どうでもいいノーベル文学賞

ノーベル文学賞に選ばれたボブディランが
連絡に返答しない事に対し、ノーベル賞選考委員が
彼の態度を無礼で傲慢だと語っているという。
選考委員は、こんな名誉ある賞を授けてやるというのに、
なんて無礼な野郎なのだ。感謝感激して有難く思うべきなのに。
と憤慨しているのでしょう。
この勘違いっぷりに、
とってもスウェーデンらしさが出ているわ?
と大変すがすがしい気持ちでニュースを目にした私。

この勘違いっぷりは、
元客室乗務員である中高年女性が唐突に、
しかも誰も聞いちゃいないのに自ら、
「私、○○(航空会社名)で昔CAやってたの~。」と、
みんなが「わ~!すごい~!」と憧れ感嘆の声を漏らすのが
当然だと言わんばかりのテンションと輝く笑顔で
誇らしげに言い出すのと同レベルのモノです。
バブルの時代はどうだか知らないけれど、
いまどき元CAとか、別に憧れないのに・・・・・
(あんな過酷な労働をしていただいている事には感謝がつきませんが)

ノーベル文学賞などという、ラジー賞とたいして変わらない賞、
どうでもいいわ、と思っている人も少なくないでしょうに、
その事に気づいていない裸の王様なノーベル賞選考委員さん。
そんなトコも含めて、やっぱりノーベル文学賞は
ラジー賞だと思います。平和賞もラジー賞だし。
ついでに経済もちょっと・・・
この3つはいらないと思う。なんであるの?って感じだけど。

受賞の連絡を無視する事により、いきなり注目度と知名度を
ガツンとあげるというスゴ技をやってのけたボブ。
ありがたや~と受賞連絡を受けるよりもずーっと効果大。
このまま無視し続けたり、受賞拒否すると
もっと効果が出て、自身の株をさらに上げるチャンスだわ。
侮れない男・・・!ボブ!

彼の作戦にまんまと引っかかって(←勝手に作戦扱い)
悔しいけれどなんだか彼の曲を聴きたい気持ちが湧いてきて・・・
ほくそえんでるボブが想像できて悔しいわ。(勝手な妄想だけど)

スウェーデンではノーベル賞を、それはそれは神々しく
世界で最も名誉ある、誰もがひれ伏すような威力を持つ、
すばらしく権威ある賞扱いしている、という印象があります。
こんな大げさな扱いなのね~、とちょっと驚きました。

TVでは何時間も延々と授賞式を放映しているのですが、
ある時学校で先生が「○時から放映が始まるわよ!」と
そわそわし始めて、授業中だったのだけどTVをつけて
授賞式を見たことがあります。
まるで天皇陛下の玉音放送が始まるかのような仰々しい扱い。

そして先生がおっしゃるには、
スウェーデンの授賞式ではスウェーデン国王一家は
みなおめかしして、豪華なドレスを着ていて、
まあ素敵~、うっとり~、なんだけど、
ノルウェーでの授賞式ではノルウェー国王一家は
地味でさえない服装をしていて、ノルウェーはしょぼい。
ふっ。スウェーデンの方がイケてるわね?
という事でした。
・・・やだっ、ショボイ戦いだわ?!
それに国税で豪華な格好しているのを喜ぶ方がダサいわ?カッペの成金みたい
国税だからこそ派手にしないノルウェーの方が賢く品があると思ったけど。

新聞、雑誌のノーベル賞特集も、
国王一家のファッション特集が目立ちます。
ヴィクトリアが着用したドレスはこんなところが素敵、などと
ファッション評論家が分析したりとか。
あとは晩餐会の料理の内容についての解説。
えっ、ファッションとグルメ中心???
多くのスウェーデン人が関心を持つのはその程度の内容だってことなのね。
なんていうか、ラジー賞のノリじゃない?と思っちゃう。

でももしかしてこの件って結局、
ボブとノーベル賞関係者がお互いの注目度アップのために仕組んだ
計画的な宣伝作戦だったりしてね
昨今は炎上商法とかも流行っている事だし、勘ぐっちゃうわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR