一瞬だけスウェーデン社会に同化

ある日買い物に出かけた時のコト。
ブラブラと道を歩いていた時に、突如捨てたいゴミが出たのです。
しかし周囲を見渡してもあいにくゴミ箱が見当たりません。
で、そこでちょっとしたフザケ心が出てしまい、
そのゴミを、多くのスウェーデン人たちが普通にやっているように、
路上の建造物の一部に置き去りにしてしまいました。
そして、
「私たち、まるでスウェーデン人みたい!」
「スウェーデン社会にちゃんと同化している~。すごい!」
「スウェーデンの同化政策が上手く機能している証拠!」
「どんどん自分のスウェーデン人化が進んでいってる~。」
などと冗談を飛ばしあっておりました。

確かにこういった行動はスウェーデン人化の現れとも言えるのですが、
なんだか後味がよろしくない・・・・・
やっぱりゴミはゴミ箱に捨てるか、見当たらないなら自分で持っている方が
自然な行動だと思うし、しっくりとくるなと感じました。
ここスウェーデンでは、皆普通にゴミを路上に捨てている・・・と
一瞬でも朱に交わって赤くなり、ゴミを置き去りにした事を激しく後悔。
日本にいたら絶対にこんな事しないハズなのにね・・・・・

そんな私には、やっぱりスウェーデンに同化するのは
まだまだ遠い日のコトとなりそう。
というか、上記のゴミの件もそうだけれど、それ以外にも色々と・・・・・
特に同化しなくても良いとさえ思えてしまう。いや、どちらかというとしない方が良いというか・・・
だってわざわざ自分を引き下げてまで合わせる必要ないし?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR