ストックホルムの発砲事件

先週末もマルメは通常運転中でした。
銃で撃たれた人が自家用車で病院へ運ばれたとか、
以前書いたケースを似ているので省略するとして、
今回はストックホルム郊外の危険地帯リンケビーで12/2に起きた事件です。
このあたりは集合住宅がバンバン建ち並び、
アリさんとかハッサンさんといった名前を持つ、
移民一世、二世が多くとも90%は住んでいる地域です。

記事はコチラ。ソマリア情報サイト。リンケビーの集合住宅写真も。

金曜の夜、リンケビーにあるカフェへ複数人の覆面をした男性が
自動小銃を抱えて現れ、別の部屋へ逃げようとした二名を狙い、
他の客たちがいるすぐ目の前で銃を撃ち二名は死亡。
犯人は多くとも4名、犠牲者は兄弟とされるソマリア男性、
ザカリー(24)と、フェイサル(21)。

コチラの記事も付け足しで。

警察は現場封鎖作業をしている際、付近の人々から
投石攻撃を受けた。人々はバリケードの間を通り抜けようとした。
現場には数百名の人々が集まっており、
到着した約50名の警察の多くは暴動鎮圧用の装備をしていた。
警察は現場に機動隊とヘリコプターも送っていた。
※現場はMynta Cafeという所です。

唖然として、そして笑いがこみあげてきました。
なにそれ、ありえないでしょーーー!!!!!って。
そして溜息と脱力感が。

いつのまにかスウェーデンはとんでもない国になってしまった・・・

自動小銃???
自動小銃って・・・
「小銃」だから小さい銃でしょ?と思ったら大間違い。
小さなピストルなんかではなく、
戦闘地で兵士がダダダダダッ!バババババッ!!!
と抱えて撃っている長くて大きいやつでしょ!

なんで銃の保持が禁じられているスウェーデンで、
戦闘地で使用するような武器を持っている民間人がいるのでしょう。

一匹いたら十匹はいると言われるゴキと一緒で、
自動小銃もどこかのアパートに大量保管されている可能性あり。

本当に毎週毎週各地で発砲事件が絶えないのだけれど、
警察もお手上げなのか、それとも移民系多数のノーゴーゾーン内で、
移民系同士がバキュン!バキュン!ダダダダダッ!している分には
まあいっかと大目に見ているのか・・・
ヴァイキング系スウェーデン人が数人ほど犠牲にならないと、
本腰入れて改善する気も起きないのでしょうか。

こんなに深刻な問題が次から次へと起こっているのに、
問題について表だって議論されることが出来ない環境を
自らの手で作り上げてしまったこの国。

社会主義や共産主義といった赤い思想を理想とする人々からは、
素晴らしい国だと褒め称えられているみたいですが。

えっ女性の政治家と管理職の数が多い?
男女平等?多文化共生ですって???
なにそれ?バキュンバキュンが毎週ありますけど、
そっちの問題解決の方が優先順位高くありません?
女性の政治家と管理職が増えたら、
バキュンバキュンが無くなるのかしら???
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 本末転倒

J.O.様
行き過ぎた社会主義思想がじわじわと社会と人を蝕んだ結果だと思います。人々は非現実的でナイーブになり過ぎてしまいました。

欧州は、うちら死刑廃止でエライでしょ?進んでるでしょ?みたいなノリを感じますね。どこが~?って思うわ。死刑については、中東みたいにむやみやたらに残酷な死刑執行を行うのは止めるべきですが、そうではない秩序ある近代国家にて、極悪人に消えてもらい多くの人々に安心感を得てもらうか、極悪人の人権尊重を重視して釈放し人々に犯罪の犠牲になってもらったり税金を使い極悪人を一生養うのか、という選択肢において後者を取るなんて馬鹿げていると思います。

欧州地域は人権優先政策にしない国はすぐに他欧州国から、非人道的~!などと見下され非難されるので、なかなかはみ出る事が出来ない空気があります。人権は尊重されるべきですが、だからといって優先させすぎは問題だなと思いますね。

本末転倒

今のスウェーデンの惨状をもたらした左派政治家らやマスコミの責任は極めて重大だと思う。かつては光り輝いていた国。ユートピア的急進グローバリズムを推し進めた結果がこれだ。死刑廃止など欧州各国はちょっとおかしい。

Re: No title

こきち様
本当そうですよね。これだけ酷い状態なのにまだ表だって議論が出来ないのは暴力事件以上に問題です。言論において民主主義は死んでしまったのかも。この国で移民やイスラムについて「歓迎」以外の発言をするのはかなり危険な行為ですからね。
とにかく民主主義を強く主張するこの国ですが、言論や思想については全体主義というイメージの方が私は強いです。

様々な立場の人材を揃えるという意味での女性政治家推進ならば良い考えだと思いますが、こちらでの男女数が同数だから平等~といった考えには首をかしげます。数じゃないでしょーって。なぜか女性政治家ってちょっとおかしな人が目立ちますね(涙)

No title

一番気が重い憂鬱なことは暴力事件そのものより、「表立って議論ができないこと」ですね。安保法案が通ったり、トランプ氏が勝ったりすると、民主主義は死んだ〜が流行するんですが、移民が増えすぎるのはよくないよ、イスラムと西側の価値観は軋轢があるよと発言することが許されないんだったら、もう民主主義は死んでいたのです。女性の政治家が多くても、自由な女性を認めない宗教の男を大量に受け入れるのでは意味がないです。というより女性政治家が元凶だったのでは…ドイツで難民ウェルカム言ってたのは女性が多いイメージ。
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR