スウェーデン式のbuffetランチ

以前レストランでスウェーデン式のbuffetランチを頂いた時の話です。
用意されていた食べ物の内容は以下の通り。

レタス、パプリカ、キュウリを切ったもの
プチトマト
缶詰のコーン
パックから出したスモークサーモン
パックから出したハム
パックから出したチーズ
瓶から出したシル(魚)
瓶から出したソース
瓶から出したドレッシング
瓶から出したオリーブ
瓶から出した小エビの水煮
蒸した半身のサーモン(味付け一切なし)
肉の塊の煮込み
クネッケブロッド
バター、ジャム
ワンドリンク付き

書き漏れたものもあるかもしれませんが、大体こんな感じ。
野菜をカットしたものと、スーパーで売られている物を容器から出しただけのものばかり。
蒸したサーモンには、塩やワインやハーブなどによる下味とかの下ごしらえは一切なし。
上に飾りとしてブラックペッパーの丸い粒が散らしてあったけれど、
全然味付けにもなっていませんでしたから~!
うん、やっぱりこの国は料理を知らないのだ、と納得する私。
この国において基本的に食べ物とは、空いた胃袋を満たして空腹感を和らげ
エネルギーを体に補給するためだけのモノなのだろうね。
味とか見た目とかどうでもいいらしい・・・・・

ちなみにこのランチ、こんな内容で日本円にして約6千円のお値段なのにも愕然としました。
日本だったら、手の込んだ美味しいランチ(見た目麗しいデザート付き)が
いただける価格なのでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR