睡眠障害の季節

スウェーデンでは長かった暗黒期を抜け出し、
今度は「無駄に明るい季節」が始まります。
暗黒期よりはいいのですが、これはこれで少々難あり。
現在の日の出から日の入りまでの時間の変化は、
ストックホルムだと一週間で約40分長くなります。
東京だと一週間で約15分長くなります。
倍以上のスピードで日が長くなるのですから、
心身へ与える影響も随分と大きなものとなります。

特に3月は暗黒期から明るい時期への変化が大変大きく、
あれ?少し前まで朝8時頃まで暗かったのにもう明るい!
と毎日起床するたび日々の変化を感じました。
急激な変化に体がついていけず、朝4時に目が覚めたり、
日中は睡眠不足で頭痛がしたり眠気でぼーっとしたり、
疲れやすい日々が続いたり、と時差ボケ状態で結構大変でした。
4月に入り、3月の「暗→明」の急激な変化期は過ぎて、
「明→過度な明」の時期に入り、やや心身への負担は軽くなりましたが、
やっぱり変化のスピードは緩やかな方が過ごしやすいです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR