我が街の物乞いに思う事

我が街のスーパーや国営酒屋の入り口に「職業物乞い」が
常駐するようになってずいぶんと経ちました。(2年くらい?)
ある日店内から出ると、物乞いが荷物をまとめ
立ち去る場面に偶然出くわしました。
時刻は夕方5時50分頃でした。
ふと、どこへ行くのかな~と思い、一定距離を置きつつ
追跡してみよう、と思い立ちました。
すると、そこから徒歩10分程度の場所にあるスーパーへ向かい、
店の入り口に座っている別の物乞いと話しはじめました。
どうやらお仲間の様子。
それを見届けてから私はそこから去りましたが、
多分6時にお迎えの車が来て帰宅するのではないかと思いました。
以前他の人から、夕刻にそのスーパーから物乞いが車に乗り、
去って行ったという話を聞いたことがあったので。

物乞いたちはルーマニアやブルガリアから来たロマ(ジプシー)
だと言われています。
ロマの特徴として、彼らは学校に通ったり定職に就いたり、
法やルールに縛られる生活を嫌い、一般社会とは一線を引き、
自由気ままに独自のルールで生活を送るという伝統があります。
先進国の常識は通じません。

彼らは古ぼけたスーパーのビニール袋に入った荷物や、
寒い時期だと汚れた毛布などと共に店の入口前にボーっと座り、
時々「ヘイヘ~イ」とやる気なさげでニヤついた調子で
声をかけてくるくらいで、特に危ない事はしてこないです。
たまにスマホで音楽をけっこうな音量で流し音楽鑑賞したり、
何か食べながら座っている人もいます。
彼らがいつも座っている地べたは黒っぽくシミが付いていて、
プラスチックカップが置き去りになっていたりします。

自分は可哀そうな人なんですアピールをして同情を買えば、
労働せずに楽にお金が手に入る国がある、
という事を知っていてはるばるとやって来た職業物乞いには、
寄付をする気はおきません。

行政が何もせず放置しているのを不思議に思いましたが、
我が街には「物乞いは物乞いをする権利がある!」などと
物乞いに擁護的な人が行政に言ったため、
我が街の行政は物乞いを放置する事にしたらしいです。
言っている本人は「自分って人道的」と自己満足でしょうが、
そんな綺麗事を言っていると「スウェーデンは稼ぎやすいらしい」
と彼らの仲間内で評判になり、他の国のお仲間たちも
どんどんやってくるのでは、と思ってしまいます。

欧州裕福国の人々は貧国の人々のメンタリティを
なかなか想像できないように思います。
貧国生活経験のある人が、現地社会や人々の様子を伝え、
裕福国とは全然違う世界であることを説明しても、
なぜかその話を信じる事を頑なに拒否する人、
差別主義発言としてたしなめ、現実を直視しない人が多いと思います。
どうして証拠に基づいた現実を知る事を拒否し、
自分の理想と想像こそが現実だと盲目的に信じこむ事に
固執してしまうのか・・・
彼らは理想主義色が強すぎてあまり現実的に物事を考えられないのかな?
と思ってしまいます。
スポンサーサイト

夏が戻ってくる?

スーパーのレジの手前には大衆紙やガムが売られています。
なのでレジ待ちの時には新聞の見出しを眺めたりするのですが、
そこで目に留まった見出しが、
「夏が戻ってくる」でした。

夏なんて来ていないのに夏が戻って来るなんて変なの~、
と思いよく見てみると、
「気温は22℃に達するでしょう」
と書かれていました。

夏が戻ってくる・・・
気温は22℃に達する・・・
そ、それって22℃が夏ってコト・・・?!(だとしたらすごい冷夏だわ)
まあ最近は日中15℃程度だからそれよりは確かに温暖だけど・・・

超北部地帯国の超独特過ぎるずれまくった感覚と表現に
頭がクラクラしました。
つ、ついていけない感覚・・・
というより、全力でついていきたくない感覚ってかんじ?
スウェーデンの感覚って超ガラパゴス的過ぎだわ~

スウェーデンの8月

この国には「夏」という季節が無いと思ってしまう
スウェーデン生活です。
春とか梅雨とか秋の気候に、半日とか数時間くらい、
初夏みたいな時間が挟み込まれる事が時々あるだけ。
これでは季節という扱いは出来ないですね。
しかしスウェーデン人はこれを「夏」だと
思い込んでいるらしく、私は驚いてしまいます。
もしかしたら私も10年くらい住めば、感覚が鈍ってしまい、
これを夏だと思うようになるのかな・・・?

8月に入ってからほぼ毎日のように
数時間は雨が降り、秋風が冷たい日々です。

今朝の気温8℃、窓際のパネルヒーターと
浴室の床暖房がオンになってしまって暖かかったです。
(寒くなると勝手に暖房が入るのです)

本日晴れていたせいか、半袖の子供もいましたが、
大人は薄手のジャケット、コート、
お年寄りは薄手のダウンジャケットなどを着用していました。

8月といえば、夏真っ盛り、セミがうるさく鳴く季節。
であって欲しい所なのですが、
そんなものとは無縁の、夏らしい夏が無いスウェーデン生活、
サイアク・・・・・

やっぱり、ギリシャとかイタリアみたいな南欧の方の、
夏らしい夏が好きだわ。
夜になってようやく少し熱気が収まり、
星空の下、夜風に吹かれて歩いたり、
美味しい物をつまんだりするのが良いのです。

スウェーデンは夕方になると寒くて寒くて、
外で寛ぐなんて無理です。鳥肌立ってブルブル震えます。
屋外でフローズンマルガリータなんて飲んだ日には、唇真っ青、
風邪をひくか、お腹を壊しそうです。
むしろウォッカみたいなキツイお酒で温まる必要がある感じ。

すんごく人生損している気がする、スウェーデンの8月。
夏らしい夏の無い国がこんなにも味気ないだなんて、
日本にいたころは知らなかったわ・・・

日本の夏、花火大会、盆踊り、夏祭り、浴衣、海水浴、
セミの声、風鈴、かき氷・・・
とても情緒があって豊かな夏。
最近の酷暑はキツイかもしれませんが、
夏を五感で目いっぱい味わえ楽しめる環境がある、
という意味では恵まれていると思います。

スウェーデンとイギリスの報道の差

以前スウェーデン人がイギリスのニュースサイトに
スウェーデンで何が起こったか本当の事を知りたかったら、
イギリスのメディアを見なければならない、みたいなコメントを
投稿していた件をブログで書きましたが、
スウェーデン人がそうコメントしてしまうほどに
スウェーデンのメディアは偏りや隠ぺいが酷いのですが、
そのわかりやすい例を紹介。

ロンドンのラッセルスクエアにてアメリカ人観光客が、
ソマリア系ノルウェー人のザカリア・ブルハン(?)19歳男性に
ナイフで殺害され、他にも複数の負傷者が出たという
事件についての報道です。

イギリスの場合
犯人の名前、性別、年齢、国籍、民族的背景、
犯人の外見がわかるスケッチ、
が公表されている。
(参考サイトはコチラ

スウェーデンの場合
犯人の性別、年齢、国籍のみ公表。
(参考サイトはコチラ

イギリスメディアからは、事件の背景について
必要最低限の伝えるべき情報が提供されており、
人々は事件の実態ついて基本的な事を知り、社会現象を把握し
考える機会が与えられています。

一方、事件についての真実を知る権利が保障されていないのが
スウェーデンだという事になります。
なるべく事件が印象に残らず、人々が事件についてあまり考えないよう、
情報を削っているように見えます。

犯人を「ソマリア系ノルウェー人」と正確に伝えるのと、
「ソマリア系」の部分を省いて単に「ノルウェー人」
と伝えるのでは状況が違ってきます。
民族的背景を隠すことにより、事件の実態の把握が
十分には出来なくなるのですが、
そんな重要情報をあえて削って表現する所に、
スウェーデンの闇が透けて見えます。
スウェーデン発のニュースや情報を得た時には、
この国はこういった傾向が強いのだ、
という事を頭の片隅に置きつつ内容を受け取るよう
努める事が大事だと思います。

余談ですけれども、
スウェーデンの警察は、難民関連の事件には特別なコード番号をふり、
そのコード番号のついた事件は一般に公表されないよう
厳重に管理しているとの事。
こういう警察事情、メディア事情には政府が関わっている様に思うのですが、その辺は私ははっきりした証拠を見つけていないので断定は出来ないのですけれども。
いずれにせよニュースにならない隠された難民関連事件が多数あるという事になります。
このような形でスウェーデン社会は情報コントロールされているのです。

一年前の光景との変化

今週は長袖の羽織り物がないと鳥肌が立つような、
秋の様な日々です。
朝の気温は13℃。風が冷たいです。

去年のこの季節と今年とで、一番目についた違いは、
道行く人々の顔ぶれの変化でしょうか。
中東系の若い男性5人前後のグループが、
歩いていたり、自転車に乗っていたり、
たむろっているのをかなり多く見かけます。
去年から今年にかけて大量にやってきた特殊移民の
人々だと思います。

道で彼らとすれ違う事も時にあるわけですが、
そんな時はかなり緊張と恐怖を感じています。

彼らはこちらを、食い入るような目で見るんですよね。
それもお腹を空かした狼のような鋭い目つきで。
集団であれをされると、心臓がバクバクするくらい怖いです。
一人で歩いている若い男性からも、ジーッと凝視され、
怖くなり、目を合わせないようにして急いで離れました。

「あの毛色の違うイキモノは何だ?」といった感じで
私を見るスウェーデン人もいますが、
珍しいイキモノがいるから観察している、という空気が
彼らからは伝わってくるので、特に怖くはありません。
まあ、いかにも低レベルな層の男性グループに遭遇した時は、
怖いな、危ないから気を付けよう、と警戒しますが。

あとは、ルーマニアからの車をよく見かけます。
別の街のショッピングセンターに行った時の事ですが、
駐車場で隣に駐車している車がちょっと異様で目につきました。
後部座席には枕と布団が乱暴な感じで詰め込まれており、
思わず中を覗いてしまったら、空き缶がいくつもあり、
運転席はお尻の所だけ表面の布が擦り切れて中がむき出しでした。

変な車~と思いつつ顔を上げると、向かい側の車の中から、
険しい顔つきでこちらをジーッと睨むように見ている男性が・・・
極悪犯罪者か暴力団か、みたいな恐ろしい顔つきでした。
こわっ!と思い彼の車を見て、ルーマニアナンバーだと気づきました。
私の横の、覗きこんだ車も同じくルーマニアナンバーでした。
駐車場から出る時に、私を睨んだ男の車の後ろを通りましたが、
そこにはズラーッと、5台ほどルーマニアナンバーの車が並び、
車の外には坊主刈りで尋常でなく人相の悪い男たちがたむろい、
雑談をしていたのでした。とにかく雰囲気が怖すぎ・・・
いきなり銃を向けてきても少しもおかしくないといった感じで
緊張しました。
この時期バケーションで留守にする家が増えるので、
空き巣狙いで遠征してきたのか、はたまた物乞いの元締めか、
といった所ではないでしょうか。

テロのリスクも含め、去年よりも確実に、
スウェーデンは怖い所になってきたと感じます。
警戒心をより高め、油断しないように気を付けようと、
あらためて思います。
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR