No Border, No Nation

No Border, No Nation
これはスロベニアでの、大量の難民の違法入国に反対する集会の
参加者の一人が掲げていたボードに書かれていた言葉。
ハンガリーが国境警備を強化するにつれて、
今後さらにスロベニア経由でドイツを目指す人が増えるのでしょう。

それにしても、欧州地域はとうとうこんな言葉を掲げないと
いけないような状況になってしまったのね?
と現実に起こっている事なのになんだか信じ難い気持ちになり、
ぼーっと他人事のようにその写真を眺めてしまいました。

新聞、ニュース、街頭などで、
難民歓迎!というメッセージが発せられていますが、
どうしてもこれが、市民を洗脳するための手段としか
見えてこないのです。

ドイツのメルケル首相も歓迎とかって言っていたっけ・・・・・
欧州全体なのですが特にドイツは過去のナチス政権のトラウマで、
ナチスと呼ばれることに人一倍神経質になってしまって
無理に寛容にしているように思えてしまいます。
ドイツ南部の保守政党は、そんなドイツの保守政党に納得いかず、
ハンガリーの方に賛同で、同じドイツの保守同士が仲間割れかと
囁かれています。
ここ一週間ほど毎日1万人前後がドイツにやって来る中で、
ついに日曜夜7時から国境を一時封鎖する事にしたらしいですが。

外出先にてメトロという新聞で、スウェーデンは難民予算を増額、
という見出しを見かけ、ネットで関連記事を探してみたところ
色々ありました。
難民は住みたい街を自分で選んで住むとか、
難民を引き取った市は難民1人当たり今より50%増額した予算
(一人当たり83,100krから125,000krへ増額)
を支給などという来年度の予算案が提案中らしいです。
そのお金の出所は???
きっと、収入が平均&平均以上の人限定で所得税アップで決まり
という事になるのでしょうね
それを平等社会だと言い張る人々の気がしれないわ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR