赤ケバブ、青ケバブ問題のニュースに思った事いろいろ

こちらのニュースです。
赤ケバブはクルド系トルコ人の店、青ケバブはトルコ系トルコ人の店、
らしいです。
近くで営業するこの二店は普段から客の争奪戦を繰り広げ対立して
いるようですが、民族対立の意味合いも強いのでしょうね。

ニュースで彼らの客引きのやり方を知り、
彼らは日本人客をかなりなめている、と思いました。
馴れ馴れしく話しかければ安易に丸め込める、
強引に誘えば、すぐに折れて店に来る、
失礼な事をしても怒らない、刃向わない、危なくない、
赤子の手をひねるように簡単に扱えると思われているのでは
ないでしょうか。

冷たくしたら失礼かも?無視したらかわいそうだよね?
なんていう甘い考えを、私たちは持ってはいけません。
彼らは他人を利用する気で挑んできているのだから。

私も日本へ帰国時にケバブ屋の客引きに勧誘された事があります。
ものすごい勢いと迫力で挑んできますよね。とにかくしつこい。
しかし、この国(他欧州国も)の中東系店員はあんなに馴れ馴れしくずうずうしく話しかけてくる事は決してありません。
何故なら彼らが、そういう態度はマズイ、とちゃんと理解しているからです。
日本でも彼らにそのような認識を与えるため、態度でもって教えるべき
だと思います。
そうしないと、特に若い女性が被害に遭います。(触りたいだろうしね)
「ケバブ食べてって!美味しいよ~」とか言ってくると思いますが、
ちらっと冷たく一瞥して無視するのが一番楽で良いと思います。
「え~、なになに~?ケバブ~?」とか「日本語うま~い!」などと
キャピキャピして笑顔での対応は最悪です。
彼らは他人が自分よりちょっとでも弱いと判断したら、
オラオラ全開で無礼な態度も平気だし、自分はエライ~!をアピール
しまくる人々です。だから決して下手に出てはいけないのです。
自分の方が上の存在、と認識させれば彼らは下手に従順になります。
むしろご機嫌取りをしたり媚を売ってきます。
人間関係を上下関係でしか見れないのでしょう。
元々、非ムスリムは人モドキであるという認識なのも関係あるでしょう。
だから、自分が上で彼らが下だと認識させる事は非常に大事です。
多くの人に抵抗がある感覚だと思いますが、彼らがそういう感覚を持った
人々なので、適切に対応しないと、彼らが自分の方がエライと
勘違いをして、あのような厚かましい態度を取るようになるのです。
自己防衛のために、自分の方が上だ、と彼らに態度でアピールを
する事は大事なのです。
彼らは、大卒、聞こえの良い職業、お金持ち、権力、にめっぽう弱いです。
それらを切り札にして、自分が上だと思わせるのも良いでしょう。
日本人は、彼らを欧州国のケバブ屋のようにおとなしい態度にさせるため、
早めに彼らをしつける必要があります。
日本人に対して馴れ馴れしい態度は厳禁!と認識させる事は重要です。

今後彼らが子供をバンバン生み、日本の学校に通うようになります。
親が日本人をなめていると、子供もそれに倣います。
そして学校で日本人は自分より下だから苛めても良い、嘘ついても良い、
となると思います。
ケバブ屋の態度はほんの始まりにすぎません。
早めの対策が必要です。
また、クルド系と非クルド系中東人との確執も理解する事が必要です。
まずは動画で彼らの暴動場面を見ると、対立の激しさのイメージが湧きやすいでしょう。
押しが強く、選民意識が強く、排他的で、自分が一番なずうずうしい彼らと
同じ社会で生きるためには、彼らの生態を知る事が重要なのです。
優しさを見せると付け込まれるので、くれぐれも注意してね~☆

今回のケバブ屋ニュースで危機感がぐ~んと高まりました
日本人はもっともっと、中東人の気質や生態を知り、彼らにやりたい放題
させないために真剣に対策をしなくてはいけないのですが、その際には、
仲良く共生♪よりも、上手くコントロール、を重視するべきでしょう。
難しい事だと思いますが・・・
スウェーデンはもうコントロール出来ない深刻な状態です。
それはこの国が社会・共産主義的価値観で事を進めたせい、
レイシスト!と攻撃されることを人々が恐れ自由に意見を出せなくなる
自主的言論弾圧のはびこる社会を左翼が作ったせいなのです。
平等、同化、共生、の夢の計画は失敗しました。
反面教師として良い参考、教訓になるかと思います。

インテリ学者さんの小難しい中東やイスラム研究の話は、趣味の世界もしくは国策やビジネス上で役立つかもしれませんが、そういう事に直接関わりの無い人々の普段の生活においては役に立っているのかと疑問です。
せっかくの研究の成果、豊富な知識が人々の日常生活にあまり役に立っていない様で残念に思います。
まぁもともとインテリさんは、そんな事に自分の知識を役立てる気が無いのかもしれませんが、もったいない事だと思ってしまいます。(しがらみとかあって無理なのかな~?)

中東人やムスリム人口が増加する日本では、彼らの様な全く違った気質や
価値観を持つ人々との付き合いで気を付けるべき事を知っておく必要があるのです。
そうでないとモスクやムスリムからの一方的な、イスラム教は平和の宗教でーす、愛を大事にする民族でーす、みたいな綺麗事ばかりが広まり、人々が誤解する危険性があります。

素人にも分かる、もっと身近で一般的な日常生活に影響する、中東やムスリムに関する情報が日本社会では欠けています。
だから、この国や欧州国在住の人々が、自分の知る中東移民の実態や感想、
気を付けるべきと思える事を、小さな事でもどんどんと伝える事が大事ではないかと思うのです。

中東移民で国と社会が荒れるのは欧州だけでもう十分・・・
取り返しがつかないんだから。
子供ガンガン生むし。乗っ取られるわよ?!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 黒vs韓の件

和泉様
黒vs韓の情報ありがとう♪
ウィキも見たけれど、ほんと黒人差別が半端なくて驚愕かつドンヨリな気持ちになったわ。こんなに扱いが酷いとは・・・

韓の商売のやり方も態度も相当感じ悪いし黒人から反感買って当然だわね。黒人もそんな店なんか行かなきゃいいのに。
一旦そうしてこじれると、その状態がずーっと長引くんでしょうね。
相手は異民族だし、民族対立みたいになってしまう。根が深いわ~。
やっぱり様々な民族グループが同じ地域に存在すると、どうしても相容れない部分が多くて軋轢や対立が避けられないのね・・・

ラッパー(?)が夜のガススタにて営業活動w
どんなラップかわからないから、私の目の前でちょっと生でラップして?とか言ってミニライブをやってもらい、CD買うかチップあげてみたいかも?ってそんな事したら危ないかしら(笑)

えっ?叱って欲しい??やん、叱ってあげたら喜びそうだから、おあずけにするわ~っ(←意味不明w)

黒vs韓の件

LAでは、黒人が開いてる地元民向けお店の近くに、韓国人が似たお店を開くんです。
値段を少し安く設定してお客を奪うだけじゃなく、黒人は韓国人のお店に行ってもその逆が全くないとか、そういうやり方が黒人達の反感を買ったとか。
で、ロス暴動(大昔〜)の時に、どさくさにまぎれて相当数の韓国人経営のお店が襲われたそうです…。

いずれも数十年前のことなので、私が当時実際に見聞きしたわけじゃないんで、正確な情報だと胸を張って伝えられないです。
でもまあ、なんかそんな感じってことで、黒人は地道に韓国人を嫌っているとか。

そういや私、夜のLAのガススタで、黒人から「俺のラップ音楽のCDいらない?」って売りつけられそうになったことあって。「いらな〜い。音楽きかな〜い」とNOを貫き通したら、「あんた、韓国人か?」って言われたっけ。

★以下追記です★
うろ覚えなことを書いてしまいました。ごめんなさい!
ウィキであれからLA暴動の件を調べたら、黒vs韓の対立って韓国人による黒人差別が一因と書かれてました。(https://ja.wikipedia.org/wiki/ロサンゼルス暴動)
先に調べてから書け!と叱ってやって〜。

Re: 普通の日本人は知らない

和泉様
きゃ♪外人さんっ!わ~、まつ毛なが~い♪みたくキャピキャピ反応する女子が容易に想像つくわよね?ナメられるからその手の反応はやめろっっ!!って思うんだけどね。

アメリカの中東系はおとなしくしているんですね。そちらのみなさんは躾上手だこと♪外国人だからと贔屓しない事がコツなのかしらね~。黒vs茶はギャング抗争かしら?黒vs韓の対立は意外だわ。接点なさそうなのに。

クルドvs中東人って、外国へ行っても対立やめないのね。暴動するならどちらも母国へお帰りいただきたいです・・・

ドロドロ情報を知りたくない人はいるでしょうね~。笑えるネタじゃないし、どう対処していいか分からないし、困惑するのかもねぇ。そういうタイプの人には、いつか興味持ってくれますよーに♪って心で思うだけでそっとしておいてあげるのがいいのかも。知りたくない事を教えられても反応に困るだろうしね・・・

やんっ、楽しんでくれて良かったわ、ありがとう~。面白がられる事が生きがいですっ!(ホントかっ?!)

Re: 宗教のホンネとタテマエ

かんぱち様
厳しい戒律があって、強引に従わせて、というやり方でないと管理しきれない人々の国ってありますね~。そういう国のモラルが低すぎる人たちが自由な先進国に来たら、社会が厳しく躾けてあげなければ問題が多発するんです。同時に、受け入れた国の人は油断禁物で警戒心を高めないといけないのですが。まずは相手の言う事を疑う事から始めましょ♪そうしないとナメられるし危険ですから。

お酒や豚肉OKな人・・・中には割といますよね。私が知っているのはイラン人ですが。自分の事をモダンムスリムと名乗る人々もいて、お酒飲んだり、自分はあまり信心深くないと言う人もいれば、腕や肩を出すファッションをするけれど、自分は真面目なムスリムだと言う女性もいたっけ・・・何をするしないは自分で決めてよいのだと言う人もいました。自分には甘いって事なのかしらね?

イスラム教は平和な宗教~というのは、人権~平和~と叫びつつ暴力的な活動をする人たちと同じように、美しいタテマエなのでしょうね。

普通の日本人は知らない

普通の穏やかで親切でいけすの鯉な日本人だったら
「やすいヨ〜ウマイよ〜」「オネーサン、どぞ〜」
って下手くそ日本語で客引きされたら、おっしゃる通り「いや〜ん、日本語ウマいじゃ〜ん♪」てきゃぴきゃぴしそう。
濃い顔だから、見慣れ無いと格好良く見えちゃったりするしね。

彼らをしつける、って下り、またくすっと笑わせていただきました。
読みながら納得しまくりです。

アメリカの中東系はまずまず躾けられてるのが大半と思われます。
ポリスも容赦無しだし。
学校ではマイノリティがたくさんいるんで(それもなんかパラドックスで妙)、自分たちだけが「可哀想」「ひいきしてくれ」アピールはできないし。
現在は黒vs茶(=黒人vsメキ)の争いが起きてますが、いつかそこに中東系も加わって三つ巴になるかもなぁ…。
ちなみに黒vs韓も仲が悪くて揉めてます。

で、ケバブの赤vs青の揉め事…同じ国出身同士の揉め事を日本に持ち込むなって。
以前にも似たような暴動がありましたんで、こういう乱暴な奴らは見せしめも兼ねてしっかり国外追放にして躾けないと、そろそろヤバいですね、ほんと。

Braさんのようなリアル海外現地情報がもっと広まるべきですが…そういうドロドロを知りたくない人達もたくさんいるんやないかと思われます。パヨクって言葉すら知らない・知りたくない友人を見ると、がっかり(疲)

それにしても、Braさんの文章面白いです♡
毎回楽しみにしてます♡♡♡

宗教のホンネとタテマエ

戒律が厳しい宗教ついて「なぜ戒律が厳しいのだろう」と考えると、「誰も守らないから」という結論に行き着くんですよね。
歴史的に見ても、人々のモラルが上がれば、社会のルールは逆に緩くなるんですよ。現代の先進国で、基本的になんでも自由なのは、それでも社会の秩序が保たれているからです。

そもそも発展途上国の人たちには、先進国ではあたりまえの「ルールを守る」「約束を守る」「時間を守る」「嘘をつかない」という概念がないんですよね。
「自分の知っているイスラム教徒は全然原理主義的ではなくて、酒も飲むし豚肉も食べるよ。」というムスリム擁護をネットで見かけるけど、それって、その人は「世俗的だ」と見ることもできるけど、「遵法意識が低い」と見ることもできるんですよね。

だから「イスラム教は平和を愛する宗教です。」なんていうタテマエを安易に信じちゃいけないんですね。厳しい戒律が「守られない」ことを前提に出来ているように、美しいタテマエは、彼らには「達成するのが難しい」目標なわけですから。
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR