自由と平等の国

我が国は自由と平等の国と自己申告している国や、
そういうイメージを保とうとする国に限って、
実態はそのイメージとはかけ離れていて、
一体どういうコト?という感じよね。

欧州、北米地域には、そういうイメージを打ち出している国が存在していますが、
そういう所では大抵、イメージとは随分と違う事が、日常的に、
しかしこっそりと、なるべく目立たぬように行われていて、
ああ、自由と平等というイメージは、単に見栄と宣伝のためだったのか、
ということに遅かれ早かれ気づかされます。
そして、自由と平等のイメージからかけ離れた事実が
ひょんな事から人目に触れる所へ出ると、
一応、これは好ましくない事だ、問題だ、というポーズは取るけれど、
表向きだけ繕って、実は内面は何も変わっていない、
という事は、同様なコトが何度も繰り返し起こることから
よくわかります。

だけどなぜか、「自由と平等」っていう素敵な宣伝文句に
人々は弱いものなのね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR