妙な地図が拡散中

国境なき医師団から「寄付のお願い」の手紙が来て、
封筒の中には手紙と振込用紙と世界地図が入っていました。
地図を広げ何気なく日本付近を確認したら、日本海の所が・・・
「東の海、または日本海」というおかしな表記になっていました。
または日本海」じゃなくて、あれは日本海以外の何物でもないのですが
どこかの人々がごく内輪だけで、どこかを本来の地名では無い別名で
呼ぶのは自由かもしれないけれど、こんな形で地図に別名を記載して
配布するのはおかしな政治的行為だと思うわ。
そんなことしたらロシアが「いや、あれは南の海だ。」とか
台湾が「いや、あれは北の海だ。」とか
米国が「いや、あれは西の海だ。」とか言いだしたらどうするの?
「北の海または南の海または東の海または西の海または日本海」
っていう表記にするのかしら?
東南アジアって日本から見ると南西だから、南西アジアって呼ぶべき?
言い出したらきりがないから世界で地名を統一して秩序を保つ事にしたんじゃないかしら???

どこかがクリミアを奪ったり、どこかが尖閣諸島を奪おうとしたり、
ここのところ世界のあちこちで戦争勃発中だけれど、
この地図の件もその類だと言っていいと思うわ~。
日本と名のつくものは奪い滅ぼし乗っ取ってやるという挑戦的な態度に見えますね。迷惑な挑戦。

あの団体、素晴らしい事していると思っていたのにな・・・
さすがラジー賞でもあるノーベル平和賞を取っているだけあって
ちょっとアレなの?
地図はこの国だけのオリジナルなのか世界共通で発行なのか知らないけど
とりあえず、この団体には一切寄付などしない事を決定したわ。
あ~あ、ここも汚染されているのかしらね?残念だわ。
人助けを頑張っている医師には応援の気持ちをいっぱい送りたいけれど、
運営局には応援の気持ちもお金も送る気は全くナシ。
国連もアレだし、ユネスコもアレだし、アムネスティもアレだし・・・・・
どうしてこんなに汚染が広まってしまったのかしら・・・

map
スポンサーサイト

受け入れるのは人だけではない

本日のTVニュースから
ボーレンゲという町にはムスリムが6千人程住んでいて、
彼らは、この町にモスクが欲しい!と言っております。
現在は建物の一室を使っているけれど狭いのだそうです。
中に入れない人が外でカーペットを敷いてお祈りしていました。

・・・・・
ムスリム移民を受け入れるという事は、
モスクも受け入れるという事。

難民さん歓迎~、ようこそ~、とやっておいて、
お祈りしちゃいけません、とか、
ここは中東じゃないからモスクはダメ、
という訳にはいかないものね?
その内この国にはモスクが次々と建てられるのだろうな~。しかも税金で。

ムスリムが増えれば、モスクも増える。
移民受け入れとは、そういう所まで考えてないとダメなのです。
この国はそこまで考えていなかったように見えます。

言っちゃったわね?禁句中の禁句を・・・

日曜日、良い天気だったのでちょっと遠くの森へ出かけました。
歩く事は過酷な地での生活における健康対策にもなるしね
すると、夕方帰宅途中の車の中でつけていたラジオから、
トランプのあのスピーチが流れてきて・・・
あーっ!この国で一番言っちゃいけないとされている不都合な事実を!!!
躊躇なく言っちゃってるわーーーーー!!!!!きゃーーー!!!
って感じで驚き笑いし、目が点になりつつ聞きました。

あの・・・
この国の大使だの政治家だのが何を言おうが、
大量難民の影響で我が街は難民施設が出来て
治安悪化、雰囲気悪化となりました
マルメはバキュンバキュンが絶えませんし、
ドラッグの問題もありますし、
リンケビーはノーゴーゾーンですし
(ところが別のラジオでは「ノーゴーゾーン(ヤバイ地域)と言われている場所って、実際のところは、ゴーゴーゾーン(ごく普通地域)という感じの場所ですね。」みたいな内容を話していて凍りついたわ

たまたまあの日は大事件が無かっただけで、
他に日には色んな事が起こっていますから・・・
そんなの今更隠せないでしょうにね?
この国がトランプに抗議できるのは「あの日には大事件は無かった。」
という事ぐらいじゃないかしらね~。

トランプは「テロがあった」とは言っていなかったはずだけれど、
コチラのニュースでは「トランプは起こってもいないこの国のテロについて述べた」などと書かれています。
フェイクニュースなのかしら?

2010年に首都で自爆テロがあったし、
現在は、いつどこでパリやベルリンで起こったようなテロがこの国でも
起こるかわからない状況で、私はテロは身近な問題として捉えているのだけれども。

トランプに対し「一体彼は何を吸っていたのだろうね?」とつぶやいた
この国の元首相のカール・ビルト
つまり、「あいつクスリでもやってラリッてるのか?フッ・・・」
みたいなおちょくっている風の返しをしたのだけれど、
随分とダサいと思ったわ。
くっそー!一番指摘されたくない事をズバリ指摘しやがってー!!!
と悔しくてたまらず、ついあんな余裕のない返しをしちゃったように見えてしまうのです。

この国は何をさておき「作られた美しいイメージ」を保つことに
一生懸命だし、その美しいイメージと現実が一致していると思いたい&
傍からもそう思われたい願望が強いから、隠したい本当の事をずばっと指摘されるとまずいのよね。
臭い物には蓋で、見てみぬふりがお約束なのだろうけれど、
そんなのが通用するのは国内だけ。
国外では考え方が違うし、フタするのは無理があると思います。
もうすでに、この国は移民政策で国の破壊が進んでいる国として
世界で名が知られつつある状態だというのに・・・
今後はそういった意味でこの国に要注目って感じですわね。
この国の政府が治安悪化の事実(問題はこれだけじゃないけど)を
もっと深刻に捉え、国を建て直す事に目を向けるようになれば良いなとは思うのだけれども・・・

インフレと住宅建設と人口増

この国のインフレ率は1.7%とのこと。
住宅ローンの金利も少しずつ上昇中。
100年住宅ローンで金利のみ支払いの人は今後大丈夫かしら。
まあ上昇も1年で0.3%あるかないかだしなんとかなるかも。
定期預金の金利も数年前には3か月金利3%以上の定期もあったのに
あれよあれよと思っていたらほとんどの定期が現在金利0%の状態。

ここ1年くらいのニュースで、政府が経済は好調であるとか、
それは難民の大量流入と関連が強いという意見を出していたり、
不動産不足で価格が急上昇だとか、
記録的な数字の住居建築施行だとかいうのを見ていると、
なんだかバブルなノリを感じます
2016年の住居建設は前年度の34%増とのことです。
特に集合住宅の建設が急上昇。
こちらの線グラフが見やすいです。

集合住宅は主に収入が低い人向けで、これが多い地域は
貧国からの移民が多く住んでおり、治安悪化する可能性が高くなり、
リンケビーなどのゲットーが出来る元となると言えるので、
私はなんだか怖く感じます。

こちらでこの国の色んな統計(英語)が見られるので、お試しを
この国の人口(住民登録をして今後1年以上住む資格がある人)が
1月20日に1千万人を超えたという事も書かれています。→こちら
2004年に9百万人に達し、当時の男女比は50.5%:49.5%。
2015年3月にそれが逆転し男性の比率が高くなりました。
1千万人の内、82%がこの国生まれ、18%が海外生まれとのことです。
(・・・ってことは、この国の移民背景者が3割超えてもさほど不思議じゃないわ

警察からの内部告発

スウェーデンのスノーデン?と言ったらかなり大げさだけど、
勇気ある内部告発をした警察勤務の男性。
彼はもうすぐ定年だという事で、クビになるのを覚悟して
真実を伝えようとしたのです。
詳細はコチラとかコチラ

その内容は、彼の管轄する町の犯罪者の民族性に関して。
犯罪者のほとんどは中東アフリカ系の人々で、たまにこの国の人。
そして約半数は不明国人。身元が確認できない人々。
不法滞在だったり、身元詐称だったりする人々です。
長年続くこのような状況に、うんざりしていたようです。

この国の犯罪者の、国籍、人種、民族的背景、名前、写真等の、
民族性に関わる情報はきっちりと隠ぺいされていて、
外国のメディアを確認する方が詳しい事がわかる、
という事は以前もブログで書いたけれど、
警察勤務の人間の中には、そういった体制を心苦しく思い、
事実を国民に知らせたいと思っている人もちゃんといるのですね。
内部告発した彼は、事実を公表できず、世間を騙している
ような罪悪感やストレスを長年感じていたのだと思います。

私も日本におけるこの国の情報が、現実味のない
美化されまくりで盛りまくりのおとぎ話ばかりである事に気づき、
日本の皆がそれを信じている事に衝撃を受け、
みんな騙されてる!実際はそうじゃないの!と強く思い
メディアが取り上げない内容をブログで書くことにしました。
真実を知らされず、作られた虚像を信じている人を見る事は、
心が痛みます。

この国は隠し事が多い。(どこもか?!)
表向き、清く正しく美しくなキラキライメージを保つため、
臭いものには蓋。
蓋を開けようとした者は、問題児扱い。
裏でこっそりと、しっぽをつかみにくい制裁が加えられる。

内部の情報を暴露する事は規則違反として問題でしょうが、
それよりもこのニュースは、暴露内容が民族背景について
触れている事の方をより問題視しています。
人種差別的な態度なのだそうです。
彼は「移民は犯罪者である」と決めつけているのではなく、
犯罪者の多くが移民背景を持つ者と身元不明の者だという事を
述べているのですが。
こういうふざけたマネ(犯罪者の民族背景に触れる)をする奴は、
とんでもない目にあうぞ!というみせしめとして
吊し上げられるのかしら・・・?

犯罪者の民族的な情報を世間に知らせる事が大問題となるとは
そのような情報は国民が知る権利があるのが当然だと言えるのに。
この国の情報規制がいかに歪んでいるのか、窺い知れると思います。
異常なレベルだと思います。
前からこっそり思っていたのだけれど、この国って色んな面がどこか中国と似ている・・・
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR