素晴らしさ・突出したレベルの高さについて、
日本人自身が全くわかっていない事だ。
おかしな話だが、日本人は本気で、日本はダメな国と思っている。
最初は冗談で言っているのかと思ったが、
本気とわかって心底驚いた記憶がある。
信じられるかい?
こんな理想的な素晴らしい国を築いたというのに、誇ることすらしない。 
本当に奇妙な人達だ。
しかし我々欧州の人間から見ると、日本の現実は奇跡にしか思えないのである。

だから、私はいつも、欧州に行きたいという選手がいたら、
よく考えて決めるべきとアドバイスしている。
日本でレベルアップできるなら、日本より(国の発展が)遅れている欧州諸国に行く必要は全く無い。
欧州では人種差別もあるので、力があっても出場すらさせてもらえないかもしれない。
リスクが大きすぎるのだ。

日本のリーグのレベルを上げる事の方を、安易な欧州進出よりも優先すべきである。
もしどうしても行きたければ、ドイツのような人種差別意識の低い国のリーグか、ビッグリーグよりレベルの少し落ちる国のリーグに行って、実績を積んでから、ビッグリーグに移籍すべきだ。

イケアでの事件への反応

この事件、スウェーデンではトップニュースとして扱われ、
人々へ大きなショックを与えた事件でした。
1週間ほどたち、メディアでの報道は落ち着いてきましたが、
社会への影響がだんだんと現れ始めている、という感じがします。

Two arson attempts on Swedish refugee centres

イケアでの殺人事件に関わった2名のエリトリア人難民が住んでいた、
Arbogaにある難民住居施設付近にて、
二袋の可燃性液体入り袋が発見されたため(先週の金曜夜と夜中に)
8/15土曜の早朝、83名の難民たちは
地域の教会へ緊急避難をする事になった。
同日夜、Värnamoにある「保護者のいない難民児童青年センター」も
放火事件の対象となった。

その地域は広範囲にわたり封鎖され、
爆弾技術者がストックホルムから呼び出された。
Värnamoでの放火は救急隊が到着する前に
通行人たちにより消し止められた。
住民である20名の15~21歳の青年たちは無事であった。
警察は、これは単なる事故ではなく放火事件だと判断し、
捜査に着手した。しかし容疑者は未確認。との事。

エスニックマイノリティへ対する暴行はスウェーデンで増え続けている。
・EU移民が通行人から顔面に酸をかけられた事件
・車で寝ていたホームレスEU移民へ対する銃発射事件
など。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<言葉の解説>
エスニックマイノリティとは?
ぼかした言い方だけれど主に中東・アフリカ(その他)からの
難民とその家族の事を暗に指し、たまにロマの物乞いの事も含む。

EU移民(EU migrant)とは?
スウェーデンでは最近、ロマの事をこういう風にぼかして表現するらしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、記事の内容をかいつまんで素人的意訳してみました。
言葉の解説は私が追加しました。

スウェーデンの家とインテリアを簡単に見る方法

北欧とかスウェーデンと冠言葉をつけた商品や情報が
日本ではなにかと注目を浴びているようです。
(イケアとH&Mの宣伝マーケティング力のせいかな?とも思うのですが。)

そこで、もうインテリア雑誌なんて買わなくてもイイ!
無料で!ありとあらゆるタイプのスウェーデンの家やアパートや
インテリアが好きなだけ見放題できる簡単な方法を紹介します。

それは、とっても単純なコト。
不動産会社のサイトを見ればいいのです。
ネットの翻訳ツールを使えば言葉の問題もラクラク解消。
大きな家、モダンな家、伝統的な家、アパート、
色んなタイプのスウェーデンのおうちの写真がお腹いっぱい見られます。
写真は家具やインテリアがちゃんとコーディネートされた状態なので、
家の持ち主の生活が窺い知れたりして面白いです。
自宅のインテリアの参考になりそうな素敵な部屋もあれば、
中には一体どういうセンスしているの?!と驚くような
ひどい部屋もあります。(壁が真っ赤とか変な壁紙とかダサいカーテンとか・・・)
ちなみに家の値段も載っていますが、
たいていそれよりもやや上の値段で売れているようです。
スウェーデンの人々は一体どんな家で生活をしているのかな?と
気になる方はチェックしてみてください。
インテリア雑誌よりも断然おトクでリアル

<不動産会社サイトの例>
Fastighetsbyrån
<検索方法の例>
右上のSökをクリック
→sök endast bostaderをクリック
左中のvälj länのドロップダウンメニューをクリックして地名を選ぶ
右下のsökをクリック
下の方に家の写真がいっぱい出てくるので好きな物をクリック
その家の詳細写真が見られます。

ストックホルムはアパートが多く、田舎は一軒家が多いです。
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR