スウェーデンの住宅ローンの平均返済期間は約140年

こちらのニュースは、スウェーデンの住宅ローンの返済期間の限度が
最長105年までに短縮されました、というもの。
短縮されて105年とは、驚きです!
http://www.thelocal.se/20160324/sweden-limits-mortgage-loans-to-105-years

2013年のスウェーデンの住宅ローンの平均返済期間は約140年。
平均だから、もちろんそれより短い人もいれば、
逆に長い人もいる訳ですが、
140年よりも長いって、一体最高何年までローン可能なのかも
教えて欲しかったです。

返済はローンの金利部分のみの人もいて(約3分の1、2014年)、
その場合毎月の返済額がほんの数万円程度だったりします。
借金部分は返済するつもりが最初から無い人もいます。
(家の価格が上がった所で売却するつもりとか)

でも、スウェーデン人の所得を考えると納得かな?という気が。
彼らの収入では一軒家の購入はかなり難しいはずですが、
多くの30代~40代の人が購入しています。
その訳は、彼らの多くが100年ローンだから、だったのですね。
(新卒の薬剤師の人が手取り16,000kr位だと言っていました。
物価を考えると、日本で手取り16万円位の感覚です)

これでは、払い終える前に確実にこの世を去ります。
実は、支払完了前に亡くなると、ローンの金額が半分に軽減されるという
お得なローン契約があったりします。
それを利用すると実際の家の価格の半額しか支払わなくて良いので
随分とお得になりますね。

スウェーデンならではだな~!と思ったのは、
電気屋の広告で、3千円程度の電化製品でも、
12回払いの分割払いが可能、と書かれているのを見た時。
その程度の価格の物も一括で買えない人々が
実際にいるという事なのでしょう。

スウェーデンは国民の借金の額がものすごい、
そういう意味での借金大国なんですね。
スポンサーサイト

スウェーデンはジップロックが無い?

たまたま発見できないだけなのかしら・・・?
日本で調達したジップロックが無くなったので
買いたいと思い、我が街だけでなく、
他の街のスーパーでも探し回ったのだけれど、
やっぱりジップロックが見つからないのです。
先進国ならどこでも売っている、と思っていたからちょっとショック・・・
チャック付のビニール袋はあったのですが、
使い捨てなのにそんな無駄なチャックはいらないのです。
海外旅行に行ったら、ジップロックとプラスティックラップ(サランラップ的な物)買わなくっちゃ。
と頭の中の買い物リストにしっかりメモしました。
生活用品不毛地帯、スウェーデンでの日常の一コマでした。


後日、ジップロックではないけれど、類似品のセーフロックなる品を発見。
若干デザインの違いはあるけれど綴じ口は同じ形式。
現在こちらを使用中♪(5月某日追記)

悲しいブリュッセルの爆破事件

ブリュッセルの爆発事件のニュース。
地球の端っこスウェーデンのイナカに住んでいても、
他人事とは思えず緊張した気持ちでニュースを見ました。
FRANCE 24 live news stream: all the latest news 24/7
https://www.youtube.com/c/FRANCE24English/live

なぜ爆破されないといけないのか。
平和に暮らしていた人々が犠牲になっているのを見て悲しくなりました。
ベルギーに住んでいる人は今、どんなに心配な気持ちな事か。
ブリュッセルの人々はどんなにショックな事か。
こんな環境で育つ子供たちはどういう大人になるのだろう。
とてもじゃないけど冷静でいられない、ショックな事件。

ここ数年で、恐ろしいほどに欧州地域の治安悪化が進んでいます。
10年、20年前はこんなんじゃなかったのに、
すっかり変わってしまったみたいです。
悲しい・・・・・
欧州がもっと良かった時代に、もっとたくさん訪れておけばよかった。
ぎりぎり大丈夫だったのは4~5年前くらいまでな気が・・・?
夏のバケーションどうしようかなとか考えていたけれど、
欧州地域はもうどこも怖くて危ない気がして。
スウェーデンやノルウェー北部の超どイナカの、
人気のない森の奥くらいしかもう安心できないのかも。

日本は欧州のこうした状況から学ぶことがたくさんあると思います。
同じ悲惨な状況や事件発生を防ぐため、原因を作らないために。
ただ怖い怖いと思うだけではダメで、
しっかりと教訓として学ぶ必要があります。

スウェーデン人か、外国人か

スウェーデンで外国人として生活する私。
人種、国籍は違っても、
やはり同じく外国人として生活する人々の方が、
先祖代々住んでいるヴァイキング系のスウェーデン人よりも話しやすい。
とある場所で立ち話をした中東系の人に、
どこから来たの~?と聞くと、
シリアから来たんだけど、クルド人だよ。との返事。
難民としてきた人なのかと思ってその返事を聞いていたら、
なんでも、何十年も前に親に連れられて、
幼いころにスウェーデンにやって来たのだとか。
人生のほとんどをスウェーデンで過ごしているその人、
国籍はスウェーデンだという事。
つまり書類上はれっきとした「スウェーデン人」な訳。
子供の頃からスウェーデンで教育を受け大人になり、
今後もこの国で生きていく。
なんだけれど、自分の事は「スウェーデン人」ではなく、
「クルド人」と言っているのです。

自分が一体何人なのか?というのは、
育った国や、国籍を持つ国とはあまり関係なく、
その人自身が思う自分の民族的ルーツは何か、
による所が大きいのだと思いました。

またその人があくまでも自分を「クルド人」と呼ぶ理由として、
ヴァイキング系のスウェーデン人からの「よそ者扱い」な態度や、
宗教、伝統、文化、価値観の違いにより、
スウェーデンに共感、親近感を感じていないから、
などの理由もあるのかも?と思いました。
見ず知らずの人にそこまで聞くことはできなかったのですが・・・・・

私もその人の事は、国籍や育ちはどうであれ、
スウェーデン人ではなく「クルド人」として見ようと思いました。

スウェーデンとノルウェーの差

スカンジナビア半島を東西に分断した
東がスウェーデン、西がノルウェー。
一緒くたにされがちだけれども、私から見るとかなり違ってみえる。
パッと見でもすぐに分かる大きな違いは、
・一般的な家のグレード、
・自然の景観、天候、
・人の気質、といったところでしょうか?

車でスウェーデンからノルウェーに入ると、
一般的な家のグレードがいきなり高くなり、
(大きい、きれい、豪華な造り、お屋敷と呼びたいレベル)
さすが、石油で潤った金持ち国はレベルが違うわ~
と衝撃を受けました。
帰りにノルウェーからスウェーデン入りをすると、
立ち並ぶ家がいきなり貧相でボロくなり、
(小さい、古ぼけている、バルコニー無しか、有りでもしょぼい、
外壁が剥げて痛んでいる、屋根が汚い、納屋と呼びたいレベル)
なんだかこの差が切ない・・・・・
油田の有り無しでこんなに格差が出てしまうのね・・・・・

とにかくノルウェーでは、
オイルマネーの偉大な力に圧倒されました。
石油はやっぱり最強なのだ~!と実感。
お金の泉が後から後からじゃんじゃん湧いてくるって、
はぁ~、スゴイことなんですね~。
日本にはコレは無い。うらやましい限り。
国民約500万人の少ない人口で(※東京の人口は約1300万人)
大きなお金の泉の利益を山分けだから、
そりゃあ、一人あたりの分け前も相当大きいわね~。
ノルウェーはそういう面では本当ラッキーだわ。
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR