移民たちからのこの国の医療へ対する評価

移民たちとの会話で、母国とこの国の医療制度の違いについての
話題が出た事がちょくちょくありました。
私が話を聞いたのは、イラン人、インド人、タイ人、ロシア人です。
なぜか全部否定的な意見ばかりでした。
共通する意見は、病院の数が少なく、しかも個人で連絡して診察予約を
出来ないのはおかしい、不便だ、というもの。
みな、自分の国では気軽に行ける診療所が色々あって、
行きたい所へ直接連絡し、すぐに予約が取れるとの事。
あとは、この国は医師の質が低い、という意見。

ある人は内臓の問題を抱えていて治療を受けたいと思っていました。
そしてこの国の病院へ行くと、医師から検査を受けるよう言われました。
検査を受けては「異常なし」別の検査を受けても「異常なし」。
そんな事が何度も続きました。
しかし医療知識のあるその人は、自分の病気についてもわかっており、
これ以上検査は必要ない事もわかっていて、その旨を医師に伝えましたが
聞いてもらえなかったそう。
そして検査後も医師は病気を発見する事が出来ず、
原因不明、特に問題ない、という結果を言い渡したとの事。
その人は大変驚き呆れて、治療のために母国へ数か月帰国して、
母国の病院で病気を治してからこの国へ戻ってきました。
この国の医師は何も分かっていない!と怒り気味でした。

別の人の話によると、この国の医師の給料はあまり良くないので、
優秀な医師はもっと給料の高い外国で職を探し、引っ越してしまうとの事。
なのでこの国に留まるこの国の医師の多くは、外国で職を得られる程の
高い能力を持たない残り物か、貧乏国から来た質の低い医師ばかりなので、
この国の医療の質は低いのだ、という事です。

別の人の話では、医師になるためにはかなりの勉強量と努力が必要だけど、
この国では勉強や努力をしたがらない若者が多い事、給料もさほど高くない
事から、医師を目指す者が少なくなってきている。
なので外国人医師を受け入れているが、彼らの質はあまり良くない、と言う話。

他には、子供が胃腸風邪になり病院へ行ったら中東系の医師が担当に。
でもスウェーデン語が酷すぎて何を言っているかわからなかった、との事。
(これは、その人のスウェーデン語もかなりブロークンなので、
お互いの語学力の低さが原因なのかも。)

まあみんな、好き勝手な事を言っているだけかもしれませんけれども

私も実はこの国の医療はあまり当てに出来ない、と不安に思っています。
人材不足やベッド不足のため放置されて症状が悪化する可能性もありだし。
ただ能力や気力には個人差があるから、適当な医師だけでなく、
やる気があり能力の高い医師もちゃんといるでしょうし、
そういう人に運よく当たれば・・・とか、ちゃんと医師や病院スタッフが
十分にいてベッドの空きがありますように・・・と、まるでくじ引きを引くような気持ちです。

アパ?

アパホテルの件が話題になっているのを知り、即座に思ったのが、
アパってこの国の言葉でサルっていう意味だわ?
おさるのホテルっていう意味になるかも~という事。
愛嬌があって、覚えやすいし面白い
でもまあ、北の果ての少数民族言語だし。どうでもいい事ね。

その後思い出したのが、以前学校でタイ人が「タイ人は猿食べるよ~。」
と言った事。
「タイ人は何でも食べちゃうよ!蛇もカエルも、犬も猫も食べるよ~!」
と、ふふ~ん、すごいでしょ?!みたいな感じで言っていたので、
私とソマリア人はエーッ!と驚き面白くてゲラゲラ笑っちゃったのでした。
ソマリア人はラクダの肉を食べるって言っていたわ。ミルクも飲むらしい。

そして、あら?そんな本があったのね。正しい歴史を知る事は大事だわ。
と話題の本を読みたくなりました

娘の幼稚園に悩む親

ドイツ在住ドイツ人の話です。
1歳にもならない娘がいるのですが、すでに幼稚園の事で
悩んでいるという事でした。
どんな悩みかと言うと、
娘には自分と同様にドイツ的、クリスチャン的な価値観を身に付けて
欲しいのでそういう事が学べる環境の幼稚園に入れたい。
でも公立幼稚園は移民が多くて、ドイツ的でもクリスチャン的でも
ない環境。
私立ならば多文化的ではないので理想的な環境なのだけど、
料金が一月で1000ユーロぐらいするので、それは経済的にキツイ、との事。
もう悩みのレベルが深刻過ぎるわ・・・
日本だとインターナショナルスクールとかが、おしゃれ~な感じで
捉えられていて、わざわざ子供を通わせる親もいるみたいだけれど、
国内の異国教育を、かっこい~国際的~とかって、
まるでおしゃれなファッションみたいに捉えられる日本は
ほんと平和で恵まれていると思うわ。
これは日本では日本文化がまだまだ健在で撲滅の危機にさらされて
いないからこその現象よね。(撲滅を試みる人は多少いるみたいだけど?)
ドイツみたいにドイツらしさがどんどん異国文化に押されて後戻りできず、
破壊されつつある事が明らかになのに傍観するしかない状況になると、
呑気に、カッコいい~、国際的~とか言ってる場合じゃなくなるわけ。

その話を聞いて、え!今からそんな悩み?かわいそう・・・
と思うと同時に、私ドイツ人じゃなくて良かった、なんて心の奥でつい思っちゃったわ・・・
日本の幼稚園で日本人の子供が日本の文化を学べない、
日本的な価値観を身に付けられない、どうしよう~!なんて思う
悪夢のような状況に向かってはいけないわ!とゾッとしつつ思いました。
反面教師、反面教師
ドイツ大先生からは大事な事をしっかりと学び取らないといけないですね。
もちろんスウェーデン大先生からもね。
発砲事件がちょくちょくあるノーゴーゾーンとか勘弁だし

16才の少年、銃で撃たれ亡くなる

スウェーデン南部、修羅の巷マルメのローセンゴード地区にて、
16才の少年アフメド君がバス停の後ろの芝生で
銃で撃たれいるのが発見された。
救急車で病院へ運ばれたが彼の命は助からなかった。
という事件が先週木曜の夜に起きました。
(記事はコチラ

この地区ではさほど珍しくないありがちな発砲事件。
なのだけど・・・・・
この事件では被害者の名前と顔写真が出ており、
7才の時にイラクから来た事まで書かれています。
そして父親の名前と写真だけでなくインタビューまでもあります。
また、少年が通っていた学校の校長やクラスメイトの
写真と悲しみの言葉まで載っています。
彼は親切で楽しい少年で、将来は医者になりたかった事、
ギャングとは縁が無い事も伝えられていました。

金曜夜のTVニュースでも取り上げられており、
住民たちへのインタビューもありました。
そのうちの一人はどうやら移民統合支援をする組織の人のようで、
彼が言うには「戦争国から来る人々には助けと支援が必要なんだ。
それなのに彼らはそれを聞こうとしないんだ。
だから残念だけどこういう事件が起こる。」といった事を言っていました。
その中で気になったのは「彼ら」という言葉。
誰を指しているのか・・・、この国の政府???

他の事件では被害者はこんな扱いはされず「xx才の少年」「20代の男」
みたいな感じで写真も名前も民族背景も明かされない事が多いのに、
こんなに特別扱いなのは何故なのかしら・・・
犠牲者が未成年だから???
ギャングじゃないから?行いが良いムスリム少年だから?
かなり不思議な感じがしました。

その後も続々と関連記事が更新されており、大きな扱いとなっています。
容疑者はまだ見つかっていません。

外国人が投票したいのはどの政党?

社会主義度の強い国が多い欧州地域においても、
ココの国は群を抜いてその度合いが強烈で、
共産主義的な面さえチラチラと見え隠れする、
赤の聖地、と呼ぶのがふさわしいと思ってしまうような国です。

そんな国ではもちろん外国人参政権があります。
今のところは地方選のみです。

2014年に選挙がありました。(地方、国政共に)
そのころ学校でも選挙の話題が出たので、
隣の席の若いアフガン男性に、
「どこの党がいいの?私良くわからないのよね~。」
と話しかけると彼は、
「社会労働党(S)だよ、社会労働党はすごく良い党なんだ。」
「みーんな、みーんな、あの党は良いって言っているよ!」
とキッパリ即答。
「そうなの?でも何で社会労働党が良い党なの?」と私が聞くと、
「あの党は外国人に優しい党だからだよ。」
「他は外国人に優しくないからダメだ。」
「スウェーデン民主党(SD)は差別主義だから最悪。」
とのこと。

・・・そ、そういう基準なのね・・・・・
彼は外国人だから投票先を選ぶにあたり「外国人に優しいかどうか」
が最重要項目となるのもわかるけれど・・・
ここはスウェーデンよね?
先祖代々スウェーデン人が守ってきた、スウェーデン人の作り上げた国。
そんな国には「外国人に優しい党が一番良い党だ。」と言う
投票権のある外国人や外国系ルーツの人が増え続けています。
自分の国ではないから私がその件で口を挟もうとは思わないけれど、
ほんとにそれでいいの?
と何だかモヤモヤした気持ちになります。

移民系の住民が9割近いと見られているリンケビーや似たような地域の
投票結果を見ると、9割以上が社会労働党に投票しています。
全国の平均支持率は35%程度なので、移民の多い地区はやはり支持率が
かなり高いことが分かります。
外国背景の投票者が増える=社会労働党への投票率が上がる
となる訳だから、かの党がそこへ目を付けて、支持者確保のために
移民に甘い政策をしたり移民受け入れ促進をするのは当然でしょう。
でもそれが国にとって本当に良い事なのかな~とやはり思ってしまいます。

(※この国で移民という言葉が使われる時はたいてい米国人とかドイツ人ではなく、主に難民背景の人、ムスリム、中東・アフリカ系の人の事を暗に指しています。額面通りの意味として捉えると誤った解釈に繋がります。)
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR