ガングロおばさんの季節

今年もやって来ましたね
不自然かつ、痛々しいまでに、必死で日焼けしたであろう
ガングロおばさんの季節が

実はオバサンだけでなく、オジサンも、若い人も必死で日焼けしますが、
なぜかオバサンが一番気合が入っているんです。
中でも一番気合が入っているのは、「ガングロ+白髪に近い金髪(又は墨汁色の黒髪)」
というように生まれ持った元の色を跡形なく変更してしまう方々。

紫外線は日焼け促進だけでなく、お肌の老化も促進しますから、
当然顔のシワは深く多く、腕の肌もよれよれで、シミだらけ。こわいです
彼らには、紫外線浴び過ぎの害についての知識は無いのでしょうか???

以前、どう見てもパプアニューギニア人みたいに色黒で、クシャッとした顔のオバサンがいて、
一体どこの国から来た人なんだろう?と不思議に思い遠目に見ていたら、
彼女の息子らしき10代後半位の男性(透けるような色白肌)が彼女のそばへやって来て
二人でスウェーデン語で会話をし始めたので、
あー!スウェーデン人のガングロおばさんだったのか!と気づいたなんて事も。
本当あの時はかなり驚いちゃったわ~

西側ヨーロッパ国から来た人が、そんなスウェーデン人達を見て、
「なんでスウェーデンは寒い所なのにあんなに日焼けしている人が多いの?
うちの国ではあんなにダークに日焼けしている人は滅多にいないよ?」
と不思議がってたり・・・・・

で、見てて思うのは、
ホント、日焼け肌が似合わない人たちだよな~~~
ってコト。
何であんなに必死に頑張って日焼けしたいのかしら。
なんか無理やり感に溢れ、どうしても痛々しさが漂ってしまっているの
不自然過ぎてどうもしっくりこないのよね?残念な感じ。
日本人に金髪やブルーのカラコンがしっくりこないのと同じかしら?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR