ヘイトクライム続出の英国

英国がEU離脱の発表後、急増したヘイトクライム。
参考記事はコチラコチラ

離脱派は、英国が問題だらけのEUから離脱する事になり、
これですぐに理想の国になるぞと期待していたのですが、
政府は早速、増税と社会保障の削減を発表。

自分たちで離脱の道を選んだのに、
なかなか理想通りとはいかないようだと気付き始め、
キレた者が憤りの八つ当たり先として選んだのが
移民の外国人たち。

トラムの中でアフリカへ帰れ!と言われビール瓶を投げられた黒人。
火炎瓶を放られたハラル肉屋。
ポーランド文化センターへの破壊行為。
ポーランド害虫はいらない、という紙を投函された
ポーランド人家庭の家々。
他にもイタリア人、ドイツ人などがこうした被害にあっていますが、
特にポーランド人は数が多いせいか大変な目に合っているらしい。

EU離脱決定後、100件以上の外国人差別の被害が報告されている。
国家警察の報告によると先月と比較し
こうしたヘイトクライムは57%増えたとの事。

私が思うに、
この外人嫌いの感情は突然ふって湧いたものでは無く、
「政治的に正しくないといけない」という社会的圧力により
今までは心の奥底に蓋をして閉じ込めておいたけれども、
EU離脱の結果をきっかけに、もう蓋を開けて表に出してもOKだと思い、
解禁してしまっただけの話だと思います。
「政治的に正しくないといけない」という圧力が強い国ほど、
社会が深刻に病んでいるのだという事が窺い知れます。
スウェーデンも圧力は異常なレベルで強いですよ。
メディアの隠ぺいとプロパガンダも愕然とするほど強烈ですしね・・・
スポンサーサイト

スウェーデンのニュース3本立て

久しぶりにスウェーデンのニュースでも書いてみようかしら。
「注」の所は私のコメントです。
まずは一本目、コチラ

スウェーデンの警察は日曜夜からの事件のせいで大忙し

ストックホルム郊外のテンスタ(Tensta)で30代男性が
銃で撃たれ死亡。他の男性も重傷。
注)テンスタはリンケビー同様、有名な移民街であり、
危険地域だというのが一般の認識。

マルメでは2名の人物がアパートの窓に向け
何度も銃を撃ったあと逃げ去ったのが目撃された。
注)マルメは南部の街で普通の住宅街もあるが、
事件が多く危険地域だと有名な大規模移民街がある。
Sydsvenskanというニュースを見ると大手新聞に掲載されない
マルメで起こった事件が色々と取り上げられている。

ヨーテボリでは計6台の車が各違った場所で
夜間に燃やされた。

この3つの街で起きた事件の容疑者は誰も逮捕されていない。

二本目はコチラ
イケアのチェスト(箪笥)がリコールに

Malmという型の箪笥が6名の子供の死亡により
北米にてリコールとなった。
いずれの箪笥も壁へ固定されていなかった。
注)日本でも販売されている商品なので、
事故の無いよう念のため気を付けて欲しいです。

そして三本目はコチラ
スウェーデン在住英国人のスウェーデン国籍申込み500%増

当地移民局によると129名の英国人が国籍変更の申請をした。
同様の申請は以前は週に約20名だったが、
BREXITの投票結果発表後、100以上の申請が来た。

英国人起業家のナジア・フサイン(注・パキスタン系?)は
投票結果にショックを受け、EU在住保持のため
スウェーデンの旅券を取得するつもりだという。
2015年の統計では19,782名のスウェーデン旅券無しの英国人が
スウェーデン在住だとされている。

最後にもう一本おまけ。コチラ

ヨンショーピンの難民施設で20代女性の死体が発見された。
25歳の男性が容疑者として逮捕された。
被害者女性は施設に住む職員だとされ、
容疑者男性も同施設に住んでいる者とされている。
現時点でそれ以上の情報は警察は伝える事は出来ないとの事。
いくつかのメディアによると、男女は交際関係があったらしい。
注)容疑者は難民だと思える内容。ムスリムの可能性大。
相変わらず民族背景は隠ぺいがスウェーデンの悪しき特徴。
隠しておけば誰がやったかなんてみんな気にしないハズ、という
そういう舐めたやり口が、真実を知りたい人々の不満を募らせ、
多くの一般住民より一犯罪者を優遇するのかと不愉快さを増大させるのに
気づいていないのでしょう。

イケ○の博物館が出来たらしい

家具雑貨店イケ○の博物館が
今月末スウェーデン南部の街に開館するそうです。(コチラコチラ参照)

・・・えっ
ネタなの・・・?
と一瞬目を疑ったのですが、本当らしいです。
やだっ、宣伝してあげちゃったわ・・・

でもって、ついでにイケ○ホテルまであったのか・・・
やだっ、またまた宣伝しちゃった・・・

う~ん。安物家具屋の博物館とは新しい発想。
これは創業者の権力誇示か道楽か、又は広告やブランディングなのか??
個人的には、節税の仕方が大変素晴らしいと評判ですので、
http://cruel.org/economist/ikea.html
http://cruel.org/economist/ikeacomment.html
イケ○流節税法の展示コーナーなんかがあって、
詳しい資料が展示されていたり、節税体験ゲームコーナーなどが
あったりするなら面白そうなので
博物館、ぜひ行ってみたいですね。(そんなものは無いらしい・・・)
国を跨いで関連会社がやり取りするうちに、
税金が相殺されて払わずに済む仕組みはイケ○がきっかけで
知りました。華麗な手品のようだと感動しました。

イケ○は日本だと何故か素敵なオサレ家具扱いみたいですが、
欧州地域だと、安さを追求する人のための家具、
ちゃちな作りのペラペラな家具と見られ、オサレイメージは無いです。
以前電球が必要でたまたま立ち寄ったら、
店内はどこもかしこもDQNがわっさわっさいて、
一刻も早く逃げ出したい心境になったのですが、
通路がややこしくてなかなか出口にたどり着けず、
なんてイラつかせる設計なのだとブーブー文句吐きました。
いっぱい歩かせて、疲れさせ、小腹をすかさせ、
出口にある軽食所でお茶してもらう戦略なのだろうけれど、
なんだか上手い事罠に嵌めようとしているのね!
などと無駄に反発心が湧き起こり、
絶対そこでは何も飲食しないと決意する私なのでした。
以前間違って食事をしてしまった際、
あまりのお粗末な質に自分が家畜になったかのような
侘しさを感じてしまったので、もう飲食したくない、
という気持ちもあるのですけれどもね。

スウェーデンで新築新品ピカピカ新生活を送るのは・・・

大型白物家電を家などに配達、搬入、設置するサービスの仕事を
スウェーデンでしている某EU人による話です。(若干怒り気味でした)

その人は難民が住む予定のアパート(日本だと鉄筋マンションに該当)に
電化製品を搬入する仕事をしたのですが、
本当にそこはピカピカ新築で、当たり前ですが床も傷一つない
ピッカピカの床、備え付け電化製品はどれもこれもピッカピカの新品、
そんな出来立ての素敵な新築アパートだったとのこと。
(スウェーデンのアパートでは基本、冷蔵庫、レンジ、IH調理器、オーブン、自動食器洗濯機が備え付けられたシステムキッチンです。)
なぜ彼らがあんな良い住宅に住むのかとその人は驚き呆れた口調で語ったのでした。

外壁は薄汚れ、古びて光沢の失せた床の中古アパートで、
以前の住人がさんざん使い古した中古電化製品を使い、
自腹で家賃やローンを払う生活を多くのスウェーデン人が送る中、
彼らの納税したお金で建てられた綺麗な住宅で、
新品ピカピカ生活を自腹を切る必要なく送れる
そんな優遇された人々が中にはいるんですね。
スウェーデン人たちはこういう事を知っているのかな・・・

なにがなんでもスウェーデンっ!
とギリシャや東欧、バルカン諸国には目もくれず
はるばると北の果ての国へと密入国を試みる人が
後を絶たないのもいたく納得がいく話です。

その結果、警察が立ち入るのも危険な無法地帯の街が
あちこちに出来上がってしまったのですが。
悪名高いストックホルム郊外の街リンケビーでは、
街の中心地区に地域と警察と救助隊への防犯対策として
警察により監視カメラが設置されました。(こちらの記事

日本はスウェーデンを失敗しちゃった国として反面教師にして、
絶対に同じ過ちをおかしてはいけないな~と
またしても強く実感してしまった、というお話でした。
(日本はまだぎりぎり間に合う地点だと思います。頑張れば回復できる!)

メディアのスウェーデン絶賛話は、
美しい言葉で創作された「おとぎ話」ですから!
お金稼ぎが目的で情報発信している人の語る
スウェーデン(及び欧州国)は素晴らしい~、それに引き替え
同様の事をしていない日本は世界の恥!笑いもの!悲惨~!的な話は
とってもうさんくさいわ。
鼻で笑って無視しちゃっていいレベルだとつくづく思うわ。
そんな都合の良いおとぎの国なんか存在していないのに。

スマホ中毒のスウェーデン人

スウェーデン人のスマホ中毒っぷりは酷い!
自転車こぎながら、両手はハンドルを握らずに
スマホを操作中の若い人があちこちに・・・・・
視線は前方ではなくスマホの画面にくぎ付け。
そしてイヤフォンまでしている。

前方から誰かが来たら大変危険なのですが、
スウェーデン人の感覚だと、
「人様の邪魔にならない様に気を付ける」よりも
「自分はこの道を通る権利がある」の方が
優先されるべき事だと信じているので、
すれ違う相手が気を付けて横に避ければ良いのだ。
もしぶつかって自分がケガをしたら、
それは避けなかった相手に非があるのだ。
ぐらいに考えているのだろう。

電車やバスに乗っても多くの人が(特に若い人)スマホに熱中。
駅や停留所でもスマホ画面釘付けの人がそこここに。
昔はこれって日本だけだと思っていたけれど大間違い
何年も遅れてスウェーデンはスマホ中毒者大量発生中。
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR