スウェーデン人のオジサンにイチャモンつけられた

スーパーの駐車場に自転車を止めていたら
スウェーデン語で話しかけてきた感じ悪そうなオジサンがいたのですが
関わりたくなかったので「わかりません。」とスウェーデン語が全くわからないフリをしたら、今度は英語で、
「なぜ自転車に乗る時にヘルメットを被らないのだ?」と聞いてきました。
「え?みんな被ってないわよね?」と答えると、
厳めしい顔になり「それはいけない事だ!とっても危ない。ヘルメット着用は法で定められているのだ!」
と強い怒り口調でからんできたので、
「そうなの?じゃあほとんどのスウェーデン人は法に従っていないって事ですよね? わ~それってホント良くない事ですよね~、
危ないですね~。じゃ」とさらっと会話を終わらせ
華麗にスーパーの店内へと姿を消しました。
パッと見で我が街のヘルメット着用の成人は0,1%未満。
ヘルメット着用しているのは、サイクリングウェアでバッチリ身を固めた、
スポーツとしてサイクリングをしている本格派サイクリストか、子供くらいなものです。

さて買い物を終えて駐車場へ戻ると先ほどのオジサンが
私の自転車横の柵に座って私をお待ちかね???な様子。
私の姿を見るやいなや、また話しかけてきました。
「スウェーデンに住んでいるのにスウェーデン語も話せないのか?」と渋い顔と嫌味っぽい口調。
面倒くさいオジサンだな~と思いつつ、
「ええ。スウェーデン人の友人もいませんし」と優しく微笑み
爽やか口調で口から出まかせ言ってはぐらかす私。
「なんでいないんだ?」とさらにしつこいオジサン。
さすがに変人相手もうざくなり、
「それはね、どうやらスウェーデン人は外国人が好きじゃないみたいだからですよ~?
と笑顔で優しく言ってみると、
オジサンいきなり無言に・・・・・
あら?「そんな事ないよ?大きな誤解だよ?」とかの否定はしないのね?と思いつつ、
「どうやらスウェーデン人ってあまりフレンドリーな方々ではないようですね?とっても残念だわ~」と付け加え
「じゃ、良い一日を~」と明るく元気に言い、笑顔でさっさとその場を去りましたとさ。

こういう場面に出くわすのは、必ず一人で外出した時なのです。
誰かと一緒にいると、それが男性だろうが女性だろうが、
どの人種や年齢だろうが、今の所はそういう事はないですね。

私が思うに、こういうオジサンは、
普段から外国人に少なからず嫌悪感を抱いていて、
なんかそのムシャクシャ感をぶつけてみたく、
とりあえず目の前に現れた、おとなしく無害そうなアジア系女性の私に、
ヘルメットの事にかこつけて、
イチャモンつけてみた、といったところなのかな?という感じがしました。
我が街のDQNなオジサンのお話でした

※ちなみに、成人が自転車に乗る際のヘルメット着用は法的な義務ではありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR