中東のおばちゃんの仰天発言②

以前書いた、中東のおばちゃんの仰天発言①の続編です

ある日の授業で、おばちゃんまたまた大きな声でキッパリと発言。
今度はなんと・・・・・
「スウェーデンには本当の愛が無い!」
とのこと。
なんでも、スウェーデン人は安易に結婚や同棲をするが、
安易に離婚や離別もする。
何度も何度もそんな事を安易に繰り返す。
なので、彼らは「愛している」という言葉を使うけれども、
おばちゃんによると「それは本当の愛ではない。」
ということです。

「本当に愛していれば、愛は消えることは無い。
愛が消えるだなんておかしなことだ。」
というおばちゃんの主張、確かに頷けます。

20代半ばの男の先生は苦笑いをしつつ、
「ははは・・・(苦笑)、君の愛はイタリア式なんだね~・・・」
と受け流しておりました。

おばちゃんはダンナさんが初めての男性で、
何十年たった今でも、彼をとっても愛しているのだと力説。
子供も4人います。(ダンナさんには他にも奥さんがいるそうですが気にならない様子)
他の男性と付き合った経験も無いのですが、他の生徒からの
「他の人と付き合いたいと思ったことなかったの?」の質問にも、
「そんなこと思った事もない。ダンナだけでいい!」とキッパリ。
他の生徒の「色々な人と付き合って比べてみないと誰が一番いいかわからないと思う。」の意見には、
「そんな必要は無いわ。すぐにわかるそんなの。」と即答。

・・・おばちゃんきっと本当の愛を知っているのだろうな~。

うん、私から見てもスウェーデン人にとっての愛とは、
心や情といった温かみや深みのある精神的なものではなく、
「性欲反応」の結びつきの意味が強いように見えます。
愛が消えた、の意味は単に、性欲が失せた、みたいな。

「サンボ」と呼ばれる同棲関係を送る人々がいますが、
なんだかんだ綺麗事な言い訳(結婚なんてただの紙切れだ、
愛に契約など必要ないといった類)して結婚しなかったり、
安易に離別するのはやっぱり心からの愛ではなく、
いつか飽きたら別のと取り換えよう、的な冷たい本心があるからのように見えます。

なんだか冷たくてパサついているな~という感じがしますが、
そういう国民性の彼らにとっては特にそれで問題無いようです。
むしろそういう種類の関係の仕方を好むらしい・・・・・

動物でも一生同じ相手と添い遂げる種の動物もいれば、
毎年毎年別のお相手と、みたいな種もいる事だし、
人間も種によってイロイロなのだわ、きっと。

ちなみに中東の人は愛が深いのか男女ともにフェロモン濃いめです。
スウェーデン人はといえば、フェロモン無いですね~。無味乾燥。
けど、中にはそういうタイプが好きな人もいるでしょうし、
好みの問題なのでそれはそれで良いのかな?と思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR