油断のならない学校

「親が泥棒なら子も泥棒」 学校も泥棒だらけ
(恐怖のナイジェリア生活、より)

ナイジェリアの学校ではあらゆる物が盗まれる・・・
それを読んだ時に、ここまで酷くないけれど、
私もちょっと似たような経験があったわ、と思い出が頭に蘇りました。

以前在籍していたスウェーデン語のあるクラスでは、
私以外は全員が貧国出身。(生徒数は15~20名の間)
そのほとんどが中東・アフリカの難民とその呼び寄せ家族。

生徒の中には手ぶらで学校へ来る者。
教科書はあるけれど筆記用具は持ってこない者。
シャーペンはあっても消しゴムは持っていない者。
そんな適当な態度の人が一部にいました。
政府から生活費を貰っているのだから、買えないはずは
無いだろうに、なぜか持っていないのです。

そして授業のたびに毎回、
誰か~、紙ちょうだい~!
誰か~、ペン貸して~!
と叫ぶのです。
すると誰かが自分のノートをビリビリッと破いてあげたり、
ペンを貸してあげたりします。

消しゴム貸して、と言われて貸してあげると、その人は消しゴムを
ずーっと自分の机にキープしています。
私が返してと言うまでずっとその状態。
中には私の目の前に置かれた消しゴムを断りもせず勝手に
使う人もいたので、貸して、と言う人はマシな方なのです。
私の消しゴムは日本で買ったステッドラーの物で、この国の
消しゴムよりも質が良くすごく消しやすい!と生徒たちから
大変評判が高く、色んな人が使いたがりました。
そしてある日、消しゴムは行方不明になりました。(盗まれた

それと、盗難ではないのだけれど・・・
ある時は、先生が教科書20ページを黙読してください、などと言い、
私が教科書を読んでいたら、
私の机の横に自分の椅子を突然ズズーッと持ってきて腰かけ、
何の断りもなく私の教科書を一緒に覗き込む人もいました。

またある時は、私の前の席にはクルド系イラン人のおばちゃん二人が
仲良く並んで座っていました。
一人のおばちゃんがバッグからチョコレートを取り出してパキッと折り
その欠片を隣のおばちゃんへ差し出しました。
彼女はチョコを受け取った後、今まで噛んでいたチューインガムを口から
指で摘み出し、それをごく自然な慣れた調子でもって机の裏側にベタッと
なすりつけました。そしてもらったチョコを食べ始めました。

こういうのが彼らのマナーなのだな~、と学びました
このようなマナーを身に付けた、モラルの低い人々へ生活費を与え、
語学を教え込み、一体なんになるのだろう・・・と虚しさと共に
この国の善意の空回り具合に脱力感を感じました
この国のほどんどの人はこんな現場を見る事はないだろうし、まさかこんな
お金がどぶに捨てられているかの様な状況、想像もつかないだろうな、
多額の税金が彼らの為に有効に使われなくて気の毒だな、なんて思っていました。

当時は語学の勉強よりも、普通に生活していたら接しないような
人々を観察するためのフィールドワーク感覚で授業を受けていました。
それは先生の質もやる気も低く、授業内容が薄かったせいだけでなく、
生徒のやる気も低く、まるで大人の幼稚園とでも言いたくなるような場だったからです。
授業中いきなり電話をかけ始めたり、断りなく教室を自由に出入りしたり、
遅刻、早退もしょっちゅうで、宿題やらない、提出物出さない人もゴロゴロいて、カンニングは悪びれず、その仕込み作業は一生懸命やるなど、まともな授業と呼べるものではなかったです。
ストックホルムから引っ越してきた人が、以前通っていた学校と比較して
我が街の学校の崩壊っぷりに驚き呆れていたので、
我が街はそうとう酷いレベルだったのだと思います。
先生の質も酷いけれど、生徒も負けずに酷かったな~
思い出すとぞっとするし、もうあのような先進国の常識がまかり通らない
環境には二度と身を置きたくないわ~
かーなーりー、神経やられるわ???あの尋常ではない環境
まともな人は関わってはいけない異常な世界だと思うわ?
激震!知らざれるアンダーグラウンドな世界に侵入
その驚くべき数々の激ヤバな実態を渾身取材
みたく、やる気に満ちたジャーナリスト精神旺盛な方以外には
オススメしない世界ですっ♪
そうではない普通の方々は立ち入らないのが一番なのですが、
立ち入らねばならない方は、くれぐれも変な空気から変な影響を受けない様
心にしっかりとガスマスクを装着して、お気を付けくださいませ♪

なーんて、もう過去の話だし、あの異常な世界からは遠ざかった今だから
こんな軽い調子で語れるし、振り返られるって感じだわ。
あーーー、関わりが終了して本当せいせいしたっ
あれって体験した人にしかわからない、マジでオカシ過ぎる、
すんごい世界なのよね・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: よっしゃ!

和泉様
や~ん、楽しみ~☆これで私の部屋もオサレ度がぐ~んとアップするはず。宛先は、スウェーデンDQN田舎町一丁目、日本人(女)で届くからよろしくねっ。

アメリカの英語クラスは我が街とは顔ぶれが全然違うわねぇ。西海岸はアジア系とメヒコ人が多いイメージだわ。先生が熱心なのはいいな~、ってそれが普通か!我が街が異常。

中東系が高級モールに出没・・・。つい、ドラッグや武器密輸の儲け?と思ってしまった私はすっかり欧州かぶれかしら(笑)
アフリカ難民も、近場にたかれる国があるからアメリカまで行かないのかもね。

そっか、アメリカは社会主義じゃないものね~。私は弱者だから優遇して~!無職の人も勤勉な人も同レベルの生活を送る権利がある!それが平等~!みたいな寝言が通用しない現実的な所は素敵。

通学して生活費を得ていた人たちは、単身の人で大体月に10万は貰っていたわ。そのお金で生活だけでなく、カジノに行ったり、中にはギリシャへ家族旅行に行くとか言っている人もクラスにいたわ~。無職なのに・・・

よっしゃ!

北欧デザインおまる送付の件、合点!
ただし、私が日本に行って買う日までまっててね♡

アメリカの無料英語クラスね、私が顔を出していた15年前には中東・アフリカ難民は皆無でした。ヒスパニック、中国人、ベトナム人で埋め尽くされてました。
先生は中国系で、すごく熱心でした。
私に「クラスを辞めないで」と何回も言ってたけど、授業内容が日本人には簡単過ぎるんで去らせていただきました。

中東系は現在高級モールでよく見ますね。
クリスマスの時期なんて、かなりの数が買い物を楽しんでますね。ジ〜ズ。

アフリカ難民っての、うちの近所でまったく見かけません。
一度だけ、コンゴからの留学生(?)だかとおしゃべりしたことありますけど、彼女はしごくまともでした。

アメリカに来ても、難民って手厚い保護を受けられないどころか自助努力を求められるんで、あんまりたかれないのよ〜。なので、優しい優しいご親切なスウェーデンとかドイツに群がってんだわ。
っていうか、通学してお金がもらえるなんて、きゃー素敵♡ しかも一軒家とか手に入るし、難民ウハウハ。
すべて真面目な人達の納めた税金からなのね…はぁ〜。

Re: 油断大敵

和泉様
ぎゃーっ、まだ関わりは終了していないだなんて、脅かさないで~~~!!!想像したら怖くて夜トイレ行けないから、至急オサレな北欧デザインおまるをウチまで送ってください♪

そういえば移民局によると、今も毎週500人程度が順調に流入中との事。いったいどんな将来を目指しているのかしらね、この国は。

言われてみると確かにあの無法地帯っぷりは幼稚園より酷い・・・
ナイジェリアもすごい世界よね。ああいう人々が先進国に流入しているかと思うと危機を感じます。

うん、スウェーデンの方がマシね。ってココ一応先進国なのに(涙)消しゴムといいガムといい、民度が違い過ぎる人との関わりには相当危機意識を高めて挑まないとダメよね?無防備だと下へ下へと引っ張られるわ。

アメリカの無料英語クラスには中東・アフリカ系難民っていないのかしら?こちらの難民は通学するのと引き換えに生活費をもらうシステムのせいか、勉強よりもお金貰うのが目的で学校来ていると思える人が割といるのよ。特に我が街の場合は、先生の方も給料さえ貰えれば生徒の理解度がどうだろうが気にならないようなプロ意識の低いタイプだったし、どっちもどっちで見ていて税金の無駄っぷりが虚しかったわ~。

油断大敵

いやいやいや、Braさん。
関わりは終了してませんよ…きゃつらが社会でうごめいて、さらにどんどん流入している限り、その学校の姿がすぐ未来のスウェーデンですよ…。

って、幼稚園よりひどい世界ですやん。
野生の王国もどき…と思いきや、ナイジェリアの話には心底驚愕しました。
あれこそ弱肉強食の世界で、食うか食われるか。
完全に腐り果てた世界。かなり北斗の拳。

スウェーデン、まだマシやん、良かったね〜♡ v(^-^)/って言うて良いんでしょうか。

あ、消しゴムの件、非情に残念で悔しいですね。わかります〜。
盗んだ奴、きっと「魔法の道具」として地元で見世物にして稼いでいるかもしれません。
百歩譲って、素敵な消しゴムを盗む気持ちはわからんでもありませんが、一番許せないのはガムを机の裏に貼り付けたクルド婆だわ。

ちなみに私もアメリカのアダルトスクールで、ヒスパニックとチャイにあふれる無料の英語クラスにちょびっと行ってみましたが、スウェーデンとはまったく違って、みんな一応やる気ありました。
ヨーロッパの方がヤバいですね。土人っぷりが半端じゃないですね。
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR