レシートチェックが大事なワケ

今日はcoopというスーパーで買い物をしました。
オーガニックのコーンの缶づめが2パックで40krとお買い得だったので、2パック購入いたしました。
そして商品を買い物袋に入れる前に、習慣となっているいつものレシートチェックをしてみると・・・

やっぱり値段が間違っていた!!!!!

「2パック40kr」と商品棚には値札が下げられていたにもかかわらず、レシートには「27.95kr x2」と、
セール価格ではない通常の価格がしっかりと載っていました。

念のため、もう一度商品棚を見に行き「2パック40kr」で間違いない事をしっかりと確認し、
レジの人に「すみません、この値段まちがっていますよ。40krのはずですよ。」と言うと、レジの人は電話で従業員の男性をレジに呼び、彼と私で一緒に商品棚を確認すると、やっぱり40krの値札がつけられていました。
彼は、値札のはじっこの1mmくらいの極小の文字をじーっと凝視してから、「この値段は先週の物でした。
今回は先週の値段で販売するのでレジの人に差額を返金してもらうように言ってください。」と言い値札を棚から外しました。
そして私は返金をしてもらったのですが。。。

私がcoopで買い物をすると、ほとんどの場合なにかの金額を間違っているんですよね。
しかも必ず「高い値段」に間違えているんですが。
なぜなの???

(それはきっと、お客さんから得たお金が実際にあるべき売上金より多かったら、臨時ボーナスとして従業員で山分けできるだろうから、そのためにちまちまと上乗せ請求しているんじゃないの?という外部の意見もあり・・・←実際にありそう

今回は先週の値札を外し忘れただけでしたが、本当に価格を下げているのにレジの値段の登録が間違っていて
高く請求されていた事もありました。
困ったものだわ~~~


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR