なかなかやる手強いトルコにヘタレなEU

以前EUとトルコは、3/20以降にギリシャに到着した
シリア人以外の不法移民をトルコへ送還し、
同人数のトルコ内のシリア人をEUで引き取るという内容の合意をし、
少しずつギリシャから不法移民の送還をしていました。
不法移民49人を送還 ギリシャからトルコへ
http://www.sankei.com/world/news/160428/wor1604280017-n1.html

が、トルコが考え出した案は、
熟練したエンジニア、医者、高技能な労働者のシリア人はEUへ送らない。
ということ。
そしてトルコ人のEUへのビザ無し渡航を認めないなら
EUとの移民送還の契約は終了するかもよ?との脅し文句。
Turkey refuses EU travel to highly skilled Syrian refugees: report
http://www.dw.com/en/turkey-refuses-eu-travel-to-highly-skilled-syrian-refugees-report/a-19274693

EU会議ではルクセンブルグ代表が、
深刻な健康問題を抱えていたり非常に低学歴のシリア人が、
トルコから大勢送られてくるのでは、と述べました。

能力の高い人たちはトルコ社会の為に役立ってくれるでしょうから、
国外に出したくないと思うのは当然だと思います。
そしてEUがそういう人材を期待して欲しがっているという事も
トルコはよーくわかっているかと。

EU(特にメルケル首相)はそこまで想定できなかったのでしょうか?
随分と呑気だし、甘く見られたものだと思うと同時に、
トルコの策士っぷりにも変な意味で感心しました。

欧州にやってくるシリア人は高学歴で高度な能力のある人々です!
みたいなプロパガンダが一時期メディアを駆け巡っていたけれども、
これはもう撤回しないとだめじゃないかしら?

自国と同類の文化圏では通用する人道精神や常識でもって、
全く違う文化の国や人と関わると、
こういう事になってしまうのだな、と勉強になります。

日本の「おもてなし」「譲り合い」「サービス精神」「お人好し」なども、
これと同類で、違う文化の人からは悪用される可能性があると
私は心配しています。(実際に被害にあった人けっこういると思います)
相手を見てした方が被害が少ないとは思うのですが、
それもなかなか難しいでしょうしね・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR