ヨーロッパ上陸を目指す難民

ヨーロッパ上陸を目指す難民はどうやってやってくるのか?
だいたい以下のような流れでやってきます。

・密入国斡旋業者にお金を払う(5000ユーロ~)
・斡旋業者の用意した船や車で出発。
・まずはギリシャ、イタリア、スペインなどに密入国。
・滞在許可、国籍が取得しやすい、待遇が良い、などの理由で北を目指す。
・ドイツやスウェーデンが人気がある。
・難民として滞在許可を得て生活が始まる。
・働かなくても生活費がもらえる。
・学校も病院もあれもこれもタダな生活に味を占める。
・故郷の家族親族知り合いに、生活ぶりを伝える。
・国籍を取る。
・故郷の家族を呼び寄せる。
・みんな羨ましがり、来たがる。
・密入国を企む人が急増。
・密入国斡旋業者、仕事が忙しくなる。
・とても儲かる。
・密入国斡旋業のさらなる事業拡大。
・密入国者、ますます増える。
・・・・・
こんな事が毎日繰り返されて、船でやって来る難民の数は膨れ上がって行き、
今やイタリア付近では、毎日のように約3000人もの密入国者が、
発見されていると言われています。

アフガニスタン人に、「なんで他の欧州国じゃなくて
スウェーデンに来ることにしたの?」と聞いた所、
「みんな(スウェーデンに住んでいるアフガニスタン人)が、
スウェーデンは良い!と言っているから。」と教えてくれました。
彼らの間ではスウェーデンの待遇の良さ(都合の良さ?)が噂となってる様子。
だからスウェーデンには難民がとても多いかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR