ドイツの電車内、乗客が斧で攻撃される

月曜夜、ドイツ南部の街Würzburgの電車内で
17歳のアフガン難民が「アッラー アクバー(神は偉大なり)」
と叫びつつ斧とナイフで乗客に切りかかり、
18名が負傷し、4名は重傷とのこと。
難民の男はその後警察により射殺された。
男は保護者の無い青少年向け難民施設に住んでいた。
男の部屋からはISの旗が発見された。

Key Events So Far

1 hour ago  ISIS flag found in room of attacker
9 hours ago  First picture of train stormed during attack
9 hours ago  Attacker 'shouted Allahu Akbar' before hacking passengers
9 hours ago  Police confirm axeman was shot dead
10 hours ago  Three people fighting for life

(7/19、午前8:33時点 英国時間)

・・・以下のサイト上にある動画は生々しい血の跡などがあるので、
なるべく見ない方が良いです!!
2番目のリンク先にも生々しい動画と写真がいくつかあるので、
見る場合は気を付けてください。

参考サイト1
参考サイト2

先週木曜のニースでの、チュニジア人配達人による
トラック暴走で84名が無くなった事件のすぐ後のこの事件。
いわゆる一匹狼的な攻撃が欧州で増えていくのかと
いう気がしますが、こういう攻撃からは一体どうやって
身を守れば良いのかと気が重くなります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR