英国でも色々あるのね・・・

英国のニュースから。
とあるベーカリーへ、ニュース記事の写真にあるような
セサミストリートのキャラであるアーニーとバートの図と
「サポート・ゲイ・マリッジ」なる文言を入れたケーキの
作成を依頼した所、クリスチャンである店主に
宗教上の理由でケーキ作成を拒否され、
不満を抱いた注文者がベーカリーを起訴し、
結果は店主の行為が差別的であるとされた件です。

記事には読者コメントがいっぱいついていますが、
中にはこんなものも。

「ムスリムが経営するベーカリーがある。
もしも君が、彼らが作りたくないと感じるケーキを
その店へ注文したならば、
君がヘイトクライムで刑務所送りになるだろう。」

「宗教ヘイトを引き起こした罪で逮捕だね。」

「君が依頼したケーキを焼いてくれない、という理由で
ムスリム経営ベーカリーを起訴するのは不可能な事だろうね。」

他には、セサミストリートのキャラをゲイ扱いするのはいかがなものか?
という内容のものもいくつか。
アーニーとバートは親友だけどゲイではないですからね。

そして、「起訴するほどの事か?」という意見もいくつか。
注文を断られたら、「あっそ、じゃ他の店に頼むからもういいよ!」
と言って他店に聞いてみればいいだけでは?とか、
起訴された店主に同情する内容のものも。

英国の病んでる所が色々と出ています
権利権利~、差別差別~が行き過ぎるとこうなるのかしら?
なんだか世知辛い社会だわ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR