いろんな移民がいるけれど・・・

なぜかちょっと思い出した話です。
ある時学校の教室でクルド系シリア人が熱っぽい調子で
「マイノリティの権利がどーのこーの。」
「人種差別がどーのこーの。」ともっともらしい事を語っていました。
それをうっとりとした表情で見つめ、満足げに頷きつつ聞く先生。
そんな中私は、この国の移民界においてはムスリム移民、しかも
クルド系は多数派だけどねー、などと思いながら聞いていたのでした。
あくまでも私の経験と印象なのだけれど、
クルド系(特にトルコとシリア)は私の知るムスリムの中で
一番傲慢に見えました。
自分が!自分が!精神が激しくて、授業中は先生の話を遮ってまで
延々と発言し続けたり。(内容は授業に全然関係ない家族の事とかね)
一人3分程度のスピーチをする授業では制限時間を無視して
20分以上も語り続けたり、(何も言わない先生もアレだけど)
常に自分自分!な態度で、目立つが勝ち!みたいな意識が強かったです。
あと、対抗意識も強くて、常に自分が勝ち!自分が上!といった
態度も目立ち、大した事ないのに、私は頭がいい!私は美しい!みたいな
激しく自信過剰なアピールも。
ねえこれ見て、とスマホのアルバムを見せてくれたのだけれど、
そこには自分の顔のアップが延々と何十枚も。
そして、これはキレイ、これはまぁまぁ、とか解説してくれたのでした。
基本的に排他的でクルド同士で固まりがち。
少数派が~と言いつつ、少数派のアフリカ人の事なんか
無視して挨拶もしていなかったですね。
その他の特徴として、みんな先生への媚売りがあからさまで、
ほめたり甘えたり、貢ぎ物したり、と一番すごかったです。
思うに彼らは、選民意識が強い、損得勘定が非常に発達していてシビア、
利用出来そうなものはガッツリ食いついて離さず、とことん利用する、
自分が一番すごい!一番目立ったものが勝ち!自分自分!一番一番!
さぁみんな自分に注目ーーー!!自分を優先させるべしーーー!!
という感じで移民の中で一番ずうずうしいタイプ。
でもこの国で移民としてやっていくには、それくらいの自信過剰な厚かましさと、激しい媚売りテクニックを持っている方がいいのかもしれないわ?
・・・やだっ、自宅から一歩出たら口が裂けても言えない事を
つい自由にのびのびと書いちゃったわ大丈夫かしら?
この国では一歩でも外へ出たら、赤い仮面を素早くシャッと被り、
難民さんかわいそうねー、みんなで助け合いましょう。多様性万歳。
とか言わないと完全抹殺される社会だから気を付けてるの。おそろしいわ。
(この言論弾圧っぷり、ここはシリアか北朝鮮かって感じ?)
スポンサーサイト

ネットで犯罪生中継した事件

首都ストックホルム近郊の町ウプサラにあるアパートの一室にて
3人のアフガン男性(18, 20, 24) がスウェーデン女性(30) をレイプし、
その映像を3時間に渡りfbにて生中継したとして逮捕された。
女性は薬物などで意識をもうろうとさせられていた様子。
関連ニュースはネットで色々見られます。 1.2.3.

言葉も出ない程ひどすぎる事件です
非ムスリムは人に非ず、女は物扱いという価値観であろうから
仕方がないと思うしかないのでしょうか・・・
先進国の人は、自分が常識だと信じている事は
限られた一部の国の人々にしか通用しないものだと
認識する必要があると思います。
綺麗事はもうやめて現実的になって欲しいけれど、
もっともっと多くの犠牲者が出ないと気づかないのかしら?
まだ目をつぶるつもりなのかしら?
国境が無くなれば平等になるとか差別が無くなるとかいう
おとぎ話って本当に虚しい。
そして多様性は社会を豊かにする事もあるでしょうが、
組み合わせやバランスを考えないと大変な事になると思います。
とにかく・・・
犠牲になった女性の傷が少しでも癒えて元気になれますように・・・

医療に関するTVニュースを見て

1/27 19:30 のTVニュース(svt1)
もともとは肺がんの生存率についてのニュースでしたが、
後半で夫を肺がんで亡くした女性が登場しました。
夫が喉に酷い痛みがあり病院へ行った所、
麻酔ジェル(痛み止めとして)を持って帰って来たとの事。
妻はのどの痛みに麻酔ジェルだなんて聞いたことないし
変だなと思ったそう。
夫がジェルを持ち帰ったのが1月のこと。
事が起こったのは6月だった。6月下旬までペニシリン投与。
7月にCTスキャンをし、9x5cmの腫瘍が発見された。
そして9月に手術をする予定が決まった。
しかしその日程は(手術の?)1日前に調整された。
なぜならば遅すぎたからだ。(もう手遅れという意味?)
腫瘍が発見されて1年後の7月、男性は亡くなった。(当時60才)

妻は病院の対応を、ひどくプロ意識に欠ける対応だと感じている。
もっと早くに夫のレントゲンを撮る事もできただろうに、
もっと早くに腫瘍を発見することも可能だっただろうに、
そして手術を受けられば夫は治ったかもしれないのに、
と彼女は言う。
(語学力も翻訳力もお粗末なのでわかりくくてすみません!)

このように治療が受けられず亡くなる人のニュースは時々あります。
整体師さんがご自身のブログにて、この国は日本の様に必要以上に
レントゲン撮影をしないし、お金のかからない合理的な医療で、
日本よりきちんと患者の幸福を考えている、と述べ、
すなわち大変優れている、と受け取れる感想を持たれたようでしたが、
こういう例は彼からすると無駄に検査や手術を安易にせず、
お金をかけない合理的な医療なので、患者の幸福を考えている
良い医療の例となるのかな、とふと思いました。
肺がんは再発率や転移率が高く、治療が困難になる事もあるらしく、
結果お金も手間も時間もかかる治療になるともいえるので、
あえて手術などせず病気を進行させる、という事も
合理的な一つの選択肢かと思いますが、患者やその家族はそれで
納得がいくかどうかはわかりません。
ニュースに登場した女性は、レントゲンをすぐに撮らなかった
病院の対応をプロ意識に欠ける、と強い不満を感じたようなので、
疑わしい時点で早めに詳しく検査してすぐに手術をしてもらう事が
彼女の希望で、そうする事が彼女にとっては幸福だったのだと思います。
難しい専門知識を持たない不安な病人やその家族にとっては、
数値や画像でバシッと検査結果が出ていると理解しやすく安心すると思うのですが・・・

計算力と注意力

スーパーで食品を買う時に、商品価格とキロ当たりの価格を
目が勝手にチェックするという習性を持つ私ですが、
すると、これおかしいわ?という表示をちょくちょく発見するのよね。
この間は、プチトマト、1パック250gの価格25kr、キロ当たり価格25kr。
という表示があって、じーっと見ちゃったわ。
一体どのような計算をしたらこうなるのかしら?って・・・
スーパーの広告でも、同様の間違い表示がたまにあるのよね。

こういう数字って深く考えずにザーッと流し読みするだけで、
変な所はアレ?って感じで引っかかるものだと思うけれど、
この国の人は気にならないのかしら・・・・・
ひと月に何度も発見してしまうと、いくらなんでも多すぎでは?
と思ってしまいます。

数日前には、レシート上の価格が表示価格より1kr高いのを
発見してしまい、間違いはしっかりと指摘して返金してもらったけれど、
簡単な事で小さい間違いが多いのって、詰めが甘くて大きな間違いを
起こす可能性も高いという意味だと思うからどんな事でも気が抜けないわ。
本当色んなことが当てにならないから要注意よ

外国人のお金は国外流出しやすい

とある移民(中東系)の多い町で、去年ウエスタンユニオン(WU)が2件開業しました。
WUといえば海外送金業者で、母国に送金する出稼ぎ外国人御用達の
サービスです。
手数料が銀行より低く、送金が銀行経由ではないため受取人は口座を
持っていなくてもお金を受け取れるという事で便利なのでしょう。

2015年夏からの大量難民希望者の流入とこの件が関係あるような
気がしてしまうのですが・・・
生活保護費として受け取ったお金を貯めこみ母国へ送金とか、
密入国手配で稼いだお金を他国へ送金とか、
合法な仕事で稼いだお金を他国へ送金とか・・・

いずれにしても、海外送金業者が増えることは国外へ出て行くお金が
増えるという事でしょうし、この国にとっては良い事ではないです。

そういう私も、この国での消費は出来るだけ抑えて、
衣料品、生活用品、電化製品、その他いろいろな物を
なるべくこの国の外から購入する生活を積極的に送っておりますが・・・
EU国のオンラインショップから買う方がたとえ送料込みでも
同一商品がこの国で買うより何割も安いのだからしょうがないわよね。
EU国からだと関税とか無いし、数日で配達されるから本当便利なの。
英国にはその点で(特に日本食材購入で)お世話になっているので
EU脱退されると困るのよね

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR