バスのシステムの違い

以前ヨーテボリに行った時の事、ある場所から街の中心へ向かうバスへ乗ったのですが、
いつも地元でしているのと同じように、運転手さんにクレジットカードを渡して運賃を支払おうと思ったら、
運転席では支払いを受け付けておらず、後ろの機械で支払うようにと言われました。
しかし機械のカードリーダーみたいな所にクレジットカードを当ててみても、うんともすんともいわない機械。
ボタンを押しても特に反応も無し。
スウェーデン語で何か書かれていたけれど意味もよくわからず。
どうみても機械の使い方がわからず戸惑っているのは明らかなのですが、混雑した車内から
使い方についてのアドバイスの声などは全くなく無関心状態でした。
とりあえず同行者と一緒にあーでもないこーでもないと話しながらいろいろ試したけれど機械の反応がなく
どうしたことかと諦めかけたときに、近くに座っていたおばあちゃんがついに声をかけてくれました。
私がいちいち、何これ?こうするんじゃないの~?あれ?違うみたいね~、などとずっと
しゃべってたのがうるさかったのかも?
そこで初めてそのカードリーダーはプリペイドチケットを読み取る物でクレジットカード用ではない事、
運賃の支払いは売店で前もって購入したプリペイドチケットでの支払いしか受け付けていない事などを
教えてもらいました。
おばあちゃんはバスの常連さんで運転手さんとも顔見知りとの事で、運転手さんに私たちが
このシステムを知らずにバスに乗ってしまった事を伝えてくれて、特別にチケットなしで
バスに乗せてもらえるように話をしてくれました。
その後、無賃乗客チェックの係員がバスに乗り込んできて乗客がチケットを持っているか
ひとりひとりチェックし始めました。
チケットを持っていない私たちは一体どうなるのか?罰金か?と思ったけれど、
そこはおばあちゃんが話をしてくれて、罰金は免れました。おばあちゃんありがとう!
スウェーデンのおばあちゃんはこの方のようなハキハキした明るく元気な方とムッツリ感じ悪い方とに
割とはっきり分かれているように思います。
それにしても、ヨーテボリのバスの料金支払いのシステムはとても不便なシステムですね。
プリペイドチケットしか受け付けないのであれば、すべてのバス停留所にチケット売り場を
設けるくらいにしてもらいたいです。
私の住んでいる所では、支払いは運転席でクレジットカード支払いのみで
現金は受け付けていません。現金がだめなのは不便ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR