イケ○の博物館が出来たらしい

家具雑貨店イケ○の博物館が
今月末スウェーデン南部の街に開館するそうです。(コチラコチラ参照)

・・・えっ
ネタなの・・・?
と一瞬目を疑ったのですが、本当らしいです。
やだっ、宣伝してあげちゃったわ・・・

でもって、ついでにイケ○ホテルまであったのか・・・
やだっ、またまた宣伝しちゃった・・・

う~ん。安物家具屋の博物館とは新しい発想。
これは創業者の権力誇示か道楽か、又は広告やブランディングなのか??
個人的には、節税の仕方が大変素晴らしいと評判ですので、
http://cruel.org/economist/ikea.html
http://cruel.org/economist/ikeacomment.html
イケ○流節税法の展示コーナーなんかがあって、
詳しい資料が展示されていたり、節税体験ゲームコーナーなどが
あったりするなら面白そうなので
博物館、ぜひ行ってみたいですね。(そんなものは無いらしい・・・)
国を跨いで関連会社がやり取りするうちに、
税金が相殺されて払わずに済む仕組みはイケ○がきっかけで
知りました。華麗な手品のようだと感動しました。

イケ○は日本だと何故か素敵なオサレ家具扱いみたいですが、
欧州地域だと、安さを追求する人のための家具、
ちゃちな作りのペラペラな家具と見られ、オサレイメージは無いです。
以前電球が必要でたまたま立ち寄ったら、
店内はどこもかしこもDQNがわっさわっさいて、
一刻も早く逃げ出したい心境になったのですが、
通路がややこしくてなかなか出口にたどり着けず、
なんてイラつかせる設計なのだとブーブー文句吐きました。
いっぱい歩かせて、疲れさせ、小腹をすかさせ、
出口にある軽食所でお茶してもらう戦略なのだろうけれど、
なんだか上手い事罠に嵌めようとしているのね!
などと無駄に反発心が湧き起こり、
絶対そこでは何も飲食しないと決意する私なのでした。
以前間違って食事をしてしまった際、
あまりのお粗末な質に自分が家畜になったかのような
侘しさを感じてしまったので、もう飲食したくない、
という気持ちもあるのですけれどもね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR