スウェーデンの食事が不満!とハンストする難民申請者たち

スウェーデンの食事が不満!とハンストする難民申請者たち
Asylsökande i hungerstrejk mot boendets mat (svdより)

スウェーデンの食事は、かなり不味い
(さらに食材も乏しく質が低い)
これはこの国に住む様々な国から来た外国人に共通する意見です。
だけどみんな我慢して生活しています。
質は十分ではないけれども、
とりあえず空腹をしのぐ事は出来るのだからと。

ところが難民申請者の彼らはせっかく用意してもらった食事を、
「こんな食事はイヤだ。」と文句をつけ、
自分の食べたいものを用意させようとは・・・・・
しかもハンストみたいな強引な手段を使って。

郷に入っては郷に従え、ではなく、
郷に入っては自分のやり方に従わせる、
といったところ。

誰だって自分の好きな物、食べたい物が食べたい。
だからといって、善意で面倒を見てもらっている身分で、
あれが食べたい、これは嫌だ、
と自分の快適さを追求するばかりなのはどうなの?
無料で食べさせていただけるだけでも有難い、
みたいな感謝の姿勢はないのでしょうか。

記事によると、彼らの要求はこんな感じ。
食事の量が少なすぎる。
メニューが単調すぎる。
野菜が少なすぎる。
茹でイモが多すぎる。
揚げイモの方がいい。
パン粉の衣無しの魚は食えた代物ではない。
パプリカなどの野菜メインで肉少なめがいい。

施設の専属シェフによると、食事の量は学食よりも多く、
肉、魚、チキンをけちって少量にしている事はない、との事。
メニューの例は、
チキンステーキ+ポテトとソース。
魚とソース+ポテト。
ソーセージストロガノフ+ご飯。
ひき肉入りパスタグラタン。
グリルしたソーセージ+ローストポテト。
チキンフィレ+オーブン焼きポテト。


スウェーデンは地球北部に位置しており、
ほぼ1年中寒く、半年は日照不足な地域で、
野菜が育ちにくく、採れる種類も限られています。
そのためスウェーデン人は、
野菜を日常的に食べる習慣が歴史的にほぼ無く、
調理方法もほとんど知りません。
他欧州国と比較してスーパーの野菜の種類は少なく、
輸入に頼っていることもあり、値段は2~5倍くらい高いです。

今は時期的に野菜の値段が高い季節で、
特に彼らが食べたいパプリカは現在1キロ700円(50kr)くらい。
ブロッコリー、カリフラワーは1キロ400円(30kr)くらい、
ポテト、玉ねぎは1キロ150円(10kr)くらい。
(ちなみに肉は1キロ1300~2000円くらい。)
家計を考えて、今はパプリカはあまり買わないようにしよう
という人も少なくないと思います。

野菜中心の食事は、お金も手間も時間もかかります。
調理するとカサが減るし、
腹持ち良くないから量が必要だし、
肉やイモみたいに、焼くだけ、茹でるだけ、とか、
オーブン入れるだけ、みたいに単純ではないですしね。
調理の時間が倍以上になるんじゃないかしら?

こんな調子だと、この先いずれ学食にも、
ハラルミートを使え、トルコ料理をメニューに加えろ、
など色々と言い出すのも、
時間の問題ではないかという気がしてしまいます。

スウェーデン、がんばれ。
移民、外国人労働者政策で、日本は決してスウェーデン(その他の欧州国も)をお手本にしてはいけない、
という思いが益々強まってくる、スウェーデン生活です。
同じような失敗をわざわざ真似する事はないのですから。

スウェーデンでよくある娯楽、その2

それは・・・・・
椅子に座ってボーっとすること。

これは晴れた日で気温が10℃以上になると
楽しむ人が増える娯楽です。

ベランダや庭などに椅子を持ち出し、
目を閉じてひたすら何時間も座る人。(寝ているのかも)
公園や道端のベンチに、
目を閉じて蝋人形のように微動だにせず座る人。

街の日当たりのよい休憩スペースにて、
10人以上の人々が座っていましたが、
皆が皆、目を閉じてじっと動かずに、
人形のように並んで座っている姿は圧巻でした。

スウェーデン生活で幸福感を得られるのは、
このような事をして、満足感を得られたり楽しく感じる体質の人。

スウェーデンでよくある娯楽、その1

それは・・・・・
ただひたすら歩くこと。

周囲に何もない、だだっ広い荒涼とした荒野や畑のわきの一本道、
そこを一人で、またはカップルや家族で、
ただもくもくと、ひたすら歩いている光景を良く見かけます。
特におしゃべりしたり、笑ったりもせず、
無表情で無言で正面を向き、
ロボットの様にひたすら歩いています。

スウェーデン生活において高い幸福感を得られるのは、
こういう事を一般的な娯楽として頻繁に楽しみ、
満足できる体質の持ち主なのです。

スウェーデン式娯楽、今のところ私には無理。
味気なさすぎて逆にストレス・・・・・

移民よ、ヨーロッパに来ないでくれ

「ヨーロッパに来ないでくれ。
密入国業者を信用しないでくれ。
命とお金をリスクにさらさないでくれ。
全て無駄に終わることになる。」

欧州理事会議長のDonald Tuskは、
危険を冒して欧州を目指す経済移民に対してこう述べました。

ギリシャには毎日2000人もの人々が紛争地域から上陸し、
ドイツなど欧州北部の国々を目指す1万人以上が、
ギリシャ、マケドニアの国境イドメニに留まっています。

'Do not come to Europe', Donald Tusk warns economic migrants


難民歓迎祭りもようやく静まり、
やっとこういう事がメディアで言える状態になりました。
本当はもっと早く言わなくてはならなかったと思いますが。

この記事のコメントを見ると、
「鳥のエサ台にエサを置き続けていたら、
次から次へと鳥が来てエサ台に群がるんだよ。
報奨金を取りやめて、ボートをトルコに返送しよう。」
「わお、神様に感謝。問題すっきり解決だよ。
なんで最初っからこうしなかったんだろうね。」
「そろそろ誰かがこれを言う時期だったよね。
でもそれはメルケル首相であるべきだったけど。」
「基地外メルケルがカメラの前に出てきて同じ事言うべきだった。
どのみち彼らはMutti(お母ちゃん=メルケル首相のあだ名)
のいう事を聞いただろうに。」
などと多くが賛成意見でした。

我が街の警官が増員された

我が街にも難民施設が出来、
そこには欧州へ大津波の如く押し寄せた100万人以上もの
特殊移民(難民申請者?)のうちの100数十人が暮らしているそう。
その施設の警備の為に、我が街では警官が増員されたのです。

それを聞いて私はてっきり、
収容された人々が喧嘩や迷惑行為をしたり、
盗みやレイプなどの犯罪をおこす可能性があるから、
地域の住民の平和な生活を守るための監視のために、
雇われたのだろう、とすぐさま思いました。

しかしよく聞くとそうではなく、警備の理由は、
難民施設の住民に対し、
スウェーデン人が危害を加える可能性があるから、
スウェーデン人が難民施設を放火する可能性があるから、
「難民施設とそこの住民を危険から守るため」というものでした。
そ、そっちなの?!
なんていうか、、脱力・・・・・
まあその可能性もあるし、単に建前の可能性もあるかもしれませんけれども

100人以上も滞在する難民施設を設けるというのに、
住民には何のお知らせもありませんでした。
文書による事前通知も無く、説明会も無く、
住民の意見を聞く気すらないという強行突破な姿勢で、
突如出現した、謎のベールに包まれた難民施設。
税金を使用しているのに納税者への説明がないのもおかしいと思います。
そういう姿勢が益々反感を強めるのではと思うのですが・・・・・
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR