幸せって?インドとスウェーデンと

インドのバラナシ、濁ったガンジス川、
インドの研究者も科学的な検査の結果汚い水だと判定した、
死者の灰やゴミが流れ、人々の洗濯場やトイレでもあるその川の水につかり
身体を洗ったり、水を飲んだりして、「自分の魂が清められている。」と信じ
幸せを感じている人々がインドには大勢います。
共感は出来ないけれど、その現実に対し、
「そういう人もいる。」「そういう環境もある。」とただ思うだけです。

インドの何千万人の人が、「こうすると魂が清められて幸せになるよ」と言ったところで、
日本人の多くは、「じゃあ私も幸せ生活のためにガンジス川につかって川の水を飲もう
なんて思わないでしょうし、水を飲んでも幸せを感じないはず。
それよりむしろ、伝染病になったり高熱出して苦しむだけだった、なんて事に
インド人がガンジス川で幸せを感じられるのは、そこでお浄めする事が幸せだ、と心から思い込む、
その思い込みの力によるところが大きいのでは?

スウェーデン人の言う、「幸福感」やら、「幸せな生活」とやらも、
インド人のガンジス川での魂のお浄めと同じような物。

彼らにとっては、本当に幸せを感じられる環境なのかもしれないけれど、
それ以外の人にとっては、必ずしもそうとは言えない。
同じ事をしたって、同じ気持ちになるとは限らない。

スウェーデンではこういう事をして、みんな幸せになっています!幸福度が高いのです!
さあ、あなたもスウェーデン流を信じて、スウェーデン流にならえば、幸せになれますよ・・・・・
といった内容の情報が、ヒンドゥー教ならぬスウェーデン幸福教(?)の信者たちにより
あちこちで広く布教されているようですが、人々はやはり「幸せ」というキーワードに弱いのか、
幸せを呼ぶツボや仏像を購入するかのごとく、「スウェーデン流幸福論」に食いついていますね。

そんな人々には、ガンジス川で幸せを感じているインドの人々の姿を見るなり想像するなりして、
よく考え直してみて欲しいなと思います
そうそうそれと、子どもの頃、チルチルとミチルの「青い鳥」の本、読まなかったかしら?
バラナシやガンジス川の雰囲気は下記の旅行記ブログなどで見るといいかと思います。
普通に画像検索すると、結構グロテスクな写真が出てきてショックを受ける可能性があるので要注意です。
ウェブ検索でも激しめな内容の物がたくさん出てくるので、苦手な方はご注意を。

ずっと眺めていても飽きない!ガンジス川の1日まとめ
ナン易度高めなインド旅行2013 ~夜明けのガンジス川、夜のニューデリーリベンジ編~
初めてのインド~ガンジス川で見たカオスな世界
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR