イケアの事件、その後の情報

事件から2日経ちました。
現在スウェーデンではトップニュースとなり、
あちこちの新聞社がこぞって事件の詳細を
次々と更新し伝えています。

犯人や犯行についての詳細が
徐々に明らかになってきました。
主犯は、スウェーデンに二度にわたり難民申請をしましたが、
居住許可は下りず、即時国外退去し、イタリア(彼が入国許可を得ている国)へ行くようにと、移民局から言い渡されていた、
35歳のエリトリア人男性。
なお23歳の共犯男性は悪質性は低いとみられています。
事件当日、主犯の男は面接の為ヴェステロースの移民局を訪れました。
その後イケアに行き、事件を起こしました。
被害者は55歳のスウェーデン人の母親と、彼女の27歳の息子。
もう一人の息子に会いに北部からはるばるやって来て、
たまたまイケアで買い物中に被害にあいました。

やっぱりというか難民が関連していました・・・・・
闇の密入国業者に大金を払いやっとのことでたどり着いたスウェーデン。
これでいたれりつくせりのバラ色生活が始まる!
と夢を見たのもつかの間、居住許可が下りず、
スウェーデンから出て行かなくてはいけなくなり、
怒りやショックや絶望などの感情が爆発し、
スウェーデンの代名詞イケアにて、
スウェーデン人をナイフで刺し、
その後自分の胸をナイフで刺してしまうという、
やけっぱち、八つ当たり的な犯行だったのではないかと思います。

なんだか胸騒ぎ。
スウェーデンが彼に居住許可を与えていれば
こんな事件は起きなかった。
だからスウェーデンはもっと難民を受け入れよう!
と声を荒げる派と、
大量の難民がやってくるせいで、
スウェーデン人が危険な目に合っている。
だからスウェーデンは難民受け入れを制限しよう!
と声を荒げる派が、
ここぞとばかりに出てきそう。
ますます軋轢が酷くなってしまうのかしら。

参考記事
http://www.aftonbladet.se/nyheter/article21246001.ab
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR