マルメで発砲事件再び、さらにヨーテボリでも

まずはマルメからです。
11/24(木)の夜、マルメでは発砲事件があったばかりですが、
11/26(土)に再び発砲事件発生です。記事はコチラ

26日深夜2時頃、35~40才位の男が自家用車にて救急病院へ
運ばれた。男は下半身にいくつもの銃撃を受けており、
命に別状はないが深刻な状態にある。
銃撃は街の施設建物内で起こり、警察は現場にいた50代の男を
逮捕した。

それと別の事件が2件。
26日午後5時半過ぎ、のど元を刃物で切られた50代の男が救急車で病院へ運ばれた。軽度の怪我。アパートの部屋にいた40代の女が殺人未遂容疑、過失致死罪容疑で逮捕された。記事はコチラ

26日午後8時頃、駐車施設にて25歳の男が刃物で刺され救急車で病院へ運ばれた。怪我の状態は深刻。殺人未遂容疑で20代の男が逮捕された。記事はコチラ


お次はヨーテボリから。
11/21(月)にヨーテボリでは発砲&車炎上事件がありましたが、
11/25(金)にまた発砲事件がありました。記事はコチラ

25日夜7時少し前、銃声を聞いた、銃撃を見たとの複数の通報が
警察に寄せられた。
目撃者によると、銃撃のすぐ後に一台のバイクが逃げ去ったとの事。
警察によると、二名の男に向かって銃が撃たれたが、一名に銃弾が当たり
病院へ運ばれ深刻な状態となっているとの事。



一週間のうちに何度も発砲事件があるのは尋常ではないですね。
なんらかの関連性があるのかもしれません。
そして人物の民族背景には一切触れていないのはこの国でのお約束ですね。
公表すると人権団体さん等が、さべつ~!と大騒ぎしてしまいます

英国のメディアは事件の際に関係者の民族背景は公表しており、事件や治安に関わる情報公開の透明度が高く、社会問題の情報をシェアして個人個人が問題を考えたり対策を練る権利が尊重されていると思いますが、スウェーデンだとダメみたいです。
民族背景というのは社会問題を考えるうえで大きな要因となると思うのですけれども、スウェーデンだと情報が無いので問題把握はムズカシイ
えっ、わざとそうしてるの・・・?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR