FC2ブログ

この国の女性にとっての平等と差別

もう約8年前のコラムですが、
スウェーデン、大学入試における差別是正措置を撤廃へ
(※ダーゲンスニィヒェテル紙は、他紙よりも赤が強めの新聞です)

男女平等=男女同数、という意味不明な解釈が堂々とまかり通る
なんだか不思議な国スエーデンですが、
大学の男女の学生数を同等にするための優遇措置を行った所
一部の学部にて男子の方が優遇される結果となりました。
つまり入学希望者数が、女子>男子だったため、学力の劣る男子が合格できて、学力の高い女子がその分不合格という結果に。
すると、希望学部に入学できなかった女性たちが、
「一生懸命頑張ったのに性別のせいで入学できなかった。」という理由で、
大学へ損害賠償を求めて起訴し、賠償金が支払われる事になったらしい。

男女平等の名の元、企業の管理職の男女同人数を目指した事により、
能力の劣る女性が優遇されて能力の高い男性が管理職の地位に就けなかったという実力軽視の場合は、「平等」が進んでいる、などと絶賛するのがこの国やこの国ファンの赤い思想の人たちの間でありがちな現象ですよね。
でも男女平等の名の元、大学入試で学力の劣る男性が優遇され女性が入学できなかったケースは「差別」です。
なんだか男性が可哀想だという気もしますが、企業で働く事と大学で勉強する事は別なのだから、これで良いのだ、という事なのかな・・・?
う~ん、私はちょっと疑問に感じるけれども・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR