8才の少女、公園で暴力を振るわれる

金曜の午後6~7時頃に、ソレフテオという町の公園にて一人で遊んでいた
8才の少女が、バイクに乗った少年4~5人(14~16才と思われる)から
暴行を受けた。
「俺たちはおまえを殺してやる。」という暴言もあったという。
午後7時頃、帰宅しない娘を心配し母親が探しに出た所、少女は怯えて
建物の陰に隠れており、母親を見つけた際、大声で泣いたとの事。
頬と足にぶたれた形跡があり、鼻血が出ており、病院で手当てを受けた。
警察は目撃者情報を求めている。
(参照はアレハンダアフトンブラデットフリアティーデル


午後7時頃というと、薄暗い様子を思い浮かべるかもしれないけれど
こちらだとまだまだ昼間のように明るいです
晴れていると太陽が眩しく青空が広がっていて、あまり夕方という
気配はありません。ソレフテオの日没は現在午後9時頃です。
ただし多くの店は午後6時には閉店するし、7時頃だと夕食の時間帯
でもあるし、外も寒くなって来るしで、ひと気は少ないかと思われます。
だから少女を外で一人で遊ばせるのは不注意だとも思いますが・・・

警察は目撃者情報が欲しいのであれば、容疑者の特徴を
バイクに乗った少年、だけでなくもっと詳しく公表したらどうかと
思うのだけれど、外見的特徴を公表する事はこの国ではタブーらしくて、
たいてい性別、年齢ぐらいの情報しか教えてくれないのよね。

体型、髪型、服装、人種などの情報があれば、容疑者を特定しやすく、
情報も集まりやすいんじゃないのかな~?
外見の特徴が不明だと、例え容疑者を見かけたとしても、すぐにそうだとは
気づきにくいし、住民たちにとって危険度が高まるんじゃないかしら。
まあ、もしかしたら地元では口コミで「こういう感じの人よ!」という
容疑者情報が住民間で広まっているのかもしれないけれどね
でもっ!別の地域に住んでいる私も、一応安全対策としてそういった情報は
知りたいんですけど~!!!

犯罪者の傾向が不明(なんとなく想像つくけども?)という不安もあるけれど、
情報を教えないという鉄の掟が存在するらしき、この国の体制もなかなか
怖いものがあるんですけど?!
何かがおかしい~~。なんか安心できないっ

あの8才の少女、暴力&暴言がトラウマになっていないかしら?!
早く元気になって安心して外で遊べるようになりますように
スポンサーサイト

最近の我が街を見て思う事いろいろ

いつもは通らない道を通ったら、新たにコンビニ位のサイズの
中東食品店とタイマッサージ店が出来ていました!
それから、以前はタイ食品店だった店がタイマッサージ店に
変わっていました。

やばいわ・・・
まずいわ・・・

私の中では、中東食品店、タイマッサージ、ケバブ&ピザ店、
集合住宅、スプレーの落書き、海外向け送金屋、
こういったものが多ければ多い程、ガラが悪い町、スラム化が進む町、
不法移民が潜む町、等ではないかという事になっているのだけれど、
我が街は最初の5種類全てが増加中で
どんどんとそっちの方向へ向かっているわ・・・
ここ1~2年くらいで急激に変化してきていると感じるし、
なんか嫌な予感~

夕方以降、外を歩いている人はあまりいないのだけれど、
外に出ると、見かける人の半数ぐらいがアフガンらしき
20代と見られる男性。
数人の集団になり、たむろったり、歩いていたり。

これまでも、視界に入れるのが苦痛になるような
この国人DQNを散々見かけて、げんなりしていたのだけれど、
それプラス、別の種類の警戒対象が出没するようになって、
我が街も年々と息苦しくなってきたわ~。
生きにくい社会~、息苦しい~(やだっ、どこかで見かけた表現だわ?!)

不安がむくむく湧いてくるのだけれど・・・
想像を超える速さでリンケビー化していくんじゃないかって
私はまだ帰る国があるからいいけど、
この国人は逃げられないからかわいそう。
でも、自らが選んだ道を進んでいるのだから、かわいそうって思うのは
余計なお世話なのかも?
ただ、私が知っているこの国人は、難民はお金目当てなんだって
不満を漏らしていたし、聞いた話では、
子供の通っている幼稚園が移民の子が多くて問題だとか、
娘が幼稚園にいる間に性的被害にあわないか不安っていう人の話も。

以前私の目の前で、他国の欧州白人が、
「クリスチャンの移民は問題無いけれど、そうではない移民は問題だ。」
と言った事があり、その時は、この人はなんて視野が狭いのだろう、
非クリスチャンの私の前でそんな事を言うなんて、なんて無礼な人なのだろう、と呆気にとられたのだけれど、
その人が日常で接する移民はクリスチャンかムスリムの二種類ばかりで、
海外旅行もそれらの人々の国にしか行った事がない人だったので、
そういう狭い世界についての感想だったのかな~、私の事は視野に
入っていなかったのかな~、と今思い出してそんな気もしてきました。
(本気でクリスチャン以外は人に非ず、って思っている人かもだけど
不思議な事に、私も徐々にその人の様な感想を持つようになってきたし。
というかは、ムスリム以外の移民は特に問題無いようだ(※今のところは)、と言う方が近いかも。
全部を一緒くたにするのは雑な事だけれど、いつどこで危険な目にあうか
わからない場合は対象全員に対して警戒するのは、自然な自己防衛の心理
だと思うし、理解不足とか視野が狭いという事にはならないと思います。

今日本でも埼玉の蕨にクルド系が固まり住む地域があるようだけど、
このままだと年々人数が増えて、クルド系友の会、みたいな事務所が出来、
もっと権利を与えろとか言ってきそうな気がするわ。
彼らは日本の隣国系並みに侵略欲、侵略力は強いと思うし、その上、
表面的に人当たりが良く、自分たちは可哀そうな人々なんです、
と同情心を買うのも得意技。私には相当打算的で、結束力が強い反面
仲間以外には非情、欲が強く、戦闘気質で態度が強靭な民族に
見えるのよね。
情緒的で同情的で心理戦に慣れていない平和精神の日本人は、彼らに配慮
し過ぎたり、コロッと簡単に騙されて、良いように操られてしまうのではないかと思います。
そんな環境に彼らが味を占めると、彼らの強力なネットワークでもって、
「日本人はチョロイ。すぐに同情して味方になるから扱いやすい。」
という評判が世界中に広がり、あの手この手で知り合いを日本へ招いて、
さらに彼らの勢力を拡大して、日本にたかっていこう、社会のイスラム化を
進めていこう、とするのではないかと思います。
この国での彼らの振る舞いを見て、そんな想像が出来ます。
(日本にたかる、という目的で隣国系と利害が一致して手を組むなんて
事にならなきゃいいのだけれど。もうなっていたりして。)
優しくて同情的で他人を信じやすい日本人には気を付けて欲しいけど・・・
でも、日本人には、他国に移り住みその地を支配しようという欲がある他民族の事なんて想像できないだろうし、きっと日本に移住したい外国人は
日本と日本人が好きで、日本的な生活がしたいのだろう、と自分に都合良く
夢の様な非現実的な事を思い込んでいるように見えて心配になってしまう。

貧国の人々が裕福先進国に移住したら、わぁ~すごいと現地人を尊敬
したり憧れて、お手本にし同レベルになれるよう努力する、積極的に
現地人と仲良くし受け入れてもらおうと頑張る、なんて事はほとんど
ありません。(コネやビザや金品が欲しい等、下心がある場合は別。)
利用できる所を探してとことん利用する、習慣や価値観が違う場合は、
相手側がおかしい、自分が正しい、と考え、表面上は妥協的な態度でも、
なるべく自分のやり方を守り通したいと考える。そんなものだと思います。
「移民という存在は、基本的に移住国に馴染まないものである」
「移住国が大好きで同化する移民は非常に稀であり、例外的存在と
いえる」とみなし、対応する事が現実的なのではないかしら?
この国に引っ越してきて以来、我が街の移民達と関わったり、彼らの態度を
見てきて、そんな風に考えるようになりました。

小学校でアラビア語が現代国語の授業となる

この国、どうなってるの・・・
どんどん変な方向へ行っている気がするのだけれども。
こんなニュースがありました。
自治体が小学校にアラビア語の授業を提供

Bjuvという町の小学校で、この秋からアラビア語の授業が
現代国語として提供される事が決定しました。
その目的とは、移民生徒が良い成績を取れる機会を増やすためです。
自治体の母国語課の責任者は、これはとても興味深い事となるでしょう。
生徒たちの受け止め方を知る事にワクワクします。と語る。
自治体では母国語の授業を受けている生徒350人のうち
約120人がアラビア語を学んでいます。


スウェーデン語が不得意な移民系生徒のために、
彼らの母国語を現国の授業として組み込み、彼らの成績を
良い成績へと押し上げるための試み・・・?
こうすれば統計上では、移民系生徒の成績は現地人と
大差ありません♪という風に見せかける事が出来るし、
移民統合は成功しています♪って堂々と言いやすくなるし、
自治体としては都合が良いのかもしれませんが・・・

この授業が必須なのか選択制なのか不明だけれど、
この国人生徒にとっては何のプラスにもならない気がするわ?
大変よね。移民が増えるのって。
外国人への配慮をするあまりに、現地人が犠牲を強いられて、
損失を被っているようにしか見えないもの。
我が街も、外を歩くとアラビア語やソマリア語や分からない言語が
飛び交っております。

このニュースもこの国では不都合な事実?

8月9日(水)午後二時頃、
スペイン南部アンダルシアのビーチにて、人々が海水浴を楽しむ中、
大量のアフリカ人を乗せたゴムボートが浜辺に到着。
状況が飲み込めない海水浴客の人々をよそ目に次から次へと
ボートから降り、蜘蛛の子を散らすようにビーチを走って逃げだした、
というニュース。

動画はコチラ

https://www.youtube.com/watch?v=DpgbOUKAcSg

この件は米国、英国、ドイツのニュースサイトでは動画や画像付きで
報道されていますが、スウェーデンでは報道されていません。

先日のドイツNGO船が密入国支援の疑いでイタリア警察から
調査を受けた件もこの国では報道されなかった・・・

この国のメディアの異常性に恐ろしさを感じてしまうわ
この手のニュースは都合が悪いから国民には内緒、という事
なのかしら。

スウェーデンと北朝鮮ってどんな仲なのかしら?

7月9日、ストックホルムで日スウェーデン首脳会談がありました。
安倍首相はこの国の首相ロベーンと会談し、国連安全保障理事会にて
北朝鮮への新たな制裁決議の採択を目指している事を説明し、緊密に
連携していくことで一致した。
対北朝鮮で連携=日スウェーデン首脳(時事ドットコムニュース)

ということでしたが、
8月4日、制裁決議の草案を見たスウェーデン国連大使カール・スカウは、
「制裁するだけじゃ問題は解決しない。」
「もっとクリエイティブな外交が緊急に必要だ。」
「長期的な問題解決は、対話と交渉を通してのみ達成可能だ。」
とコメント。

While supportive of new U.N. action, Security Council member Sweden said sanctions alone could not solve the problem.

"More creative diplomacy is urgently needed. A long-term solution can only be achieved through dialogue and negotiations," said Sweden's Deputy U.N. Ambassador Carl Skau. (ロイターより)

本人のツイッターにもその意見が。
対話と交渉を~ by カール・スカウ
クリエイティブな外交と、対話と交渉を~ by スウェーデン国連
対話と政治的解決を~ by ヤン・エリクソン(元国連副事務総長、スウェーデン外相)

実はあまり制裁に乗り気では無いのかしら~
対話、対話って、こちら側があちらに歩み寄りの姿勢を見せる事が大事、
みたいな言い方するな~と思ってしまったけど。
北朝鮮フレンドリーさが、じわ~っとにじみ出るような意見・・・
対話と交渉が全然意味ナシだから、もう制裁を厳しくするしかないのかと
思ったけれど違うのかな?対話したら大人しくなるの?
この国は北朝鮮への制裁が本当はイヤなのかしら?って、ちょっと引っかかってしまったニュース。
だとしたら、とても赤っぽくてこの国らしい!とも思うけれど
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR