リンケビーは素敵な場所らしい

トランプの、スウェーデンで何が起こっているか見ろ!発言と、
ティム・プールの動画によるスウェーデンレポートにより、
この国の危険地帯の存在と移民との分断社会の事が
世界へ知れ渡る事となり、せっかく頑張って広めてきた
多文化は素晴らしい、移民政策は成功、というイメージが
作り物だったのかとバレてしまい、相当焦ったのでしょうか・・・

こんな動画がありました。
リンケビー、ノーゴーゾーン
(動画画面右下の字幕設定ボタンで英語字幕表示が出来ます。)



主旨は、世間ではリンケビーの暴動など危険な事件の動画が多く
作られているけれど、それは偏った見方なんだよ?
メディアは間違っているよ。
本当は良い所なんだよ?
皆遊びにおいでよ!といった所だと思いました。

主な内容は、約9割が移民背景を持つと言われるリンケビーの住民たち
へのインタビューです。
グレーのニット帽の彼女曰く「ストックホルム中心街よりも
リンケビーの方が安全だと感じるわ。」
「中心街だとたまにレイシストだかナチスだかが、私の事を
サル野郎とか色々言ってくるんだもの。」とのこと。
リンケビーに来たことが無い人に言いたい事は?の問いに、
「ここに来て見てみなよ!ニュース記事を読む代わりに。」と答え、
君はニュース記事は正しくないと思うの?と聞かれ、
「全然正しくないわ。正しい事なんか書かれていない。」
「彼らは暴動が起こっていると伝えるけれど、私はここは
あなたがここに来る時はいつでも平和的だって思っている。」
「ヒュースビーであった暴動の記事と同じなの。」
「私はあの時期あの場所にいたけれど、メディアって
起こった出来事を大げさに書くのよね。」

別の女性。
リンケビーはどんな所?の問いに、
「とっても素敵な所だと思うわ。私ここに小さい子供の頃から
住んでいるの。」
「いつもこの辺を歩きまわってるの。この辺は素敵な場所よ。」
同じく、ここに来たことが無い人へ伝えたい事として、
「ここに来てみてよ。あなた自身の目で見て、ここについて
あなた自身の印象を持ってみてね。」
「いつも世間で言われているような感じじゃないのよ。」と笑顔で。

次の若い男性。
メディアで伝えられるリンケビーについてどう思う?
あれは正しい?の問いに、
「いや、違うね。」
「彼らは悪い出来事ばかり取り上げて、良い事は伝えないんだ。」
「彼らはちゃんと取り組まないとだね。」
同じく、ここに来た事が無い人に伝えたい事として、
「ここに来て自分の目で確かめてみてよ。」との事。

次の中年女性。
「ハイ!と挨拶しても変な表情して返事してくれない人は多いけれど、
ここリンケビーでは皆がハロー!って言ってくれるのよ。」
悪い面を話そうよ。ここでは問題がちょくちょくあるよね・・・には、
「あるねー。でもそれってリンケビーだけじゃないよね。」との事。

次の若い女性。
「15~20才くらいの若者が、車に投石したりとか色々してて、
それは良くないと思う。」
「ここに住むのは良いのだけど、彼らのしている事は良くないわ。」
「彼らは悪い行動を止めるべき。だって彼らはカッコよく
振る舞いたくてああいう事をしているんだもの。」

前出の中年女性
「悪い事件は起こるけれど、状況が良くなればいいなと思うだけだわ。」
「すべての子供たちは理解して悪い事を止めるようになるわ。」
「私は母であり、子供たちを愛しているの。」
「私は彼ら全てを愛しているの。たとえば彼、彼は私の子供みたいなもの。」
僕は?と聞く白人インタビュアーに、
「もちろんあなたもよ。」と彼女。

次の男性。
「メディアは悪い事ばかり言うんだ。彼らは決してリンケビーの
良い面を見せないんだ。」
「いつも犯罪、暴動、パトカーへの投石の事ばかり。」

「あなたもここに来るべきよ。ここに住んでいるのは人間で、
動物ではないから。」
「リンケビーに来なくちゃよ?分かった?」 と中年女性。

インタビュアーはリンケビーに4時間いて、良い人しか会わなかった
と感想を述べる。


みんながみんな、リンケビーは良い所で良い人ばかりで、
大好きな街だと言っています。
メディアで伝えられている事は間違っているそうです。
メディアは悪い事ばかり伝えるのだそうです。
リンケビーに来て確かめてみなよ!と笑顔で言っています。

市場の男性の
「ここは他の場所より開かれた場所なんだ。」
「例えばリンケビーとは違う古い町では、人々は閉鎖的で
誰もお互い話をしていないんだ。」
には、私も苦笑いで、それ分かる~と思ったけれども。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 琵琶湖のブラックバス

ほんとブラックバスの様だわ~。外来種が元々ある生態系を破壊する点も同じだったりして。今はふんだんなエサに食いつきまくり大繁殖する時期なのかも?
約1割いると言われる移民背景を持たない住民へのインタビューがないのは偏っていますよね。あと逃げ出した元住民の意見も聞いてみたい!
動画の内容は意図的に編集する事が可能だから、見せたい所だけ見せているのでしょうね。

NYかLA・・・言える~!ハーレムとかコンプトンと言っても信じてしまいそうな顔ぶれ。こっちの方が肥満度がやや低めかもだけどw。
まさか移民国家ではない白人国で白人が少数派の地域があるだなんて、なかなか想像つかない事よね~。

リンケビーにおいでよ!には、同じムスリム仲間や中東アフリカ背景の人々限定という注意書きが必要だわ?事情に疎い部外者が下手に立ち入ったら危ないですって。

彼らの祖国で神道の普及なんてしたら、投石の刑にされそうだわね。
彼らは外に出て行かない方が世界平和の為にも良いのではないかって思わずにはいられない今日この頃・・・

琵琶湖のブラックバス

あれですね、琵琶湖に放流された乱暴者の外来魚ブラックバスに「琵琶湖は住みやすいですか?」ってインタビューしてまわるようなもんですね。
ブラックバスにしてみれば、やりたい放題でご機嫌天国ですよ。
先祖代々住み着いてる大人しい地元魚にこそ、現状がどうなのか聞かなきゃだわ。

このインタビュー動画ってさ、都合の悪いことを言う人の分は、抹消してんじゃないの?
だから結果的に先祖代々系な人の映像が取れなかったんじゃないのかな。

この動画だけ見てたらNYかLAって感じですね、ええ。
音声消して「これはどこの国・都市でしょう?」って質問されたら、誰もスウェーデンの地方都市だなんて答えられませんって。

でさ〜、このインタビューされてる人たちが「リンケビーにおいでよ!」なんて言ってるのを素直に信じて行ってみたら、帰らぬ人となって無言の帰宅とかになりそうよ。そうなったら責任とってくれるのかしら???

あ、そうそう、Braさんの5月19日のコメント返しで気づいたことあります。
ムスリム達は押しかけていった先で「イスラム教を受け入れろ」「モスクを建てさせろ」とゴリゴリ言いますけど、そいつに彼らの祖国で私が「神道を受け入れろ」「神社建てさせろ」なんて頼んだら、間違いなく即フクロにされますよね?
彼ら、永久に野生の王国の中に留まって、外には出てこないでほしい。

Re: 三橋貴明(自民党員)⇒『安倍政権は▲【移民推進内閣】である』

情報が嘘だとは思いません。
ムスリムになったりして、彼らと同化して彼らの価値観や慣習に従える人ならば、リンケビーは住みやすい街なのかなと思います。そのフェミニストもムスリムに同化していれば攻撃されなかったかもしれないし。
リンケビーが中東にあるのならいいのですが、全然違う西洋社会の中に自分の文化を譲らない異文化社会として存在しているので西洋社会とは軋轢が生まれるし、しかも彼らはモラルがまだまだ低いので何かあるとすぐ暴力的な行為に単純に走りがちだから、人々が彼らを危険だと感じるのは自然な事だと思います。

三橋貴明(自民党員)⇒『安倍政権は▲【移民推進内閣】である』

安全で素晴らしい地区ならば、
下記その他の情報は、嘘なんでしょうか?

2017年04月12日(水)
■ストックホルムテロ:IS関与という単純な問題ではない。
  移民(特にイスラム)問題が根本的原因。 【ナスタチウムのブログ】

(前略 真ん中辺りから↓)
>ストックホルム近郊の、住民の9割が移民で 女性が外出するのも
>怖いという リンケビー(RINKEBY)、このそばにある Husbyと
>Tenstaに住んでいた フェミニストの2人が 逃げ出しました。

>一人は 元国会議員で、Tensta 30年以上も住んでいたにも
>かかわらず、男性を中心とした移民が 街を支配してしまい、
>ここ数年は 原理主義的なルールが適応され、一度は戦おうと
>したものの、顔を知られているし 怖くて 諦めたということです。

>もう一人は Husbyに住んでいた 元左派の政治家で、そこには
>自称 「モラルポリス」が街をパトロールしていて、女性の振る舞い
>をコントロールしています。特に フェミニストに対して攻撃的で、
>自分がもう 安全ではないと思い 転居したということです。

上記の元情報は、
↓このアレックス・ジョーンズの?サイトだそうです。

(記事 タイトル)
「SWEDISH FEMINISTS FLEE SUBURBS
 DUE TO ISLAMIC FUNDAMENTALISTS」 【INFOWARS】
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR