この国の語学教科書の中身

この国の言語を勉強中にうんざり気分になった原因の一部が、
偏った内容が所々に挟み込まれた教科書と、語学学習を通じて
社会主義思想を押し付けてくるような授業内容。
テスト問題も、エッセイやスピーチのテーマとして与えられるものも、
生徒を左翼思想へと誘導させる効果が見込まれるものが多数

まずは軽めに、
私が以前成人学校のスウェーデン語コースで使用した教科書の一部を
写真で紹介します

svenskabok.jpg


このページは、あなたはどうやってこの国の言語を学びましたか?
という質問について四名の移民が意見を述べている物。
名前と顔写真を確認して見ると・・・
四名中の全てがパッと見で難民だと想像される人物です。
右下の男性はSamという名前で黒人です。エリトリア人?ケニア人?
左下の男性のIlirはアルバニア人名。90年代に多くのアルバニア人が
難民となり欧州複数国へ移住しましたが、今でもチョコチョコとこの国にて
地味にアルバニア難民が誕生しています。
ムスリム女性二名が上、男性二名が下、という事にも意図があるのかと思ったわ。
出身国名が書かれていない所も不自然に感じました。

どう見ても偏っている・・・
これがこの国の価値観で、この国の教育のやり方という事なのか。
それとも他の国でもこんな感じなのかなぁ・・・

少数派の権利が~、はどこへ行ったのかしら?
平等精神?これが・・・?うんざりっ
私にはこの国の移民界における多数派である難民やムスリムを過剰に優遇
しているように見えてしまうのだけれど。
ムスリムでも難民でもない移民は透明人間なのかしら?
インド人やタイ人が載せられていないのは不思議だわ?
アメリカ人やドイツ人等の裕福先進国白人クリスチャンはダメなの?
イスラエル人は?やっぱりムスリムが不快になるからタブーかな・・?
もういっそのこと、教科書も学校も、難民用とそれ以外の移民用とに
別々に分けた方がいいんじゃないかと思ってしまうわ。

自身の勉強法についてSamは以下のように述べています。
「私はSFIではほぼ何も学ばなかったけれど、よく図書館に行き、
母国語で読んだ事がある本のスウェーデン語版の本を借りていました。
最初は1ページを読むのに数時間かかり、いつも目の前に辞書を用意して
いたけれど、だんだんと読むのが容易になりました。
児童向けの本もたくさん借りて、息子と共に読みました。
最初の数年間、息子は私の一番の(語学の)先生でした。」

当時、Samの幼い息子はこちらの幼稚園へ通い、ぐんぐんと言葉を覚え、
語学学校に行くのと引き換えに生活費を貰っていたであろうパパに
言葉や発音や言い回しを教えてあげていたのでしょう。
私のクラスメイトにもそういう人が何人もいました。

SFIとは、移民のためのスウェーデン語学校の意味。授業料と教材が無料で、
難民が生活費受給と引き換えに通う学校、この国人の配偶者や
事実婚相手や労働移民の家族なども一部いる。

・・・書いていたら色々思い出して、なんだか気分がムカムカするので
この辺でやめるわっ
精神衛生上よろしくないわ、うん。
この国の学校での、社会・共産主義思想へと生徒を誘導&洗脳すると思える
教育の気味の悪さについては、どんどん伝えたい気持ちはあるけれど、
気持ちが悪くて手が付けづらい(○日新聞並みに気持ち悪い~)
他の教科書に載っていた、この国青年とグァテマラ人タクシー運転手の車中での会話内容に関しては、なんて自惚れ思い上がった酷い書き方をするのかと唖然として怒りでワナワナした事もあったっけ。
時間をおいてまた色々書きたいとは思っているのだけれど・・・
さっ、気分転換しようーーー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR