やさしいスウェーデン語の本

図書館や本屋へ行くと、移民向けであろう、
簡単なスウェーデン語で書かれた本ばかりが
置かれたコーナーがあります。
学校でも生徒達にそれらの本を読むことを勧めていました。

ある日図書館にて、どんな本があるのかと表紙を見たり、
タイトルや裏表紙に書かれたあらすじを読んでいたところ、
そのコーナーは、なんとも信じがたい不思議な品揃えであることに
気が付きました。

表紙に描かれたイラストは、血みどろとか、ナイフを持った人とか、
悲しい泣き顔とか、幽霊とか、なぜだか暗くて陰湿な雰囲気漂う
おどろおどろしいものばかり。
内容も、暴力とか、殺人とか、狂気ものとか、
戦争とか、孤独な移民ストーリーとか、
どれもこれも暗い話ばかり。
スウェーデン人の内面の闇を感じ取ってしまい、怖くなったわ。
私こんな国に引っ越して来ちゃったんだわ・・・。なんか無理かも・・・。
と、ものすごく違和感を感じたものです。
一緒に本を選んでいたクラスメイトも、
何これっ!変な本ばっかり!
友情とか恋愛とか家族ものなんかの楽しい本が読みたいのに、
暗いのばっかり!何で!
と言って、ショックを受けていました。

よくよく探してみると、数は少ないものの、
おどろおどろしい話じゃない物も中にはあり、
とりあえず、10代のスウェーデン男子が主人公の
青春ストーリーっぽい本を借りてみました。
しかし読み進めていくと、またまた、えっ?と思う事が。
その男子が、壁に張ったグラビアポスターを見て妄想するシーン、
自分のアレを握ってアレしたらアレが出た、なんていうシーン(露骨な表現で)。
なんでこんな内容の本を、スウェーデン語初心者向けに出版するのか
意味がわかりません・・・・・

やっぱりスウェーデン人は相当ずれている。
そんな印象を持った、スウェーデン生活まだまだな私でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR