FC2ブログ

単なる恋愛のもつれじゃないでしょ

2016年4月にドイツにやって来た15才のアフガン少年が、お世話になっているホストファミリーの娘である15才のドイツ少女をナイフ殺害した事件について報道されてます。(例えばコチラ

15才とされているアフガン人ですが、写真を見る限りではとても十代には
見えません。私には彼は20代後半か30代男性に見えるけれども
どう考えても年齢詐称しているとしか思えないわ・・・
こんな15才がいるわけないしー(写真はコチラ

このアフガン人は、少女の家に保護目的で引き取られ同居していたとの事。
なんて無知で愚かな家族なの???!!!と悲しくなりました
きっと親は少女に、彼はかわいそうな人なのよ?肌の色や宗教が違っても、
人間は皆同じなの。だから偏見を持ったり差別してはダメよ?
同じ15才だからすぐに仲良くなれるでしょ。彼に優しくしてあげてね。
などと教えていて、宗教や育った環境の違いによる価値観の違い、特に
女性の地位や扱いについての情報を伝えていなかったのでしょう。
そして世間知らずな少女は親の言う事を鵜呑みにしていたのでしょう。
十代は異性に興味が出始める年頃だし、少女は彼と軽い気持ちで付き合って
みたものの、合わないと感じ別れたであろうという、よくある展開かと。
でも相手が全く違う環境の出自や人生観だったりすると、思いもよらない
悲劇へと発展してしまうという事もあるのよね・・・

今までにも難民施設で働いていた若い女性が何人も犠牲になっているし、
アフガン男性と交際していたフィンランドの少女が別れを切り出した後に、
椅子にくくられ生きたたままガソリンをかけられ焼かれて亡くなる事件も
あったわけだし(過去記事:たまにはフィンランドのニュースでも
若い娘がいる親は、娘が危険な目に遭わないよう、彼らの価値観や行動の
違いについて教え、気を付けるべきだと教える事が大事なのかと思います。
いくら差別が良くないからといって、単純に「人間は皆同じ」などと教える事は余りにも雑すぎて、無知ゆえの無防備な行動に繋がり、このような悲劇を招く危険性が高くなってしまうので良くないのではないかしら・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 殺人犯

和泉様
ぎゃー、お返事遅くなったわー!ごめんなさいね~!(汗)
まぁドイツの事だから、どうみてもアイツはオッサンだろ!という周囲の声はサラッと無視して、未成年による殺人って事で処理しそうよね!んで、容疑者は当時ストレスにより精神的に不安定だったとかいって大目に見られそうな予感。
価値観の多様性について皆が十分に認識する前にドバーッと他民族を入れるとこうなるぞって事が、多くのドイツ人には分からなかったのかしら。こうなってはいけない多様性社会として、良い見本ですわね。

彼らは、女は男に従って当然という意識が強いからねー。そんな男たちが大量に流入した国では、ホント小学生からそういう事を学んだ方が良いわよね。
それと若い女性は安易な同情心とか正義感とか罪悪感でもって下手に彼らに関わったりしない方が身の為。

今の状況がヤバいと気づいている人も少なくないとは思うけれど、そういう人たちが、改善しよう!何とかしよう!と堂々と言えない社会なのが恐ろしいわ。

殺人犯

この自称中学生のおっさん、事情はともあれ結果だけ見たら殺人犯やんね。
それでも少年法みたいなんに守られるのかな。
少年ってことで、保護観察みたいな程度で済むのかな。

スウェーデンで一番かけっこの早い12歳だかなんだかのおっさんの写真も見たことあるから、こういう気持ち悪い男がうじゃうじゃ幼い少年少女の中に混じってるのね…。
さすが多様性社会の見本だわ〜(鼻ホジ)。

あっち系の男って、男尊女卑が普通だから、女性や少女を酷い目に遭わせてもそれが悪いとは思ってない。むしろ男に逆らう女は殺されて当然、みたいな感覚。
そのことを先進国の少年少女にはきっちり小学校から教える時代になりましたね。

リンク先写真へのコメントも読んだら、みんながみんな「これ、おっさんやん」言うてたし、スウェーデン終了というのも認識してました。
みんな、ちゃんとわかってるんだな〜ってのが、少し希望の光、かしらん。
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR