スウェーデン内のムスリムもきっちりグループ分け

SFIと呼ばれるアラブ系難民やその家族の大群(地域により差がある)と一緒に
初級スウェーデン語やアラブ文化や貧困国等について
学ぶ(我が街の場合)学校があり、
私もそこで難民まみれになり
スウェーデン語やアラブ文化等を授業で学びました。
最初私の中ではムスリムはムスリム同志という事で、
みな仲間意識が強いのではと思っていましたが、
しばらく経つと微妙にグループ分けされているらしい事に気づきました。
やはり、シーア派とスンニ派は距離を置いていたし、
クルド系はクルド系グループを作っていたし、
中東系ムスリムとアフリカ系ムスリムの間にも距離があったり、
中東系の人の中にはアフリカ人を見下す反面、
白人には満面の笑顔ですり寄ってゴマする人もいたり、
スンニ派の人からコソコソと
「あの人とは絶対話しちゃダメよ!私あの人嫌いだから。」
とシーア派の人のことを指して言われたり、
コラーンの教えについてスンニ派とシーア派の人で、
それは違う、そうじゃない、とお互いかなり激しく
言い合いになったこともあったりしました。
問題を起こしてスウェーデンから追い出されてはたまらないという事で、
大問題になるほど派手にぶつかりあう事はありませんでしたが、
内面は穏やかではないようでした。

私思うのですが、
企業や大学院などにいるムスリムの人々は特殊な人種だと思います。
彼らは面接などを経て、選抜された特殊な人種であり、
上澄みのようなもので一般的ではありません。
そういう姿しかしらない人には、
SFIなどの選抜されていないゴッタ煮状態の場所にいる
ムスリムの生態は全く想像できないと思います。
想像を超えるありえない言動行動、
もっと多くの人が知っていた方がいいのではと思うのですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR