FC2ブログ

マルメの安全地帯?!


ローセンゴードから10kmの所に、スウェーデン初の「ゲート社会」
(アフトンブラデット、1/15)
購読料を支払わないと読めない記事なので内容がわからないのですが・・・
マルメのカオス地域ローセンゴードから10kmの所に、周囲が壁で囲まれた、高層アパートがいくつも並び、プール、テニス、スパ、映画館、レストランといった施設が併設された、ヴィクトリア・パークという総合的な住居コミュニティがあるという話です。
基本的にそこの入居者以外は内部に自由に出入り出来ない、安心して暮らせる安全地帯のよう。
敷地周囲が壁で仕切られているとはいえ、ストリートビューで見た限りでは
別に威圧感のある壁ではないし、単に敷地内と外とを見分ける程度の普通の物のように私には思えました。
このタイプの住居は初めてらしいから、控えめにしてみたのかしら・・・
そのうち、もっと壁を高く!とか、もっとセキュリティを厳重に!といった要望が人々から出され、それに合わせた住居が将来作られる可能性もあるかと思います。
ちなみに入居者の名前をチェックした所、なんとかソン、なんとかソン、と
ヴァイキング系の名前ばかりでした。日本人も一名発見♪
この住居のグーグル画像検索結果はコチラ!

2009年にもこの住居の事を、豪華なホテルの様な住居、壁により外の世界をシャットアウト、というように、批判的に捉えている記事がありました。コチラ。なぜ今再びこの住居の話を持ち出したのか謎・・・よっぽど憎々しい住居なのかしらね??

やはり多民族・多文化共生を強制し、治安の悪化が進めば、人々は異変を感じとるものだし、安全性が重視されて安心して幸せに暮らせる、こういった形態の住居へのニーズが高まるのは当然でしょう
これを批判的に捉えるのはおかしいわ?彼らも危険から逃れてきたある種の難民みたいなものなんだから。

この国・・・南アフリカ化しているのかしら?!って思っちゃったわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

名無しの権兵衛様
南アフリカは黒人が権力を持つようになってから治安悪化が酷くなったそうですね。ストリートビューで白人地域の家を見ると、外壁上にエレクトリックフェンスやぐるぐるの有刺鉄線が張り巡らされるのがデフォの様子で、危険がいっぱいな環境が想像できます。

ついに白人への差別と攻撃を避けるために辺境地へ逃げて、一から自分たちの集落を作る白人も出現とは!動画では、空港も出来るとか言っていて、そのたくましさに驚きました。やはり南アは彼らに統治してもらわないとダメなんじゃないかと個人的には思ってしまうけれど・・・でももう無理なんでしょうけど。

多民族・多文化共生はやっぱり不幸社会の元なのかも?日本はそんな不幸を防ぐために逆の方向に進んだ方が良いですね!

Re: 本音

和泉様
まさに本音が垣間見られる現象ね~。私もマルメ在住金持ちだったら住みたいwだってガラの悪い連中が近所をうろつかない、安全で心健やかな生活したいもの♪

ゲーテッド・ゲットー!!怖いわそれ!治外法権となりテロ計画実行本部やら薬物・爆弾製造所が出来たり、テロセミナーが行われそう。(既にあったりして)

南カリフォルニアには壁で囲われたエリアがたくさんあるんですね~。部外者でも簡単に侵入出来てしまうのはアレだけど?
やっぱり多民族・多文化共生の結果、安心で快適に暮らせる安全地帯が人々から求められ出来てしまったという事かしら。
結局どこでも、異質な者をあれこれ投入しても混じらずに分断社会になってしまうのが自然な成り行きなのかもしれないわね。

今後のスウェーデン、門番と武装警備員がお勧めって!それアフガニスタン状態!?

No title

南アフリカでは、治安の悪さに音を上げ、人口の希薄な辺境の荒れ地に白人だけの集落を作って、引きこもる人達が出現し始めました。

https://www.youtube.com/watch?v=-pFnNMSOLcY
人畜無害なので、現政権は放任しているそうです。この白人達を、一方的に人種差別主義者と責めるのはたやすいですが、現実に白人への襲撃は相次いでいますし、国外へ逃げられる人はまだしも、逃げられない人は、辺境地域に引きこもるしか選択肢がないのでしょう。
随分前に、日本の雑誌で、この白人集落の特集記事を読んだことがあるのですが、住民の一人が「私達は、静かに暮らしたいだけなのです」と述べていましたが、静かに暮らしたいというのは決して贅沢な望みではなく、人間としての基本的な権利のはずです。

本音

お金のある人は、自分たちだけさっさと安全なところにこもるんですね。
人気出てどんどん増えそう。

移民系が固まる“ゲットー”自体も自分たちを塀で囲ってしまえば笑えるのに〜。
でもそのゲーテッド・ゲットーってば治外法権になりそ。

南カリフォルニアではこういうGated Communityはたくさんあります。
ゲートのところで訪問者をチェックする人間を置いているところは少なくて、前の車がリモコンでゲートを開けたら、それにくっついて簡単に中に入れるザルなところがほとんど。

これからのスウェーデンではぜひ門番と武装警備員付きがお勧めですね♡
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR