スウェーデン人のIS(イスラム国)隊員2名が、イラクにて死亡

フランスをはじめ、ヨーロッパの色んな国の国民が、
IS隊員としてシリアなどに渡り戦闘に参加していますが、
スウェーデン人も参加しています。

ただし、彼らの名前や民族的バックグラウンドはヨーロッパ系ではなく、
みんなアラブ系(イスラム系)ばかりです。
彼らはヨーロッパの国の国籍を取得しているので、
フランス人が・・・とかスウェーデン人が・・・という風に
ニュースでは書かれています。

ですから、
「へぇ~、ヨーロッパの人もISに参加しているんだ!」
と白人系の人を想像するのは間違いで、
実際はヨーロッパの国の国籍を持つアラブ系(イスラム系)の人達です。

スウェーデンにおいては、2012年夏以来、約130名もの人がスウェーデンからシリアやイラクへ行き、
ISを含むテログループに参加して亡くなっているそう。

さて、タイトルにもある、イラクで死亡したスウェーデン人ですが、
ソマリア人(イスラム系)のバックグラウンドを持ち、スウェーデン国籍を持つ、スウェーデン人でした。

新聞では、Svensksomaliskaと書かれ、 Somalisksvenskaではないのがちょっと変な感じでした。
Svensksomaliskaだとスウェーデン系ソマリア人(スウェーデン人の先祖・ルーツを持ち、ソマリア国に属する人)
という意味に受け取れてしまうので。
なんでこういう語順なのかしらね?

タイトルの記事はスウェーデンの新聞Aftonbladetに掲載されています。
SVTも一緒にどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR