テロと無縁ではなくなった欧州地域

大使館からのテロ注意喚起メールや、
日頃のニュースなどを見ていると、
いつの間にか欧州地域はテロと無関係でいられない地域に
なってしまったのだな、としみじみ感じます。
そんなの以前からだよ?と思う人もいるかもしれませんが、
私にとっては、今まではそんな事は感じなかったけれど、
昨年11月のパリのテロ後から特にそう思うようになりました。
この夏、欧州ビーチリゾートでのテロ計画が企てられている、
というニュースもありました。
内容は素人的意訳で。

Jihadists 'planning beach massacre using bombs under sunbeds'
http://www.telegraph.co.uk/news/2016/04/19/islamic-state-planning-beach-massacre-using-bombs-under-sunbeds/
過激派ムスリムたちは「チュニジア式の観光客虐殺」
を計画しているとドイツの新聞が報じている。
ジハーディストが軽食やお土産などの売り子となり、
リゾートに紛れ込む計画である。
フランス、イタリア、ドイツのリゾートにて、
爆弾ベルト着用者がいたり、ビーチのサンベッドの下に
爆弾を仕込んだりされることが考えられる。
イタリアの内務大臣はこの報告を否定している。
南フランスやコスタ・デル・ソル(スペイン)がメインターゲット
であるとして考えられている。
これは新たな種類のテロだ、ビーチリゾートを
危険から守るのは困難だ、とドイツ治安当局。
容疑者はセネガルを拠点とするボコ・ハラムの信奉者だと
みられている。
彼らはアフリカと欧州間を頻繁に仕事で行き来しているため、
欧州のリゾートで売り子を装い紛れ込むことが可能である。
「彼らはイタリア、フランス、スペインのビーチを攻撃したい。
彼らはイタリアとセネガル間を頻繁に行き来する
ラディカル思想の売り子をテロ実行者として使うつもりだ。」
とセネガルの警察署長は語る。
去年は30人の英国人を含む38人が、チュニジアのビーチリゾートにて
テロリストにより射殺された。


南欧のビーチリゾート地は、ホテルが建ち並び、
家族連れや若者グループが国内外から大勢集まり、
朝から休暇を楽しむ人々で賑わっています。
テロをするにはうってつけなのかも・・・・・
まさか欧州地域で、安心してビーチリゾートに行けないかも?
という心配をする日が来るとは想像もしませんでした。
確実に、どんどん悪化している欧州の状況。
移民、難民受け入れは、度が過ぎるとこうなるのだ、
と胸の奥にジワジワ恐怖心が広がっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

名無しの権兵衛様
スウェーデンの新聞やTVでは移民の暴動や犯罪は、報道規制のせいなのかほぼ報道されないのですが、外国では色々報道されていますね。
病原菌の件は下手すると命に係わりますから怖いです。男性医師を拒否する女性も、まぁ産婦人科だとかは理解できますが、外科や耳鼻科もダメなのでしょうかね・・。学校では女性教師のいう事は聞きたくないというムスリム男子生徒もいると聞きますし、言葉の問題からクラス全体の学力レベルが下がったりと、何かと一般市民が犠牲を払う事が多すぎですね。
多文化共生は、移民の種類と数により、状況が違ってくると思うのですが、異教徒に従う事を良しとしない、自分の宗教第一の結束の固い人々が大量に来たのが、まずかったという気がします。欧州系VSイスラム系の戦争はこの調子が続けばありえるでしょうね。すでに小さな(?)諍いはあっちこっちで起こっていますし。

No title

先日、ベルリンで難民に偽装して潜り込んだアルバニア人の窃盗団と警察が銃撃戦を展開したそうです。
検索してみると性犯罪もかなり起きていて、オーストリアでは自衛のために銃を購入する人が急増し、200万丁くらいで回っているらしいです。

これは、ギリシャのレスボス島の難民施設で起きた暴動です。
https://www.youtube.com/watch?v=xu6vnCOtwZk
これはギリシャとマケドニアの国境。
http://pamelageller.com/2016/04/watch-more-muslim-migrant-violent-rioting-stone-police-tear-down-greek-border-fence.html/
どうして暴れたり、破壊しようとするのでしょう?こういう言い方はよくないのかもしれませんが、「程度が低いから」としか言い方が思いつかないのです。彼らが国内に入れば何かを引き金に暴動を起こすのは目に見えています。

ドイツの移民問題の教訓――宗教の違い、病気、誰が費用を払うのか
http://www.newstandard.jp.net/news/politics/struggle-with-the-problem-brought-by-refugees-in-german/1135
先日見つけた記事です。詳細はお読み頂くとして、移民や難民がドイツでは撲滅したか、稀にしかない病原菌を持ちこんだために現場の医療関係者が大変な苦闘を強いられていることや移民達が施設の中で宗教の違いから喧嘩や殺傷事件を起こしていることや施設がテロリストの勧誘場所になっているというものです。

多文化共生など主張する人達は文化や宗教の違いを食事や着るものが違う程度にしか考えていませんが、実際は想像を絶するほどの価値観や常の断絶が存在することを見落としています。
移民や難民をいれると様々な深刻な問題が発生し、ツケを払うのは一般の国民であるということを認識すべきです。
私は、以前に他の西洋諸国がバルカン半島化ししつあると書きましたが、近未来に欧州で民族や宗教の大規模な戦争が起きるのではないかと危惧しています。
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR