これもプロパガンダ?

先週の事なのだけれど・・・
どう見ても印象操作としか思えない資料をTVニュースで
見かけて、ぞーーーっと怖くなっちゃったんですけど

それはこの国の失業率に関する資料でした。
この国生まれ、この国以外の欧州生まれ、欧州以外の外国生まれ、
の3種類の出身地別の失業率をグラフ化したものです。
2016年のそれぞれの数値は以下のとおり。
この国生まれの者の失業率、約4%
この国以外の欧州生まれの者の失業率、約8%
欧州以外の外国生まれの者の失業率、約18%

失業率


これを見て視聴者はどう思うかしら?
やっぱ、移民は失業率高いよね~。(ムスリム難民の顔が頭をよぎる)
あ、でも約18%か・・・
ということは???
80%以上の人、つまりほとんどの人は働いているのね?!
ほとんどの人が働いてちゃんと所得税を納めている訳ね?!
なーんだ、移民は税金泥棒じゃないのか!!
知らなかった~。勘違いしちゃってた~。
移民は問題無し~~~♪
・・・
となるのではないかしら???

でも、グラフを良く見ると、
高校を出ている人を対象としているのです。

さて、長い間紛争状態の国、国家崩壊中の国では
教育システムは機能しているのでしょうか?
国民の何パーセントが高校を卒業したのでしょうか?
小学校中退の人も珍しくはないのではないでしょうか。
難民やその家族たちの多くは高校を卒業していない人ではないでしょうか。
しかし失業率のグラフにはそういう人は含まれていないのです。

あえて、意図的に、高卒以上の人のデータを用いたグラフを作り、
移民の失業率がさほど高くないように見せかけているのでは?
と、どうしても思えてしまいます。
学歴を問わず純粋に失業率を調べたら、欧州以外の外国生まれの者の
失業率は50%を超えても全然不思議ではないでしょう。
でもそうした実態が世間に知れ渡ると、移民は税金を食いつぶす、と
気づく人が増えるから、あえて隠しているのだとしたら悪質過ぎです。
この国に、自分たちがこうした印象操作で騙されている事に気づいている人って、一体どのくらいいるのかしら???
こちら人々の平和ボケ、花畑ぶりは学校教育やメディアのせいで
相当酷いからねぇ・・・日本もだけどっ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

名無しの権兵衛様
そういえば私もこちらの学校で、英語も理解でき、この国の言葉の会話も得意なのに、数字の理解度の低い(数の大小、時刻の早い遅いがよくわからないらしい)二十歳のソマリア人難民に会った事あります。
母国の教育システムがきちんとしていない国から来た人の中にはこういう人って結構いるのでしょうね。

ドイツのトルコ系生徒は語学力が低いため授業の理解度が低い事が多く、学校は授業内容レベルを彼らに合わせて低く設定するため、ドイツ系生徒には簡単すぎて退屈してしまい、勉強する気が減退するという悪い効果が出ていると聞いたことがあります。

ドイツ、フランスで発生した移民問題の多くがこの国でも起こっているので、きっと同じ問題があるでしょう。
確認はしていないのですが、この国の政府は調査をしていても、公表はしない主義だと思います。だって犯罪の報道でも「男」という表現しかせず民族背景は出来るだけ隠ぺいする国ですもの。移民同化は成功しているって見せかけたい国ですもの。
この国には、問題放置により取り返しのつかない事になる、という発想は残念ながらないのだと思います。

No title

ドイツ在住作家の川口マーン恵美氏によると、ドイツでは字の読み書きができない、中には時刻表すら読めないような人が700万人以上いるそうです。この数字は、只事ではありません。
移民達は、例えばトルコ人なら、トルコ人だけの共同体に閉じこもり、トルコ語だけで生活するので子供はトルコ語しかできませんから、ドイツの小学校に入学しても、授業についてゆけず落伍し、無教育状態のまま社会に漂流しているというのです。
字の読み書きができないと、職に就くのは不可能ですから、犯罪に走るか、福祉に頼るしかありません。フランスでも250万人にものぼります。
ドイツにしろ、フランスにしろ、文盲者全員が移民ではないのしょうし、移民も高い教育を受けて活躍している人がいますが、移民問題が影を落としているのは事実でしょう。出身国で基礎学力がなかったり、学習意欲がなかったりすれば、政府が自腹を切って語学教育を行っても、無駄に終わる可能性が高いのです。
ただ、ドイツもフランスも、政府がそうした問題があることを公式に認め、実態を調査して発表していますが、移民の多いスウェーデンで同種の問題が存在していないとは、考えにくいのですが、政府は調査をしているのでしょうか?
問題があること自体を認めず、放置し続けたら、本当に取り返しのつかない段階にまで至ってしまうのに。

Re: メディアへの信頼度

かんぱち様
そうです!この国の公共TV局です。難民の犯罪は見なかった事にするのが得意なTV局です~♪

そしてサイト情報有難うございます。ガベージニュースだなんて名前だけれど、色んなデータがあって面白いですね。
日本の雑誌、新聞の信頼度が世界でも飛びぬけて高いのが驚きです。上位にある国々は信頼度の高い情報を発している国というよりも、人々の騙されやすい度数や物を深く考えない度数が高そうな国々という印象が強かったりして・・・DI値だけでなく、年齢層、信頼度四段階の分布なんかも気になります。

もはやマスコミは言ったもん勝ちの世界、芸能人とか得体のしれないヤクザな人々が集う世界っていう印象しか無いわ~。
警察や軍隊の信頼度が高い国は、もしかしたら人々の治安に対する不安が強いせいもあるのかな?という風にも感じるけれど、やりたい放題のマスコミの報道を政府発表よりも信じてしまう日本の傾向というのは、かなり気になる異常な状態ですね。なんででしょうね?政府の発表は堅苦しくて眠くなるから避けられがちだからとか?

年々と、人々がネットなど多種多様の情報に触れる事により、マスコミ情報は何かおかしい?胡散臭い?と思うようになってきているようだと私も感じています。メディアリテラシーという物が段々と身に付いてきたのでしょう。もう朝日はおかしい、は常識となりつつあるようですし!

メディアへの信頼度

画面右上の「svt1」というのは、スウェーデン公共放送のことですね。検索したら出てきました。
世界価値観調査(World Values Survey)というものがあるんですが、その中の「メディアへの信頼度調査」の結果がおもしろいです。

世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる(2010-2014年)(最新) - ガベージニュース
http://www.garbagenews.net/archives/1102258.html
図録▽世界各国における組織・制度への信頼度(世界価値観調査2010年期)
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5215.html
図録▽新聞・雑誌に対する国民の信頼度(国際比較)(2005年)
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3963.html

日本では、政府よりもマスコミを信じている人の割合が高くて、欧米では、マスコミよりも政府を信じている人の割合が高いんですね。特に、警察と軍隊への信頼度が高いのが興味深いですね。
考えてみれば、マスコミよりも警察や軍隊が信用されている社会の方が健全な気がします。マスコミには、警察や軍隊のような厳しい縛りや、活動範囲の根拠になる法律もなくて、やりたい放題ですからね。

欧米でも、昔からマスコミが信用されていなかったわけではないようです。アメリカではインターネットが登場した1990年代から、マスコミへの信頼度の低下が顕著になりました。
日本でも最近は、マスコミを信用する人が減りましたね。私の実感では、下の記事に書いてある以上に、日本人のマスコミへの信頼度は落ちているような気がします。マスコミが、いくら現政権への悪意ある偏向報道を繰り返しても、支持率が下がらなくなりましたから。

信頼を失いつつある米新聞やテレビニュース - ガベージニュース
http://www.garbagenews.net/archives/1953803.html
じわりと下がるメディアへの信頼度、震災以降加速化か(2016年)(最新) - ガベージニュース
http://www.garbagenews.net/archives/2237508.html
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR