物乞いロマ女性、スウェーデン人と熱愛か?!

本日はちょっと週刊誌の見出しみたいな感じで
物乞いも見た目が命?で以前紹介した我が街の物乞い女子。
いつものようにスーパーの入り口前に座り込んでいました。
すぐ横のベンチには、何日も洗っていなさそうなべったりした髪、
ヒゲが伸び放題でボサボサ、薄汚れた古い服を着ている、
小汚い50代半ばと見られる白人男性が座っていて、
あぁ、彼女ったら相変わらずスウェーデンのおじちゃんたちに
人気があるのね~、などと思いつつ私は店内へ入りました。

商品を選び支払いのためレジに向かうと、
列の最後尾に並んでいたのは、
親しげな表情でお互いを見てぽつぽつと言葉を交わす、
あの物乞い女子と横のベンチにいたスウェーデンおじさん。
おじさんは彼女の腰に手を添えて、前へ進むよう促し、
彼女は控えめににっこりして彼を見つめ返す。
レジのベルトコンベアに彼女が置いたのはペットボトル入り飲料と
サラダと肉の入った量り売りサラダバーのLサイズ容器。

二人の服装なんだけど、
どうみても物乞い女子の方が清潔で新しい服で良い身なりをしている。
おじさんの服は汚れているだけでなく古びていて、
不潔な髪やヒゲの効果もあり、どちらかというと
おじさんの方が浮浪者とか物乞いっぽいのでは?!
といった風貌。

さてお支払いはどうするのかしら?やはりおじさん?
と思って見ていたら、彼らの順番が来て
レジ係がピッピッと商品をスキャンし始めると、
彼女はレジ前からスーッと離れ、少し離れた所へ行き、
おじさんが財布から500kr札を出して現金でのお支払い。
もしかしておじさん、カード持っていないのかしら?
それとも大きな額のお札を崩したかったのかな?
と、ふと思いました。

というのも、スウェーデンのスーパーでは
現金支払いをする人は滅多にいないから。
たいてい皆デビットカード、クレジットカード支払いです。
現金支払いの人は、カード年会費を払う余裕が無い等、
色々な理由がありカードを持てない人で、
一般的には貧しい層の人という事と思われます。

おじさんにランチを買ってもらった彼女は、彼と連れ立って
店の外へ出て行きました。
私も支払いを済ませ商品を袋へ入れてから店を出ると、
彼女はいつもの場所に座っていました。
そしてそのすぐ横で、白髪でヒゲがボーボーの、
かなり高齢者と見られる、手押し車を押す別の白人男性が腰をかがめ、
彼女に向かって何やら親しげに色々と言葉をかけていました。

いや~、彼女モテるのね?なかなかやるじゃない?!
(これなら楽勝で偽装結婚、永住権、国籍取得コースをクリアできちゃいそうよ?)
やっぱり物乞いは見た目と若さが命。あと愛嬌も?
スウェーデンの孤独な下層じーさんたちの間では
あの店にイイ娘がいる!とかって評判なのかも。
じーさんたちが彼女に話しかけるのは、
慈悲心などではなく確実に下心なのだと思う。
といっても彼女は特に美人でもセクシーな訳でもなく、
以前いた人相の良くないくたびれた中年女性物乞いよりは
若くて清潔で愛想がまあまあ良いかな、という程度。

孤独な下層スウェーデンおじさんと
出稼ぎの職業物乞いの若いロマ女性。
すんごい組み合わせ。
でも、なんかスウェーデンらしいお似合いな組み合わせだとも思える。
この国には孤独でさみしい中高年男性がかなり多いのだろうな・・・
人口が少なく、他者との交流の場や機会が少ないスウェーデン。
他者への関心が低く、内向的で社交性の低いスウェーデン人。
物乞いだったら拒否られないだろうと目論んだ孤独なじーさんたちが、
小銭を恵む事やランチをおごる事を口実に若い物乞い女に近づくの図。
うん、、絵になるわ・・・ (←ギャグではない)
ずいぶんとアレな絵になりそうだけど?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR