最近気になる事などダラダラと

最近我が街で、中東系の20代と見られる若い男や幼児連れの若い家族が
いずれも新しいベンツ、BMW、アウディ、ボルボを保有しているのを
見かけたのだけれど、不思議でならないわ・・・
駐車場で中東、アフリカ系の人々を見かけるけれど、今までは彼らの車は
一様に中古車で、おそらく10年以上、20年でもおかしくないようなボロ車
というのが普通でした。
政府からの特別優遇政策で、車購入の援助金や金利ゼロ100年ローンでも
最近やり始めたのかと不思議に思ってしまうのだけれども。

スーパーの近くに一軒家が建ち並ぶ地域があります。
そこはこの国人ばかりが住む静かで安全な地域なのですが、
そんな単一文化度の高い地域のど真ん中の、とある庭付一軒家に
ムスリムが入居していました。

その他にも、この国人コミュニティとも呼べる、この国人ばかりが住む、
良い地域とされる地域にポツンポツンと、去年から幼い子供連れの
若いムスリム家族が少しずつ移り住んできています。
今までには無かった現象です。

どうやったら彼らが数千万円する一軒家に住めるのか・・・
調べてみると、ある一軒家に住む人はとある会社で雇用されており、
その会社は我が街の難民施設経営で莫大な収入を得たと
言われている人の所有する会社のひとつで、その人とその人の家族と
見られる一名を除き、他の社員は10名ほどで全員が中東かアフリカ系と
みられる名前の者。
いくつかある会社の名前は同化政策だの難民なんとかだの
世界なんとかだのと、どれも難民ビジネスを匂わせる社名。
難民まみれの学校で彼らの振る舞いを見ていた自分としては、
彼らが本当に仕事をしているのかと疑問が湧くのだけれど。
まさか、難民が高給で雇用されているっていう書類上の実績を
作るためだけのペーパーカンパニーな訳はないよね?

共働きのこの国人夫婦だってなかなか買えない一軒家を、
どうして30そこそこの若い彼らが購入して住めるのか、
なにかがおかしいと感じるのだけれど。
かれらに先進国のローンの仕組みとかちゃんと理解できるのかも疑問。
政府が公的資金をつぎ込んだり、銀行とのやり取りを肩代わりしたりと、
難民たちが簡単に一軒家に住めるようお膳立てをしているのでは
ないかとどうしても邪推してしまう。

政府が、あら?この辺りは多文化度が足りないわ?と目星をつけた地域で
家が売り出されたら、そこを確保しサクッとムスリム投入して、
さぁ多文化共生促進よ~♪メデタシメデタシ♪といった感じで
強引に混ぜ込もうをしているのかも?と私には思えて怯えてしまうわ。
ムスリムを特定の地域にまとめると、リンケビーみたいな危険地帯が
出来てしまうから、危険分子を安全なこの国人エリアに混ぜ込んで、
この国の文化に自然に同化させよう、そうやって危険度を薄めようっていう
魂胆、社会主義、共産主義の赤い危険思想に染まったこの国の人々
(特に政治家や役所の人)がいかにも思いつきそうなアイディアよね?
それとも、以前一軒家を与えろって訴えていたシリア人がいたように、
家を与えないと騒いだり力ずくで奪う可能性があって面倒だし危険だから、
猛獣にエサを与えて黙らせるように、一軒家(+新車)を与えて
テロや犯罪発生の危険性を減らそうという気とか?

ところで週末のニュースでこんな事もあったわ。
駐車中の車内に生きたヤギが放置されているのを、
発見した人が警察に通報。
警察の調べによると、救出されたヤギは、ハラル肉を用意する目的で
盗まれたヤギだったとのこと。
ちょ、、ここは発展途上国なのっっ?!驚くわっ、もー!


本気でこの国はまずいと思う。どんどんおかしさが増してきていて
恐ろしくなります。
ドイツも相当とちくるっているなと思うけれど、そのおかしさが表に
でてきているからまだマシで、本当にヤバいのは、情報を出さず、
陰でコソコソと事を進めるようなこの国の方なんだと思う。

あとは・・この国ネタじゃないけど、ウチに奇妙な地図を送りつけてきて
寄付金をねだったあの国境なき医師団が、リビアからの不法移民を船で
イタリアへせっせせっせと大量に運ぶ手助けをしているという話もあって・・・
あの団体にはかなり幻滅したわ。私が思っていたのと全然違う団体みたい。
絶対に寄付はしないという決意はますます強固になったわ。
まあこの団体だけでなく、色んなNGOのオペレートしている船が
40隻以上も、おまけにヘリまでがあの辺りには待機していて、
毎日せっせと不法移民をEUへ押し付けているのよ?
ねぇ、毎日よ???どうする気なのよ、一体・・・・・

欧州は完全に狂っている。すごい勢いで破壊に向かっているわ。
(G7での難民歓迎しません的な態度のトランプがいたって正常な人に思えたしw)
EUでまともなのはポーランドとハンガリーぐらいなものじゃないかしら?
EUからの嫌がらせに負けずに頑張って欲しいな。共感する人は増えるはず。

もう本当におかしすぎて愕然としてしまうから・・・
来年、再来年どうなっているのかと恐怖です。
今より悪化しているのは確かだからね。コワイわ・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

名無しの権兵衛様
不法移民に紛れるムスリムテロリスト、スラム形成・・・。ドイツやスウェーデンの問題はイスラエルのそれと同じパターンですね。不法移民の阻止ってすごく大事!
そしてイスラエル生活が強烈なんですけど!あんな環境下じゃ、心身共にゴルゴ化しないと生き延びれなさそう。
大量移民流入→テロ発生→社会混乱→国民は疲労する→共産主義の暴力革命、ですか・・・。今は社会混乱の段階かしら?もうすぐ疲労も出始める頃かな。まさか欧州がそっち方向に行くとは誰も思いたくないでしょうね。でも、そのまさかがそのうち現実に・・・

ブルガリアは最前線だからか?危機感が高まっていますね。
ハイテクフェンス導入を検討しないといけないぐらいに、かなりやばい段階なんですね。
そういう危機感が、ここ、北の僻地国では全く足りません。思考停止の去勢された羊を見ている気分になります。

No title

これは、イスラエル人と結婚して、同国在住の日本女性のブログで、5年前に書かれたものです。

2012マフィアと移民とテロ事情
https://keikosato.wordpress.com/2012/09/22/2012%e3%83%9e%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%81%a8%e7%a7%bb%e6%b0%91%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%ad%e4%ba%8b%e6%83%85/

イスラエルでも不法移民が問題で、不法移民の中にテロリストが紛れ込んでいて軍隊と交戦したり、首都にスラムを形成して治安悪化を引き起こしているとのこと。
政府は、不法移民が入り込まないように、国境にハイテクの固まりの壁を築き、別の記事によると、この壁は完成して、不法移民の締め出しに成功しているそうです。
不法移民や難民の中に犯罪者やテロリストが、一人もいないと考える方が非現実的だと思うのですが、ドイツやスウェーデンのやっている事を見ると、意図的だとしか思えないのですね。移民難民の流入によって社会が混乱し、国民が犯罪やテロに疲弊すれば、共産主義者が暴力革命を起こすうえで理想的な土壌が作られますから。


ブルガリア・トルコ国境のフェンス、まもなく完成 警備も強化へ
http://www.afpbb.com/articles/-/3121956?act=all
移民が入り込まないように、フェンスを作り、軍と警察を強化したとのことです。確かニューズウィーク誌だったと思いますが、ブルガリアやハンガリーは、イスラエル製のハイテクフェンスの導入を検討しているらしいのです。ブルガリアは、EUの最貧国ですから、重い負担ですが、犯罪者やテロリストを入れないようにするには、国境を遮断するしかありません。

ご指摘通り、旧共産圏の国々の方が、共産主義の苦汁をなめさせられた苦しさが骨身に染みているので、多文化主義の裏側にある共産主義の匂いを感じ取っているのではないでしょうか?

Re: No title

和泉様
この国のやっている事にはジワジワくる得体のしれない怖さがあるのよね。テロだとか怖い目つきで凝視してくる中東男も怖いんだけど、また別の怖さなの。この国の共産主義系の人が難民組と組んでいるのでは?と思える情報も発見しちゃったし、やっぱり組織的にムスリム投入作業をしている気がしてしまうわ。
この国が自国文化を破壊するような方向へ進むのは、60年代以降に度を過ぎた左翼的思想が人々の間に浸透し過ぎた結果、弱者とみなされる立場にある他民族の難民やムスリムを優遇する事が良しとされ、そうしないと痛い目に遭う社会になってしまったせいかな~と思っています。私はこの国を「赤の聖地」と勝手に名付けているの。

欧州は旅行でちょっと滞在する分には見所も多くて楽しい所だと思うわ!今は明るく天気の良い時期だし、歴史的な場所を訪れて感動したり、美味しい物を食べるのもいいし(←これ北欧地域は除く)。

ハンガリーやポーランドが難民歓迎しないのは、東欧は長年共産主義の支配下で苦しんで、約30年前にようやく自由を手にしたばかりじゃない?まだ共産主義の恐ろしさ悲惨さが生々しく記憶に残っているから、その手の思想への抵抗や国防意識と危機感が強くて現実的なせいなのかも。
平等~、人権~、弱者に優しい~と謳いつつ、支配的で自由の無い残酷社会を形成するのが共産主義の目指す所だという事を国民がよく理解しているのでしょう。

ヤギ盗むなっ!多文化ってこういう事なのよね。彼らの文化を尊重して石打ちの刑にしたらどうかと思うわよね。
この国では裕福国の人間は搾取される側になりがちだから来ない方が身のためよ(笑)

No title

ものすご〜く背筋が怖くなる現地情報ですね。
怪しい人たちをまともな平和な住宅地に埋め込んでく作業が、組織的に行われているような。地雷埋没作業みたい。
どう考えても、スウェーデンという国は、自国文化や先祖代々の人々の生活を喜々として破壊しているようにしかみえない。マゾ?

ヨーロッパも頭おかしくなっちゃって、ほんと、旅行するの嫌になってきたわ…。
彼ら、いつ目が覚めるんだろ。ハンガリーとポーランドだけ冷静なのはなぜなんだろ。
難民受け入れ拒否のポーランドではテロが発生してないんですよね。こんなわかりやすいことが、左に染まったエリートヨーロピアンには理解できないのか。

ハラル肉を準備するために、人んちからヤギをかっぱらってくるなんて…彼らの地元なら石打の刑とかになるかな?
ヤギも保護されて良かった。でなきゃ生きたまま喉をかっ切られて裂かれるし(死んだ動物はダメとか言うムスリムもいて、ほんまにわがまま)。

てかさ…やっぱ私、今からスウェーデンに行こうかしらん。
書類無いって言ってヘジャブさえかぶっておけば、素敵な一軒家に住めるかも?
あんた目が細いわ!って却下されちゃう?
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR