ドイツのプールでセクハラ事件が

ドイツの公共スイミングプールで、男性難民申請者が女性に
セクハラをしたとの事で、プール側へ女性6名から苦情が入り、
18歳以上の男性難民申請者は
そこのプール施設へ立ち入り禁止になったそう。
当局職員がプール施設付近の難民施設3か所へ出向き、
立ち入り禁止の旨とプールでのマナーについて
説明を行ったとの事。(aftonbladetより)

どんなセクハラ(痴漢行為?)がされたのか分からないけれど、
もしスウェーデンでこの手の事件が起こった場合は、
スウェーデンの新聞、TVは、
加害者がアラブ系だとか難民申請者だという背景は隠ぺいして
単に「男性」とぼかして報道するでしょうね。
スウェーデンメディアの左翼具合も相当にヒドイので

ドイツではサウナが人気ありますが、
基本的にどこも混浴。
男女ともにすっぽんぽんで一緒にサウナを楽しみます。
また、FKKと呼ばれるヌーディストビーチもあっちこっちにあり、
男女がすっぽんぽんで河原とか芝生に寝転がったり寛いだりします。
ドイツ人は屋外で素っ裸になるのは開放的で健康的で
気持ちがいい事だと思っているらしく、
素っ裸に抵抗が低くて、さほど特別視しないからこそ
こういう事が平和的に行われているのですね。
同じ価値観を共有できる人々で構成されたコミュニティだからこそ
成り立った慣習だと思います。

プール施設で何件も痴漢行為が起こるだなんて、
素っ裸になるサウナやFKKは大丈夫なのかな?と気になります。
ドイツの人たちは、これまで普通にしてきた
ライフスタイルや慣習に対して
色々と微調整が必要となりますね。
煩わしいかもしれませんが、もう遅いというか、
もう以前のような社会には戻れないと思うのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR