スウェーデンで新築新品ピカピカ新生活を送るのは・・・

大型白物家電を家などに配達、搬入、設置するサービスの仕事を
スウェーデンでしている某EU人による話です。(若干怒り気味でした)

その人は難民が住む予定のアパート(日本だと鉄筋マンションに該当)に
電化製品を搬入する仕事をしたのですが、
本当にそこはピカピカ新築で、当たり前ですが床も傷一つない
ピッカピカの床、備え付け電化製品はどれもこれもピッカピカの新品、
そんな出来立ての素敵な新築アパートだったとのこと。
(スウェーデンのアパートでは基本、冷蔵庫、レンジ、IH調理器、オーブン、自動食器洗濯機が備え付けられたシステムキッチンです。)
なぜ彼らがあんな良い住宅に住むのかとその人は驚き呆れた口調で語ったのでした。

外壁は薄汚れ、古びて光沢の失せた床の中古アパートで、
以前の住人がさんざん使い古した中古電化製品を使い、
自腹で家賃やローンを払う生活を多くのスウェーデン人が送る中、
彼らの納税したお金で建てられた綺麗な住宅で、
新品ピカピカ生活を自腹を切る必要なく送れる
そんな優遇された人々が中にはいるんですね。
スウェーデン人たちはこういう事を知っているのかな・・・

なにがなんでもスウェーデンっ!
とギリシャや東欧、バルカン諸国には目もくれず
はるばると北の果ての国へと密入国を試みる人が
後を絶たないのもいたく納得がいく話です。

その結果、警察が立ち入るのも危険な無法地帯の街が
あちこちに出来上がってしまったのですが。
悪名高いストックホルム郊外の街リンケビーでは、
街の中心地区に地域と警察と救助隊への防犯対策として
警察により監視カメラが設置されました。(こちらの記事

日本はスウェーデンを失敗しちゃった国として反面教師にして、
絶対に同じ過ちをおかしてはいけないな~と
またしても強く実感してしまった、というお話でした。
(日本はまだぎりぎり間に合う地点だと思います。頑張れば回復できる!)

メディアのスウェーデン絶賛話は、
美しい言葉で創作された「おとぎ話」ですから!
お金稼ぎが目的で情報発信している人の語る
スウェーデン(及び欧州国)は素晴らしい~、それに引き替え
同様の事をしていない日本は世界の恥!笑いもの!悲惨~!的な話は
とってもうさんくさいわ。
鼻で笑って無視しちゃっていいレベルだとつくづく思うわ。
そんな都合の良いおとぎの国なんか存在していないのに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR