いよいよ11月、暗黒の季節

11月に入り、温暖な土地から地球北部に移り住んだ人間たちが
一番苦しむ時期、いよいよ本格的な暗黒の季節がスタートよ!

10月は寒さと暗さがぐっと増した時期だったけれど、
あれはまだまだ慣らし期間。

恐怖に震える地球北部地帯の暗黒の季節の到来。
これから約5ヶ月間は極度の暗さや寒さや
太陽が滅多に出ない悪天候続きのせいでストレスを感じ、
体調がすぐれない辛い時期を過ごすことになるという恐怖の季節

身体がだるくて重くて、目が覚めた気がしなくて、
脳の働きがおそろしく衰えて、ボーっとして、
やる気が出ず、行動力も落ち、暗~い気分が続く。
別人みたいに体力も気力もドーンと急降下する恐怖の時期。
熊みたいに冬眠したり、渡り鳥みたいに南下して、暗黒に身を置かずに
いられたらどんなに楽な事か・・・

思い返しても暗黒の季節は自分がどうしていたかが
よく思い出せず、記憶が薄くなっている感じ。
ほんとにあの時期は脳がまともに働いていないんだと思う。
本気でちょっと生命の危機を感じるわ。

スウェーデンに住むと、オランダとかドイツ北部の冬が、
「なんて温暖で太陽の光が強くて明るくて
過ごしやすい国なんだろう~。心と体がホッとする~。」
と安らぎを感じられるようになります。
たとえ曇りや雨でもスウェーデンより空が明るいし。
フランスの冬だとさらに温暖で明るくて、
心と体にとても優しく感じますね。

一方スウェーデンはもはや、修行とか、拷問とか、そんな感じ。
こちらに来てから体調の問題があれこれ浮上し、
温暖で明るい土地仕様に出来ている私の身体は
こんな過酷な環境じゃ耐えられず、
あまり長持ちしないんじゃないかという気がしてきている、
そんなスウェーデン生活です
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

よもぎねこ様
コメントありがとうございます!こちらの気候は厳しく憂鬱です。
日光が足りなくて心身ともに弱るんです(涙)
今は太陽電池のように蓄積されたエネルギーがまだ体内に残っていますが、もう少し経つと充電が足りずエネルギー不足状態に・・・

スウェーデンと北海道は似ている所もあると思います。
寒い所、じゃがいもが多くとれる所、北部にアイヌのような先住民族(sami, sapmi)がいる事など。
雪景色も似ていますが北海道の写真からは、樹木の種類、影の長さ、日光の色?から、ここよりも太陽の高さと明るさが上であり緯度が低い事を感じます。

豊かな福祉国家・・・
私にとって色々と考えさせられ複雑な気持ちになる言葉です。
色々無理もある・・・
そうですね。(勢いで?)行き過ぎてしまった面があり、それによる弊害が出てきている、とも思います。福祉も大事ですが、その匙加減も大事です。でも気候が厳しく不便な環境で先進国へと発展した事は、すごい事ですね。国民の気質や能力も関係あるでしょうし、天然資源があった事や周囲の国々に恵まれたというのもあるかと思います。

No title

 いつも楽しみに拝見しています。

 しかしスウェーデンの気候厳しいですね。

 ワタシは北海道在住なのですが、これまでスウェーデンの風景写真など見ていて、「なんか北海道と似ている、けど建物が立派で綺麗な所だ。」と思っていました。

 冬の最低気温も道東や道北とそう変わらないようで、北海道と似たような気候だと思っていました。

 しかし寒さは同じでも、太陽の光が少ないと言うのはキツイですね。

 11月は北海道も最悪の季節で、雨と曇天が多く、大変陰気なのですが、しかし1月になれば太陽の光も力を取り戻し、新雪が燦然と輝く季節になります。

 太陽も満足に出ない土地で、豊な福祉国家を作った国民性には敬服するしかないのですが、その分色々無理もあるんでしょうね。
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR